にいがたの暮らす・働くをめぐるマガジン「くらはたずかん」

新潟の現役大学生が、いろいろな「くらすとはたらく」のあいだに出会い、考え、発信するマガ…

にいがたの暮らす・働くをめぐるマガジン「くらはたずかん」

新潟の現役大学生が、いろいろな「くらすとはたらく」のあいだに出会い、考え、発信するマガジン。 イメージでしかなかった「未来」のリアルを知ると、自分の「今」がほんのちょっと変わるかも。

マガジン

最近の記事

【魅力がいっぱい】小千谷ってこんなところ。

小千谷といえば何が思いつきますか?皆さん答えられるでしょうか。 私は今回取材で小千谷市に訪れました。小千谷市に行くことを目的に訪れたのは初めてで、午前中の取材の後、小千谷と言えば!!の有名スポットを一日でぐるっと回ってきました。ということで今回は小千谷市に初めて来た人へ、小千谷市観光おすすめコース(半日ver.)をご紹介します!!ぜひ参考にしてみてください。 はじめに 小千谷ってどんなところ? まず簡単に小千谷市の概要についてご紹介します。小千谷市は新潟県中越地方に位置し、

    • 糸魚川ぶらり旅

      さむい。   窓の外では白い雪が降り続けている。「しんしんと」なんて美しさを思わせる感じで降っているのならまだいいものを、空から落ちてくるそれは勢いを増すばかり。それはもうぼさぼさと降っている。 「長いトンネルを抜けると雪国であった」という有名な一文があるが、この調子で振り続けていればこの物語の主人公はトンネルの中から出られない。いや、それどころか電車がそこまでたどり着かないだろう。 あぁ、夏に戻りたい。肌を焼く日差しが恋しい。 ふと、糸魚川に取材に行ったことを思い出す。あ

      • 燕の推し場所【取材でめぐったおすすめスポット】

        皆さん、シンチャオ! ベトナム出身のそろばんです。2022年9月新潟に来ました。新潟は自然に恵まれて、いいところだと思います。新潟といえば、お米、日本酒、スキー場などを思い浮かべる方が多いと思いますが、今日は新潟県燕市にあるおすすめの場所を紹介したいと思います。 燕は物作りの街だと皆さんは知っていますか。なぜ燕は物作りの街と言われているのか、理由を知っているでしょうか。ヒントは人、気候、土などの色々な要素です。詳しい回答は燕市産業資料館にありますので、ぜひ行ってみてください

        • 鮭、鮮魚、日本茶、そしてウィスキー!?食文化豊かな村上市の紹介

          どうもこんにちは! 技術と街歩きが好きな工業系大学生の「てくてく」です。 僕は取材で村上市の「酒のかどや」を訪れたのですが、その前後にいろんなところを訪れました。ちなみに、僕の祖母が村上出身で、お盆には母方のお墓参りに行くので、とても馴染みのある場所です。 今回は訪れた場所を中心に、村上市について紹介したいと思います! はじめに 村上ってどんなところ?  新潟出身の人には説明不要だと思いますが、県外出身であまり馴染みの無い人に向けて、簡単に概要を紹介したいと思います。  

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 地域おすすめスポット紹介記事
          にいがたの暮らす・働くをめぐるマガジン「くらはたずかん」
        • くらすはたらくインタビュー記事2023
          にいがたの暮らす・働くをめぐるマガジン「くらはたずかん」
        • プレ取材レポート*2023
          にいがたの暮らす・働くをめぐるマガジン「くらはたずかん」
        • プチ取材エッセイー新潟の社会人6名に話を聞いた日ー
          にいがたの暮らす・働くをめぐるマガジン「くらはたずかん」
        • くらす・はたらく人取材記事2022
          にいがたの暮らす・働くをめぐるマガジン「くらはたずかん」

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          大学の学びは大人になって活きるの?【諏訪田製作所・斎藤さん】

          みなさんこんにちは!編集室ネーム『アクティブ取締役』です!   今回私は株式会社諏訪田製作所に行ってきました! 諏訪田製作所といえばニッパー型『爪切り』が有名な会社です。私はこの会社で勤務している齋藤風汰さんにくらす・働くについてお話を伺いました。今回の記事を通して私のような将来像がはっきりと決まっていない学生に少しでも考え方や働くことの魅力を発信できたらいいなと思っています!かっこいいフレーズがたくさん出てくるのでぜひ楽しんで読んでみてください。 教員志望からものづくりの

          大学の学びは大人になって活きるの?【諏訪田製作所・斎藤さん】

          就活で疲れている人へ~自分にとっていい会社を選ぶ基準とは~【太陽工機・多田健太朗さん】

          はじめに 就職活動が迫ってくると、多くの人が自分のやりたい仕事・なりたい職業が分からず焦ってしまう。迫りくる就職活動の時期。しかし、自分が本当に何をしたいのかわからない。大学生から社会人へと進む人生の節目。漠然とした不安が拭い去れない。 僕はそんな進路に悩む就活生のひとりだ。何か自分固有のものを文字として紡ぐと同時に、現役で働いていらっしゃる方から人生の選び方を学びたくてこのくらすはたらく編集室に参加している。 そこで、株式会社太陽工機で働く多田健太朗さんから話を伺った。

          就活で疲れている人へ~自分にとっていい会社を選ぶ基準とは~【太陽工機・多田健太朗さん】

          新潟で暮らしていくことの魅力とは?~長岡で働く人の姿をみて~【長岡市・池田組 石井直記さん】

          1.はじめに 皆さんは、新潟で暮らすということに対してどのようなイメージを持っていますか? また、新潟へのイメージはどのようなものでしょうか? 私は新潟県で生まれ育ちましたが、ずっと持っていた新潟へのイメージは“のんびりとした田舎”というものでした。県外の大学へ進学した友人が都会を満喫する姿を見て、都会ってやっぱり良いな、羨ましいなという憧れを持ったこともあります。 今回の取材では、長岡の池田組が運営するかきがわ不動産にて物件紹介や契約の仲介業などをされている石井直記さん

          新潟で暮らしていくことの魅力とは?~長岡で働く人の姿をみて~【長岡市・池田組 石井直記さん】

          新潟を離れ、帰ってきて魅力を再発見。愛着が沸く、心地良い場所【燕市・塚田晶子さん】

          シンチャオ。こんにちは。 私はベトナム出身のそろばんです。日本語を勉強して8年になります。日本語は非常に難しいので、記事を書くことは大きな挑戦でした。修士課程の勉強で2022年9月に新潟に参りました。新潟はいい場所ですが冬は寒いので、私にとってはもうひとつチャレンジだと思っています。 皆さんにとって新潟はどんな場所でしょうか?新潟の香りについて考えたことはありますか?今回は、一菱金属株式会社で働く塚田晶子さんの話を通じて、新潟での生活と仕事について一緒に考えてみましょう。

          新潟を離れ、帰ってきて魅力を再発見。愛着が沸く、心地良い場所【燕市・塚田晶子さん】

          印刷会社のファシリテーター〜人との繋がりの中でくらす・はたらく〜【博進堂・長沢利紀さん】

          皆さんは、自身の卒業アルバムの装丁を覚えているだろうか。 私はというと、小学校、中学校、高校と3冊の卒業アルバムを受け取っているはずが、一つも思い出すことができない。そもそも、写真にうつる自分の顔を見たくなく、受け取った後すぐに家のクローゼットの奥深くへしまい込んだ記憶がある。開いたのは、乱丁を確かめた一回のみだ。親のために保管しているだけで、自分から能動的にページをめくることなどないだろうとも思っていた。 しかし、博進堂さんの取材を無事終えた私は、能動的にめくることになる。

          印刷会社のファシリテーター〜人との繋がりの中でくらす・はたらく〜【博進堂・長沢利紀さん】

          「大切だから、守りたい」想いで続き、想いで繋がる仕事【胎内市・熊倉七瀬さん】

          はじめまして。 私は、新潟県内に暮らす大学生です。 いち大学生の私が、くらはたずかんのプロジェクトに参加した理由は、普通に大学生をしているだけでは出会えなかった人たちとの出会いを通して、未だ靄がかかっている自分の将来への考えが、少しでも見えやすくなるヒントを得たいと思ったからです。 胎内市の中条駅から徒歩10分ほどの場所にある、木でできた立派な看板が目印のこちらのお店が、今回私が取材させていただいた「くどうもちや」さんです。もとは明治時代初期から燃料屋を営んでいたそうで、戦

          「大切だから、守りたい」想いで続き、想いで繋がる仕事【胎内市・熊倉七瀬さん】

          「失敗したっていい。やらない後悔よりやって後悔」【新潟市・板垣柚香さん】

          こんにちは。大学4年生のLADYです。 新潟に来て暮らすこと早4年。就職活動も終え、卒業後は社会人としての勤務が始まります。先のことにワクワクすることもあれば、来年からどんな風に働いたらいいのかと不安に駆られることもあります。ただ、今回IT企業で働く板垣柚香さんを取材して、私は自分の来年からの働き方についてヒントを得ることができました。 この記事では特に、将来働くことに対して不安を抱いている方・大学生活の過ごし方に迷いがある方にぜひ読んでいただきたいです。 はじめに板垣さん

          「失敗したっていい。やらない後悔よりやって後悔」【新潟市・板垣柚香さん】

          やりたいことに対して全力で挑戦してきた人生~谷口諒さんの人生の選択~

          「なんて素敵な人生を歩まれてきたのだろう。私もこんな風になりたい。」 小千谷に行き、インタビューをして一番に感じたことだ。この日を境に、私がずっと悩んでいた進路に関してのもやもやはどこかに飛んで行ってしまった。そのくらい、この1時間半は私にとって大きな影響をもたらしてくれた。    今回訪れたのは小千谷市にある『テレワークステーションおぢや』。とてもスタイリッシュでわくわくするような空間が特徴のコワーキングスペースだ。このスペースでコミュニティマネージャーとして働いている谷口

          やりたいことに対して全力で挑戦してきた人生~谷口諒さんの人生の選択~

          「好きを仕事に」する・しない? 進路選びの手がかりを探す【株式会社岩の原葡萄園・佐藤隆介さん】

          はじめに 目をとめて下さりありがとうございます。突然ですが、皆さんはこれまで進路をどうやって決めてきましたか?そしてこれから先は、どのように決めますか? 8月初旬。大学3年生の私は、就職活動に対する焦りや不安を抱えたまま、夏休みを迎えました。そんな中行ってきたのは、上越市にある「株式会社岩の原葡萄園」。 取材を受けて下さったのは、佐藤隆介さん。社会人の、なおかつ人生の先輩に、将来への迷い・悩みを率直にぶつけました。 就職先の選び方――きっかけは?私が何より悩んでいたのは、

          「好きを仕事に」する・しない? 進路選びの手がかりを探す【株式会社岩の原葡萄園・佐藤隆介さん】

          「自分はスポンジ」と思って踏み出す一歩【糸魚川・天野千恵さん】

          助手席の窓から見える景色は夏真っ盛り。 青い海と入道雲が眼前に広がり、頭の中ではゆずがひっきりなしにギターをかき鳴らして「夏色」を歌っていた。 8月も終わりだというのに気温は35度。どうやら日本は夏を終えたくないらしい。 そんな暑い日に、新潟で「くらしはたらく」人の熱い思いを聞くため糸魚川にやってきた。 今回は糸魚川市中宿地域にある株式会社「美装いがらし」で、自社ブランドである「ao」の担当をしている天野千恵さんに取材をさせていただいた。 工場見学などもさせていただいたので、

          「自分はスポンジ」と思って踏み出す一歩【糸魚川・天野千恵さん】

          地域に密着した仕事。酒屋の岩田さんの働き方

          酒好きが酒屋に取材してきた!  こんにちは!技術と街歩きが好きな工業系大学生の「てくてく」です。 突然ですが、みなさんは「日本酒」と聞いてどんな印象が思い浮かぶでしょうか?僕の周りの大学生達に訊いてみると、「甘酒にアルコールが含まれている感じ?って昔は思っていた」「瓶だから自分では買いづらいな…」などといった意見が出てきました。  僕は酒好きに分類される人間で、日本酒もワインもその他いろいろも飲みます。そんな僕は、若い人たちが日本酒に関心が無かったり、苦手意識を持っていたり

          地域に密着した仕事。酒屋の岩田さんの働き方

          はじめの一歩を踏み出す原動力とは?活動的な坂井さんに聞いてみた!

          「TKG職人」とは? こんにちは、初めまして^ ^ TKG職人です(笑)なぜこの名前なのか気になる方もいらっしゃるかと思います。実は、ちゃんとした理由があるのです。 ぼくは新潟大学の人文学部の4年生です。学業をする傍らで、新潟市西蒲区にある温泉地・“岩室温泉”に住んで自給自足やオフグリッドを目指す百姓をしています。どちらも始めて月日は浅いですが、鶏、お米、大豆や雑穀を育てています。いつか必ず全部一から自分の手で作ったTKG(たまごかけごはん)を食べるために、今日も朝から草

          はじめの一歩を踏み出す原動力とは?活動的な坂井さんに聞いてみた!