kamome.

咲く場所に導く人/フラワーサイクリスト 『ありのままから煌めきを。』 どんな花にも光…

kamome.

咲く場所に導く人/フラワーサイクリスト 『ありのままから煌めきを。』 どんな花にも光を照らし、あなたと笑う日々を作る。

マガジン

  • 花と、暮らす

    花のある暮らしのガイドブック

  • 人生でやりたいことリスト

ストア

  • 商品の画像

    waljury

    ガラスとドライフラワーのリース「 Waljury 」 ガラスの織りなす透明感と 花のもつ美しさや生命力をかけ合わせました。 ひとつひとつ手作業で作られるガラスと ゆっくりと移ろいゆく時を刻むドライフラワーで 毎日に煌めきを添えるジュエリーのような壁掛けリースです。 地球にやさしくサスティナブルな暮らしを考慮し、 世界に一つだけのとっておきのガラスリースを 繰り返し永くご愛用いただけるように ドライフラワーのリペアプログラムもご用意しています。 ⚫︎ガラス作家 https://instagram.com/warmth_and_fluctuations_lab ⚫︎フローリスト https://instagram.com/kamome_flowerworks ※プリザーブドフラワーを使用しています。 ※直射日光を避け、湿気の多い場所への保管はお避けください。 ※箱に入れてお送りします。 …Flower Cast… ヒムロスギ、ブルーアイス、かすみ草 etc size:直径約15cm
    11,000円
    kamome.
  • 商品の画像

    someday garden.

    子供の頃に訪れていた祖父母の庭。そこで過ごす時間は、貴重な思い出。 いつかどこか懐かしい庭を思い出させるようなデザイン。 ※ピアスかイヤリングかをお選びください。 size:約6-7cm
    2,200円
    kamome.
  • 商品の画像

    waljury

    ガラスとドライフラワーのリース「 Waljury 」 ガラスの織りなす透明感と 花のもつ美しさや生命力をかけ合わせました。 ひとつひとつ手作業で作られるガラスと ゆっくりと移ろいゆく時を刻むドライフラワーで 毎日に煌めきを添えるジュエリーのような壁掛けリースです。 地球にやさしくサスティナブルな暮らしを考慮し、 世界に一つだけのとっておきのガラスリースを 繰り返し永くご愛用いただけるように ドライフラワーのリペアプログラムもご用意しています。 ⚫︎ガラス作家 https://instagram.com/warmth_and_fluctuations_lab ⚫︎フローリスト https://instagram.com/kamome_flowerworks ※プリザーブドフラワーを使用しています。 ※直射日光を避け、湿気の多い場所への保管はお避けください。 ※箱に入れてお送りします。 …Flower Cast… ヒムロスギ、ブルーアイス、かすみ草 etc size:直径約15cm
    11,000円
    kamome.
  • 商品の画像

    someday garden.

    子供の頃に訪れていた祖父母の庭。そこで過ごす時間は、貴重な思い出。 いつかどこか懐かしい庭を思い出させるようなデザイン。 ※ピアスかイヤリングかをお選びください。 size:約6-7cm
    2,200円
    kamome.

最近の記事

  • 固定された記事

花のロスを考えたら人生観が見えた

こんにちは、kamome.です🕊 わたしが、なぜロスフラワーに惹かれたのかを 思考整理のために記してみたら、 なんか、ちょっぴり壮大でした。笑 長いのですが、お時間の許す限りどうぞ🌿 もったいないという気持ち 花が欠けちゃってもカケラとしてアクセサリーに 生まれ変われることを知ってたから むしろそうやってカタチにしてきたから 捨てちゃうのが「もったいないなぁ」と思ってた。 そもそも今あるものでどうやって遊ぶか みたいなのを考えるの好きなのかもしれない。 (花に限らず

    • 手に汗握るとはこのことか

      出産前日。 わたしは怯えていた。 出産にではなく、前準備の処置にだ。 子宮口を広げるためのバルーン処置と 無痛分娩のための麻酔管の処置。 入院する1週間前からそのことを思い浮かべる度に 吐きそうなほど怖くなって 必死でイケメンを漁って気を紛らした。(🥺?) そして、いざ、処置の時間。 手に汗握るとはこのことか というくらい手と足裏からの汗が止まらなかった。 タオルケットを握っていたのが幸いだった。 背中をぐぐぐっと丸めて 人生で一番怖かったことを考えた。 娘が

      • 一級品で良いものを作り上げる

        これってとても当たり前なことよね。 料理する人や食べるのが好きな人とっては 特に分かることだろうけど 素材良ければそのままでめっちゃうまい。 味付けがいらないものも多いし、 塩だけで格別にうまくなるものもある。 (よく青空レストランで、宮川大輔が叫ぶ感じ。笑) だけどね、 わたしが興味があることって、ワクワクすることって 例えばB級品と呼ばれるようなモノたちから 魔法をかけたようにキラキラ輝くものを 作り上げることなんだよね。 こんなのは売れないよ。。 みたいなモノた

        • もしも願いが叶うなら

          3月になり、春の息吹を感じ始めましたね。 一歩前へと背中を押してくれるような 春うららかな空気が好きです。 さて、 そんな前向きになる季節に思うこと。 もしも、何の制限もないとして 願いが何でも叶うとしたら何を叶えるか。 夢物語のようですが、ときどき考えます。 2024年の春にkamome.が思うことは、 ・家族で海外移住または世界を旅する ・花屋兼カフェをやる ・お気に入りの空間で大好きなモノに囲まれで過ごす 今、むっくむくしているのはこの3つ。 おそらく制限

        • 固定された記事

        花のロスを考えたら人生観が見えた

        マガジン

        • 花と、暮らす
          4本
        • 人生でやりたいことリスト
          1本

        記事

          煌めく時間は、日常から。

          ただの推し活の話。 映画ハイキューを観に行ってきた。よかった。 何度も見てるし、何度も読んでるし 次の展開だってもうわかってるけれど それでも心が動かされたくらいによかった。 生きるという中に ドラマティックな瞬間はある。 夢を描いて達成に向かって進んでいくことを 美としたドラマや漫画も多く 私たちはその煌びやかな世界をまた夢見る。 負の境遇から立ち上がり、栄光を掴み取る。 なんて、夢物語だと感じる人もいるだろう。 それよりも当たり前に普通の毎日があり、 悔しいほど

          煌めく時間は、日常から。

          好きだけど、好きだから、

          こんにちは、kamome.です。 わたしは言葉が好きです。 昔から名言や格言などが好きです。 きれいに紡がれた言葉たちや 言葉からイメージが湧いてくる表現、 心を上手に表してくれる言葉たち。 言葉には力があって、魂が宿っていて 不思議と夢を叶えてくれたりもする。 とにかく、言葉が好きだから 読むことも書くことも好きです。 最近は想いを上手に言語化している友達が増えたり 上手な人たちをインスタでフォローしたりして とにかくいいなと思う言葉をたくさん目にする。 ずっと

          好きだけど、好きだから、

          行き詰った、息詰まったときにこそ アンパンマンのマーチがおすすめ。 生きるということの原点を思い出す。

          行き詰った、息詰まったときにこそ アンパンマンのマーチがおすすめ。 生きるということの原点を思い出す。

          2024 はじまり。

          明けましておめでとうございます🎍 もう20日もすぎておりますが。笑 昨年末から一般的に良くないことが立て続けに起き 最終奥義が年始早々のコロナでした🧚‍♀️ ずっと罹らずに元気に過ごしていたのに。。 なんなら、結婚してから数日間寝込むということが ほぼなかったくらい元気が取り柄だったのに。。 厄年っておそろしい〜!笑 今年は後厄といわれる年ですが、 年末年始でデトックスしたんじゃないかと思うので 良いことがたくさんの1年になると予想しています。 さて、新年1発目とい

          2024 はじまり。

          2023年を振り返る

          循環型フローリストkamome.です🕊️ 2023年が終わります。 フローリスト2年目として走ってきた この1年間を振り返ってみようと思います。 ・・・ ⚫︎東急渋谷本店 POP UP ⚫︎WACCA 池袋 "Flower Cycle Shop" 企画 ⚫︎伊勢丹新宿 母の日 POP UP ⚫︎横浜市内の小学校にて花育講師 ⚫︎ Japan Expo Paris 出展 🇫🇷 ⚫︎西村織物様とのアップサイクルコラボ ⚫︎辻堂ローカルマーケット(定期出店) ⚫︎carni

          2023年を振り返る

          Timeless

          循環型フローリストのkamome.です🕊️ 今年のクリスマスは「Classic」をテーマに 定番のヒバやブルーアイスにポイントで 赤やゴールドを入れたシンプルな作品を仕立てました。 これぞ定番のクリスマス どこか懐かしさを感じるようなクリスマス というような原点に帰るようなもの。 そして、これがわたしの好きをくすぐった。 シンプルの中にある数多くの物語が いくつも駆け巡ってほっこりしたのです。 そんなホリデーシーズン2023を過ごして ある言葉が何度も顔を出してきた

          AI化が止まらない中、思うこと

          循環型フローリストのkamome.です🕊️ chatGPTをはじめとしてぐいぐい発展して、 もはや生活の一部になってきているAI。 こんなに早くAI化が進んでいくなんて 正直、驚きを隠せません。 まだ使いこなせている立場ではないですが、 この進化に恐怖を覚えている人が 身近に少なくないこともあり、 これからどうしていけばいいのかなって 考えることが増えました。 ここからはわたしの現時点での考えですが、 これからの時代を生き抜くためには 「余暇をたのしむこと」 が、

          AI化が止まらない中、思うこと

          葛藤も苦しみも全て養分。

          kamome.です🕊️ 何かの本で読んだか、誰かに言われたか 覚えてないのだけれどこの言葉は覚えてる。 同じように生きて、同じように暮らしていても 感じ方や捉え方は人それぞれ。 だから、全ての経験が価値のあるもの。 数年前にバックパッカーをしてました。 インスタやネット、本を読んでルートを決めて 「誰かが歩いたことのある道」を歩んでました。 だけど、 片足で涎を垂らしてる犬に追いかけられて泣きながら走って宿に帰る(狂犬病を恐れた) 食べられるご飯がなくてポテチとサ

          葛藤も苦しみも全て養分。

          花の終わりをどう考えるか

          こんにちは、kamome.です🕊 今日は花の終わりをどう考えるかという話。 生花の場合 生花の終わりは枯れたということかもしれません。 萎れて、傾いて、花びらが落ちる。 良き言葉選びをするのであれば、 「散る」とか「舞う」とかよく使われるけど、 やっぱり枯れてしまえばひとまず終わり。 ドライの場合 生花をドライにしてしまえば ひとまずまた命は続いていくわけです。 また新たな始まり。 ドライの終わりっていつなの? 個人的には、カビや虫が発生した時には 完全におさ

          花の終わりをどう考えるか

          おっ!? なにそれ!? ちょっといいやん。 (脳内メモメモ) あざっす これが人の購買行動。

          おっ!? なにそれ!? ちょっといいやん。 (脳内メモメモ) あざっす これが人の購買行動。

          最初こそまずは「できるヨロコビ」

          kamome.です🕊️ パリでのアクセサリー出展が終わって いよいよkamome.としての アクセサリーの本腰製作も終わりです。 昨年の夏、アクセサリー辞めます宣言をして だけど、パリがあったり 出店先の方からのご希望があったりで アクセサリー製作を少しだけれどしていました。 ならば、Instagramはアクセサリーと花で しっかり区別して投稿しよう!とて 2つに分けていたのですが やるからには、と花の方を 特にこだわって投稿していました。 だから気軽に投稿!毎日投稿

          最初こそまずは「できるヨロコビ」

          楽しい! なんだかんだ、これに尽きる。 さてさて、明日は何して楽しもうか。

          楽しい! なんだかんだ、これに尽きる。 さてさて、明日は何して楽しもうか。