くぼさん

2級キャリアコンサルティング技能士 色々な企業に属しながら各階層にキャリアコンサルティ…

くぼさん

2級キャリアコンサルティング技能士 色々な企業に属しながら各階層にキャリアコンサルティングを行ってきました。周りのキャリコンを見ていてキャリコンのスキルアップの必要性を痛感し、キャリコンの学びのプログラムを企画中です。100%合格を目指すロープレ講習を立上げ中。

マガジン

  • キャリコンが学生から聞いた就職活動のイイ話とで読む

    キャリコンが学生から聞いた就職活動のイイ話(就活生のエピソードからの気づきと学び)

    • キャリコンが学生から聞いた就職活動のイイ話とで読む

最近の記事

エピソード⑥ アルバイトで出会った先輩の存在が就活のゴールを決めたFさんの場合

バイト先の先輩からの一言が自分がやりたいことを教えてくれたパラリーガルの先輩との出会い1日24時間のうち、3分の1を占める8時間が仕事。通勤時間や休憩時間、さらに残業時間を含めれば拘束時間は4~5時間は軽くプラスされる。さらに睡眠時間も考慮すると、1日で起きている時間の大部分を仕事が占めている。 別に『収入を得るための手段として仕事を選ぶ』ことが悪いわけではないし、間違っているわけでもない。ただ、1日の大部分の時間が仕事だというなら、やりがいを感じることを仕事に選ぶ方が人生

    • エピソード⑤ 自分が何をしたいかを明確にしたおかげで、会社との出会いに希望をみつけたEさんの場合

      頑張っていると、不思議と誰かが見ていてくれるもの 自分の人生なんだ!だから周囲が内定を獲得したと沸いていても焦ることはない!『自分の人生なんだ!だから周囲が内定を獲得したと沸いていても焦ることはない。自分は自分なのだから!』とわたしは何度も自分に言い聞かせてきた。でも、やっぱり焦りと不安は無くならない。人間、誰しもそんなに強くはない。 この時期になると、なかなか内定を得られない焦りから方向転換する人が多い。それも良いと思う。よく考えずに進めていた方針なら見直しも必要だし、

      • エピソード④ 就職活動で仕事への考え方が全く変わったD君の場合

        大切なのは早く決めることではなく、決めた何かを信じることものぐさで努力とか根気とは無縁なボクの就活体験 ボクは子供の頃からものぐさなガキだった。何をするにも、とにかく面倒に感じる性分だった。当然ながら努力とか根気とは無縁だ。 『俺は少ない努力で多くを得る奴だ』などと言って、自分を高く見積もっていたが、平たく言うと横着者だった。 大学は自分の適性に合わせて理系の工学部を選んだ。『適性』とは不思議なものだ。『性格』とは似て非なるものらしい。横着者なので勉強では暗記が多く占め

        • エピソード③ 視点を変えることで居場所をみつけることができたCさんの場合

          自己理解と仕事理解をやっておけと言われけど・・・学校から就活前にやっておけと言われた『自己理解』と『仕事理解』でしたが、そもそも、何がしたいのか分からなかったわたしにはそれができなかった。だから目標設定の視点を変えることにしました。 元来、わたしは天邪鬼な性分なので、行き詰まった時は人と違うことをやってきた。仕事探しに迷ったわたしは、こんな時は『自己理解』と『仕事理解』とか言ってないで人との出会いに視点を変えるのが良いんじゃないか?と考えたんです。 就職活動をやっていれば

        エピソード⑥ アルバイトで出会った先輩の存在が就活のゴールを決めたFさんの場合

        • エピソード⑤ 自分が何をしたいかを明確にしたおかげで、会社との出会いに希望をみつけたEさんの場合

        • エピソード④ 就職活動で仕事への考え方が全く変わったD君の場合

        • エピソード③ 視点を変えることで居場所をみつけることができたCさんの場合

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • キャリコンが学生から聞いた就職活動のイイ話とで読む
          くぼさん

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          エピソード② 出会いを通じて『飢えや渇きを満たしてくれそうだから決めた』B君の場合

          熱く語る人事担当者の言葉が心に刺さった! ある企業の会社説明会での話だ。それまでいろいろな会社説明会に参加していたが、ここでも育成方針を話してくれた。 「若い人は『怒ると辞める』と思っていたので、厳しい指導は避けていました。今にして思えば、失礼な話ですが、普段から腫れ物に触るような接し方をしていたのです」 (どうして失礼な話なのだろう??) 多くの学生が自分と同じ疑問を感じたに違いない。そんな僕たちをよそに人事担当者は話を続けた。 「でも退職率は下がらず、毎年辞めてい

          エピソード② 出会いを通じて『飢えや渇きを満たしてくれそうだから決めた』B君の場合

          エピソード① 会社の『教育方針』に感銘を受けて入社を決めたA君の場合

          ◇就職活動は足を使うことが大切!合同企業説明会等のイベントには欠かさず出席し、多くの人事の方や企業の方々の話を聞いた。1社でも多くの企業と『出会う』ことが大事。運命の出会いはきっとある! 魚を与えれば1日の飢えを凌ぐことができる。魚の捕り方を教えれば一生の飢えを凌ぐことができる「『魚を与えれば1日の飢えを凌ぐことができる。魚の捕り方を教えれば一生の飢えを凌ぐことができる』という話を聞いたことがありますか?」 「はい、知っています。受験生の時、先生から言われました。『だから

          エピソード① 会社の『教育方針』に感銘を受けて入社を決めたA君の場合

          【第1章】職業選択・出会いによって進路を決めたケース

          私が「少しでも良いから、先に企業と出会うことから始めた方が良い」と勧めるワケ キャリアコンサルタントが就活生との相談を行うときに、相談者に『自己理解』と『仕事理解』に取り組むことから勧めるケースが多いと思います。しかし私は学生に対して「少しでも良いから、先に企業と出会うことから始めた方が良い」と勧めています。それはなぜか? それは、就活生の話を聞くと、『進路を決めるにあたり就職活動の過程で良い出会いをして方向転換した』と言う人が多いからです。キャリアコンサルタントとして相談

          【第1章】職業選択・出会いによって進路を決めたケース

          はじめに(語ります・・・)

          キャリコンから就職活動を頑張る学生の皆さんへこれからお話しするのは、学生たちが自身の就職活動の中で得た気付きや学びをまとめたものです。彼らがキャリアコンサルタントの私に面談の中で話してくれたそれらの話を、私は本当に努力した人にしか言えない素晴らしい金言だと感じました。それらは決して誰かの受け売りや書籍からの引用ではなく、自分自身が就職活動の中から得たその人だけのひとつの「答え」です。 そして、本人にとってこのような『答え』というのは、これからの人生で数々迎える転機の際に、自

          はじめに(語ります・・・)