見出し画像

テレビ朝日・寺崎アナウンサーによる話し方研修を実施しました

イベント登壇の機会が多い編集長や、営業部員など、人前で話す機会の多い社員を中心に希望を募り、希望者全員に「話し方」研修をオンラインで行いました。

講師は、テレビ朝日のベテラン、寺崎貴司アナ。テレビでよく見る人が講師というのは、ミーハーですが盛り上がります。

事前に、過去に編集長たちが登壇したウェビナーの動画をお渡ししていたのですが、当日用意されていたのが、下記の画面。編集長のセリフが文字起こしされ、改善すべき点が指摘されていました。ごく一部のみ、ご紹介します。

画像1

話すスピードやアクセント、モデレーターとしてのパネリストへの話の振り方、棒読みにならないコツ、緊張しないコツなどなど。アクセントは時代によって変わるとか、ベテランの寺崎アナでも本番前は緊張する、というお話もあり、親しみやすい雰囲気の中、熱血指導が展開されました。

参加者全員でまず動画をみて、その後に上記のような指摘コーナー。実例として使われた3人にとっては「公開処刑」ですが、そこは講師としてもプロフェッショナル。3人それぞれに適したアドバイスをいただきました。

後半は、テレビ朝日でも使われているアナウンサー用テキストの一部を使って、発声練習も行いました。

本来はリアルな場で行ったほうが効果的な研修だと思いますが、オンラインでも十分な効果がありました。講師側で立ち会った弊社取締役によると「生で聞くと声の太さ、迫力に圧倒される」とのこと。やはり、プロは違いますね。状況が改善したら、次回はぜひリアルな場で研修をしたいと思います。

今回の研修にご興味ある方は下記からお問合せください。


この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
6
「CNET Japan」「ZDNet Japan」「TechRepublic Japan」「鉄道コム」「CNN.co.jp」を運営する朝日インタラクティブ社の代表取締役社長

こちらでもピックアップされています

人生に無駄なことなし
人生に無駄なことなし
  • 33本

朝日インタラクティブ社で代表取締役社長を務める高野健一が、日ごろの試行錯誤を綴ります。目標は、世の中に役立ち、働く社員とその家族も幸せになる会社にすること。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。