旅するプロ資格マニア

383

集客力向上の施策は「ネガティブ要素の改善⇒ポジティブ要素の増加」の順に行う

私・河野陽炎は、Webサイトやチラシの改善、集客力向上のご相談を4年近くお受けしています。英語塾・学習塾・カウンセリングスクール・鍼灸院・接骨院・ネットショップ(ハンドメイド、着物リメイクなど)の経営者様、FPの方やカウンセラーの方から、特に多くのご相談をお受けしてきました。 私は「SNS集客がやりたい」「ブログを集客につなげたい」という具体的なお話をいただいた場合でも、まずは「現在、集客のために行っている努力のすべて」をお聞きし、その中からネガティブ要素を失くすことが第一

スキ
8

受験仲間や環境に期待しすぎないことも大事 プロ資格マニアの勉強法

高校・大学受験や資格取得のために、受験仲間を得ることの効果はとても大きなものです。周囲の人が頑張っていると、自分も負けまいとして頑張れることも多いです。 ただし「良い環境に身を置けば、自動的に自分が変われる」というわけではありません。変わる選択をするのは自分自身であり、良い環境から受け取るべきものをきちんと選んで受け取り、自分の勉強や生活のなかにどう取り入れていくかを、自分で決めなければなりません。 実は私も「世間的に評判の高いスクールへ行ったほうがいいのではないか?」と

スキ
2
+18

慶沢園 天王寺公園内 2021年11月14日

仕事で落ち込んだ心を癒したいと思い、天王寺公園内にある日本庭園「慶沢園」へ出向きました。入場料は大人1人150円です。 入場時は天気が良かったのですが、ゆっくり歩いているうちに曇り空に。12時少し前に入園したからか、園内を散策する人は少なかったです。 園内はすばらしい景観で、どこをどう切り取ってもすばらしい写真を撮ることができそうです。 そして、私個人としての収穫は、写真を撮影した後で、色味や明るさの調整をすることの楽しさが、だんだんわかってきたことです。以前にも、料理

スキ
5

「プロ資格マニアになる方法」を発売して2年で変わったこと

私の本の中で、特にKindle版が売れ続けているのがこの本です。 ペーパーバック版のほうが売れているもの、ほとんど見向きもされていないものもあるなかで、コンスタントに売れているこの本には、感謝しています。 さて、この本を発売してから、2年が経とうとしています。この2年間で変わったことを考えました。 コロナ禍で変わったこと① オンライン会議システムの普及この2年間のことを語る上で、外せないのが新型コロナウィルスの影響です。特に中小企業様において、ZOOMをはじめとするオン

スキ
3

「私自身の夢(クルーズ旅行と大学入学)を叶えること」を通して伝えたい想い #もしも叶うなら

私は20歳のころ、メニエール病とパニック障害でろくに乗り物に乗れませんでした。でも今は、電車やバスだけでなく、フェリーや高速艇、揺れるボートやディンギーヨットに乗っても平気。万が一、酔った場合でも「これもまた一興」で済ませることができるようになりました。 そんな私が叶えたいことは、次の3つです。 ・クルーズ船に乗って1週間以上の旅をしてみたい ・大学で心理学と法律をしっかりと学びたい ・私自身の夢を叶えることで、同じ病気の人の参考になる道筋を作りたい メニエール病の人の

スキ
9

ライターだけを続けるか、他の仕事もするか迷ったとき

私がライターになったのは、 「自宅から出歩けなくてもできる仕事」 「介護や通院のための時間を確保できる仕事」 であることが大きかったです。 ただ、そのような仕事はライター以外にもあります。もしも私にイラストの心得があったらその方面の仕事をしていたかもしれないし、写真やウェブデザインなどの技術があれば、その仕事についてたかもしれません。 とはいえ、ライターになったからには ・引き受けた仕事は必ずする、言い換えればできない仕事は引き受けない ・自宅でも習得できる知識はあるの

スキ
15

「相談される人」は結局のところ何でもうまくいく

ライターになったばかりの頃、私がもっていた目標は「信頼されるライターになること」でした。仕事の質を高め、量をこなすこと、電話やメールの返事を早くすることなどが、信頼につながると思い、努力していました。 その努力は必要で、不可欠なものだったと今でも思いますが、「それだけではいけない」とも思っていました。他に何が必要だろうか? 知名度、カリスマ性、難関資格……などがあれば、自分に不足している点を補えるだろうか? と考えたこともありました。 自分が仕事を続けて来られたのはあると

スキ
5

解けそうな問題を選ぶには「選べる目」が養われていないといけない #勉強法

ドラマ「二月の勝者」を、放送開始前からとても楽しみにしていました。 第4話で、塾長の黒木蔵人が「Rクラスの皆さんは、試験問題を半分しか解かなくていいです」と指示を出すシーンがあります。生徒たちに「これだけしかやらなくていい」と言い渡すことで、焦りを軽減し、1問ごとに落ち着いて取り組めるように計らったのです。 焦りがミスを呼ぶという悪循環を断ち切る私はライターになる前に、家庭教師をしていた時期がありました。そのとき、黒木先生と同じ方法をとったことがあります。 まずは「でき

スキ
1

家でもできる集客活動

介護、闘病、通院などの事情で長時間、家を空けることができなかった私ですが、おかげさまで今まで仕事を続けることができました。 仕事を続けるには、すばらしいお客様と出会うことが必要。集客やマーケティングのご相談にも乗るようになった私も、初めのうちは手探りで集客活動を進めてきたもです。その中で感じたこと、うまくいったこと、やめたほうがよかったことをご紹介します。 1冊の本、1人のコンサルタントをしっかり選ぶフリーランス、個人事業主の集客活動について、さまざまな本・電子書籍が出版

スキ
12

Webサイト改善に加えてチラシ改善のご相談が増えてきました

寒さが厳しくなり、年末年始の過ごし方や、受験の話題が増える季節となりました。私のもとにも、年末年始に向けたウェブサイト改善のご相談に加え、チラシ改善のご相談が届くことが増えました。 チラシに関して、私が感じている昨今の動きを、メモしておきます。 見かけがよいチラシより、中身があるチラシかっこいいイメージ写真や、目立つフォントを使った「見栄えだけが良いチラシ」よりも、中身を意識したチラシが増えてきました。 「どんな人に向けたチラシか」「どんな悩みが解決できるのか」をわかり

スキ
6