田村浩二(タム3)Food Expander

チーズケーキで世界を変える。食の様々な可能性を未来へ拡げるお仕事をしています。天秤座のAB型。Mr.CHEESECAKE https://amzn.to/2KaDK5d

田村浩二(タム3)Food Expander

チーズケーキで世界を変える。食の様々な可能性を未来へ拡げるお仕事をしています。天秤座のAB型。Mr.CHEESECAKE https://amzn.to/2KaDK5d

    マガジン

    • #お店 記事まとめ

      • 2,218本

      思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

    • #フード 記事まとめ

      • 3,047本

      レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。

    • スパイスと私。

    • レシピ特集

      過去のレシピをまとめました!

    • グランメゾン東京

    最近の記事

    • 固定された記事

    自己紹介note

    「田村浩二=チーズケーキの人」 最近、そう認識されることが多くなった。これは僕が作る「ミスターチーズケーキ」が世の中に受け入れられたこととイコールで、とてもうれしく思う。3年前、いや1年前ですら、自分がそんな存在になるなんてまったく想像していなかった。 一方で「チーズケーキの人」のイメージが強いために、 「え? 木でできたケーキをつくってる?」 「干物の商品を開発したの?」 「なんでテック領域に関心があるの?」 と疑問を投げかけられることも多い。 「……で、なにをしてい

      • Mr. CHEESECAKE YOUR CITYを終えて。

        2021年9月22日、Mr. CHEESECAKE2年ぶりのポップアップが大分からスタートしました。 2年前のポップアップでは、新宿伊勢丹、阪急梅田の2カ所でやらせて頂き、まだまだ生産量が少ない中多くの方にお越しお越し頂くことが出来て、午前中で完売の毎日でした。 ありがたい気持ちはありつつも、せっかく出店しても午前中で売り切れてしまい、買えない方が多かった事に対する申し訳ない気持ちの方が大きかった事を今での鮮明に思えています。(当時は1日100~200本しか用意できません

        • アーティストに触れる。

          終わりが見えてくるともう少し続けようかなと思い始める気持ちになりますが、中々そうも言ってられない田村です。 今回はアーティストに触れた話なのですが、恥ずかしながら人生で初めてライブというものに行ってきました。結論めちゃくちゃ良い体験でした。最高。本当に記憶に残る体験で、もっとこういう機会を持たないといけないなと考えました。

          有料
          200
          • 自分がやるべきことは何か。

            最終月も更新がギリギリです。

            有料
            200

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • #お店 記事まとめ
            noteマガジン 他
          • #フード 記事まとめ
            noteマガジン 他
          • スパイスと私。
            田村浩二(タム3)Food Expander
          • レシピ特集
            田村浩二(タム3)Food Expander
            ¥500
          • グランメゾン東京
            田村浩二(タム3)Food Expander
          • 自己紹介。
            田村浩二(タム3)Food Expander

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            思考を積み上げる。

            最近はめっきり文章が書けなくなっている田村です。(忙しさと語れることが減っている) 最近仕事でいくつかの課題があり、その度に自分の不甲斐なさや力不足を実感するのですが、その中でも課題が見えた時にどうやって対処をするか?その課題から何が学べるのか?ということに重きを置いています。 人間誰しもミスはするし、完璧ではないので仕方ないのですが、その後のリカバリーというか、どれだけそこから学べるか?というのが本当に重要だなと感じています。 僕は仕事の大半を料理の世界で学んできたの

            有料
            200

            最近の(自分の)SNS事情。

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            SNSとどう向き合うか。

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            これからの世代の努力の仕方とは?

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            ポップアップについて

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            自分の強みの整理と活かし方。vol.2

            先程の続きです。前回の記事はこちら! 自分のスキルの整理をして、自分の競合になるであろう人達との差別化のポイントを考える。この差別化のポイントはなるべく細かい粒度で考えられるといいと思っています。 単純なおいしさでの比較はかなり難しく(一定のおいしさの基準を超えると圧倒的に難しくなります)自分が生み出すものの価値や価格、どのような人を対象とした商品設計にするか、どんな場所で何人で作るのか、時代に左右される商品なのか、普遍的な商品なのか。 色々考慮する必要があります。考え

            有料
            200

            自分の強みの整理と活かし方。vol.1

            かなり久しぶりの更新でバタバタしております。今日明日で3~4本を描こうと思っておりますので、お待ちください! 最近は自分の話をどうするのがいいか?を悩んでいたり、そもそも発信の仕方やするかしないか?というところから考えています。なんだか発信する人が増えていく中で、発信しすぎない大切さもあるのでは?と考えているのが原因です。 まぁそれでも発信するべきだとは思っているのですがw はい、今回は自分の強みの整理と活かし方。というテーマです。 最近はどうやってブランドを作るので

            有料
            200

            ブランドとは何か?

            この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

            技術=価値ではない。これからの時代の技術の学び方と活かし方。

            お疲れ様です。お盆も終わり、夏もそろそろ終盤かなという今日この頃ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 今回はタイトルの通りなのですが、技術=価値ではないよね?というお話をしていこうと思います。これは特に技術職の人に言えるかなと感じるのですが、技術がある=素晴らしい仕事ができる=価値がある。みたいな思考の変換はよくあると思うのですが、果たしてそれは本当なのか?という話です。 僕はレストランという場所を離れてつくづく思うのは、技術至上主義がいまだに多いという事。 大

            有料
            200

            めちゃくちゃおいしいクッキーシューを作りましたという話。

            久しぶりの連休で外は雨。外出する予定もなかったので、久しぶりにシュークリームを作りました。今まで自分で作ったのはレストラン時代の賄いくらい?ですが、自分の中でおいしいレシピはあったので、それを改めて試作して作りました! それをツイートしたらとても反響があったので、改めてnoteでまとめようかなと思いました。どうしてもツイートだと追いにくいので、1本にまとめるイメージです。 ちょっとシュークリームへの想いは後回しにして、レシピの方を書いていきます! クッキーシューのレシピ

            あなたにとっての『夏の日』が素晴らしいものになるように。

            夏の限定フレーバーがお客様に届き始め、それぞれの夏をお楽しみいただけたらなと思う今日この頃ですが、今回は僕がこのフレーバーにつけた名前とこのフレーバーについて改めて伝えなければと思い、書いています。 そもそも夏にフレーバーを作るのはまだ2回目で、前回のヒラミレモン(シークワーサーにミントや山椒、オリーブオイルを合わせたフレーバー)と今回の『UN ÉTÉ mango passion』です。 (ヒラミレモン、上には沖縄の塩もかかっています) 夏は僕にとって特別な季節であり、

            履歴書はどうやって育てるのか?

            暑い夏がやってきて気持ちも昂っている田村です。今回は履歴書の育て方。というテーマで話をしようと思います。これは僕が最初に働いたシェフに言われて、とても記憶に残っている事なのですが、履歴書は自分で作り、育てていくものだと言われました。 最初はなんのことだ?という感じでしたが、話を聞いてみると、なるほど!と思うことが多かったのでシェアします。これは料理人やパティシエに近い話ですが、ビジネスの人にも通ずるものがあるかと思います。 履歴書は自ら作るもの。 自分が将来の目標を見据

            有料
            200