獣医師 小林 元郎

獣医師 獣医学博士、成城こばやし動物病院代表

獣医師 小林 元郎

獣医師 獣医学博士、成城こばやし動物病院代表

    最近の記事

    ペット目線のハウスクリーニングで、人もペットも安心して暮らせる「住環境フローラ」を実現しよう

    ■新聞配達業を通じて見えてきた「地域の課題」 小林:本川さんとは、ある勉強会で知り合いました。第一印象は「変なTシャツを着ている人」だったな~(笑)。 本川:よく言われます(笑)。僕としては、自分の持っている200枚のTシャツの中から、その時々のTPOにぴったりの1枚、名付けて「TPOTシャツ」を厳選して着ているつもりなんですけど…。今日は、ペット家庭専用のハウスクリーニングのお話をするので、そのTシャツを着てきました。 小林:え、200枚も持ってるの(笑)!? 本川

      • 日本版「動物保護のための獣医師会」設立を目指して

        ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第11回は特定非営利活動法人ANICEの代表で、東京都獣医師会の事務局長も務める平井 潤子さんにお話を伺いました。 ■外国のコピーではなく、日本の文化や国民性に適した動物福祉の制度が必要 小林:平井さんとは、2000年の三宅島噴火の際に、東京都獣医師会が中心となって立ち上げた「三宅島噴火災害東京都動物救援本部」で一緒に活動したのがきっかけで親しくなり、以来、いろいろな活

        • 100万円のキャットツリーはいかにして生まれたのか?

          ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第10回は洗練されたスタイルと熟練の技術を融合した商品を通じて、猫の健康をサポートするキャットライフスタイルブランド・RINN(リン)の創業者でCEOの梁原(りょうはら)正寛さんにお話を伺います。 ■すべては、「みるちゃんに一目惚れ」から始まった 小林:梁原さんとは少し前に知人の紹介で知り合ったのですが、リアルでお会いする前に、梁原さんが代表を務める会社RINNのホームペ

          • 馬との関わりから学ぶホースコーチング~そこに見えるのは自分も知らない本当の自分

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第9回は、株式会社COASの小日向素子さんです。 北海道にある「ピリカの丘牧場」で小日向さんが提供しているのは、スタンフォード大学医学部やスイスのIMDビジネススクールなどで実績のある「ホースコーチング」。そこで生まれる自己内省と行動変容は、組織のリーダー育成やチームビルディングなどに大変効果的であると言われています。今回は、小日向さんが語るホースコーチングのすばらしさ、そ

            院長は絶対知っておきたい!動物病院経営における法的なリスクヘッジの話

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第8回は弁護士で、テレビ番組のコメンテーターを務めるなどメディアでも活躍中の田村勇人先生をお迎えし、動物病院経営における法的なリスクヘッジの必要性について伺いました。 小林:田村先生とは、先生が東京都獣医師会の顧問弁護士に着任されたのがきっかけで知り合いました。今では病院のトラブルについて相談させてもらったり、僕が主催している「こばやしゼミ」に登壇してもらったりと、親しく

            獣医療の新たな形「Lifelog Based Medicine」の確立を目指して

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第7回は、株式会社RABOで猫用首輪型デバイス「Catlog」の事業に携わる獣医師・小川篤志さんをお迎えし、小川さんが目指す獣医療の新たな形「Lifelog based medicine」(生活記録に基づく医療)についてお話を伺いました。 ■猫の生活を可視化する首輪型デバイス「Catlog」 小林:小川くんとの出会いは、2011年に僕が発起人の1人となって立ち上げたTR

            「家電王」に聞く!愛を育む家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」の魅力とは?

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第6回目は、「家電王」として知られる中村剛さんをゲストに迎え、話題の家族型ロボット「LOVOT」の魅力や可能性、そして家電選びで大切にしたいことについてお話を伺いました。 ■人の代わりに仕事はしない。だけど愛しい「LOVOT」 小林:中村さんとは共通の知り合いの紹介で出会い、僕がパーソナリティを務めていたラジオ番組にゲスト出演していただいたのを機に仲良くなりました。中村

            猫が30歳まで生きる日~猫の腎臓病に打ち克つたんぱく質「AIM」とは?

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第5弾のゲストには、東京大学大学院教授の宮崎徹先生をお迎えしました。宮崎先生が発見した血液中のたんぱく質「AIM」が猫にとって致命的な病である腎臓病の治療に有効であることがわかり、先生の研究は今、世界的に大きな注目を集めています。今回は宮崎先生にAIMと猫の腎臓病について、また宮崎先生が目指す医療の在り方についてお話を伺いました。 ■偶然の出会いが生んだ、AIMによる猫の

            迷子のペットを飼い主のもとへ

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第4弾は、ペット探偵の藤原博史さんをお迎えしました。これまで約25年間で4000件ものペット失踪事件を解決、発見率なんと8割を誇る藤原さんの強さの秘密、そして仕事にかける想いとは・・・? ■有馬記念がつないだ縁!? 小林:藤原さんとは、FM世田谷の「ペットワンダーランド」にゲストで出てもらったのがきっかけで、ずっと仲良くさせてもらっています。事前に番組の担当者から「次回

            ペットにも、ホリスティックケア

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第3弾は鍼灸やマッサージなどを通じて動物の心と体を整える「ホリスティック治療」に取り組む、獣医師の山内明子先生をゲストにお迎えし、HOLISTIC医療の魅力や活用法についてうかがいました。 ■東洋医学と西洋医学、双方のメリットを生かす 小林:実は先生との出会いは、うちの病院に飼い主さんとして来てくださったのがきっかけなんですよね。 山内:そうなんですよね。うちで飼って

            ペットの皮膚科専門医の役割とは

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまにお話を伺うAnimal Professional対談。第2弾は世界に14人しかいないアジア獣医皮膚科専門医として活躍中の村山 信雄先生をゲストにお迎えし、ペットの皮膚病、そして専門医療の必要性についてお話を伺いました。 ■日本には5人のみ。「アジア獣医皮膚科専門医」とは? 小林:先生とのお付き合いは、もう20年くらいになりますよね。 村山:そうですね。当時私が勤務していた動物病院で月に1回開催されていた勉強会に、小林先生

            ペットの肥満は〝予防する〟時代へ

            ペットに関わる様々な分野のトップランナーの皆さまに、小林がお話を伺うAnimal Professional対談。 記念すべき第1回は動物の脂質代謝研究の第一人者として、世界的に活躍されている新井 敏郎先生をゲストにお迎えし、「ペットの肥満」をテーマにその原因や予防法、そして新たな肥満診断基準策定を巡る動きについてお伺いしました。 ■犬・猫の30~40%が肥満 小林:先生、今日はよろしくお願いします! 先生とは、2014年に東京都獣医師会の村中志朗会長を介して初めてお目にか

            コロナ禍、ペットが見せてくれる新しい世界

            新型コロナウイルスの感染拡大による大混乱で幕を開けた2020年もあと少しで終わり。誰も予想だにしなかった「ニューノーマルな」生活が、徐々に日常になりつつあります。 この半年間で私たちの生活は大きく変わりました。リモートワークになって働き方が変わった方も多いでしょうし、不要不急の外出や旅行がしづらくなって余暇の過ごし方が変わった人も多いと思います。 かくいうわたしも、その1人。 会合やイベントのほとんどがオンラインになった分、 自宅で過ごす時間が増え、ほぼ毎夕、妻と一緒に愛

            ペットをコロナから守るには

            こんにちは、獣医師の小林元郎です。 2020年8月初旬、あるペット保険会社が 「新型コロナウイルスに感染した飼い主のペット預かり事業において、2頭の犬がPCR検査陽性であった」とのプレスリリースを出し、大きく報道されました。 このニュースを見て「え!犬もコロナになるの?」「犬からコロナが伝染るの?」と不安になった飼い主さんも多く、 たくさんのお問い合わせをいただきました。 私が副会長を務める東京都獣医師会にも 「ペットには、どんなコロナ対策が必要ですか?」「どこに行けばペ

            「イケメン」、嫌いです

            最初に言っておきますが、これはヒガミではありません(笑)。 ただ、最近よく耳にする「イケメン」という言葉、嫌いなんですよね。 特に「イケメン政治家」とか「イケメン医師」のような呼び方、苦手です。 「イケメン」という枕詞がついた瞬間に、外見がその人の第一印象として記憶に残ってしまいます。 結果、その人が本来持っている能力や個性、長所を見誤ってしまう。 女性にしても同じです。 「美人教師」「美人看護師」と呼ばれると、その人の教師や看護師としての 能力は「おまけ」のように扱わ

            経営者は「お母さん」であれ

            こんにちは、獣医師&ペット医療コンサルタントの小林元郎です。 先日のnoteで僕が病院の周りに花を植えていることを書きましたが、 実はうちの病院では花だけでなく、野菜も育てています。 さすがに畑はつくれないので、プランター農園ですが、 今年はナスの出来が上々。美味しそうな実をたくさんつけてくれました。 収穫した野菜は、自分で食べたり友達にあげたりもしますが、 一部は病院スタッフの賄いをつくるときの 食材として使ったりもします。 そう、実は僕、数年前から月に数回、遅番の