エピソード 4 初めての相棒❤️
見出し画像

エピソード 4 初めての相棒❤️

KMOB

小学4年生の時 初めての相棒ができた

母親が連れて帰った 捨て猫の“チビ“
(生後間もなく小さかったので“チビ“と命名した)

寒かったせいか下痢をしていたので 正露丸を飲ませたら見事治った記憶がある


まるで犬のような猫だった

小学校に登校する時は 橋の袂まで見送ってくれた
(橋は苦手だったようだ😢)

玄関を開けると ダッシュで飛びついてきた
(嬉しいけど 爪が痛かった😂)

近所にお遣いに行く時には 僕の前を颯爽と歩いた
(途中 犬と出会うと 毛を逆立てて威嚇してた😅)

お風呂に入ってる間は 風呂蓋の上にいた
(誤って風呂に落ちた瞬間 跳ねあがっ時は猫だった😄)

寝る時は いつも一緒の枕で寝た
(寝覚めると “チビ“がいつも枕の真ん中で寝ていた😇)


そんな“チビ“が トラックに轢かれて ペシャンコになった

僕が帰宅した時に 慌てて戻ろうとしてのことらしい

初めての別れに 

どれだけ 泣き明かしただろう

どれだけ トラックを憎んだことだろう

それから 僕はペットを飼えなくなった


半世紀たった今でも 初めての相棒を思い出す 

天国で 幸せに暮らしてるかなぁ?

僕が逝った時 お迎えに来てくれるかなぁ

なぜかは分からないけど こどもと犬や猫には好かれることが多い

チビ“が 姿を変えて 寂しがりやな僕に会いにきてくれてるのもしれないなぁ

ありがとう “チビ

初めての相棒の“チビ“ に また会いたいなぁ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Appreciate!
KMOB
音楽をアクセントに リズミカルで漫画的にシーンが浮かぶストーリーを目指しています 「オールド・ルーキー」ですがよろしくお願いします 教育プロデューサー 株式会社EDUCE 代表取締役 https://e-plus.gr.jp Twitter @appreciate0529