見出し画像

恋しましょう

良い商品(製品・サービス)を作る。

これまではそれが必須だった。

商品につくのが顧客。

でも、いまの時代、

ちゃんとした商品はどこででも手に入る。

コンビニ、アマゾン、楽天・・・

そして、ちゃんとした商品は大企業に任せればいい。

だから、ぼくたち中小企業・個人は大企業にはできない商品を作ろう

・・・というのは違う。

商品につくのが顧客。

でも、いまとても大事なのはファン。

ファンは人につく。

ファンというのは関係だ。

大企業の最も弱いのが関係。

ユニクロのTシャツをいくら愛用しても、柳井さんがLINEでお礼くれるわけではない。

そこまでいかなくても、ユニクロの店員さんで応援したい人がいるからTシャツはユニクロに決めてます・・・という人も、きっといない。そもそもユニクロの店舗は激減してるし。

コミュニケーションツールとしてSNSが必須だとわかっていても、大企業は仕組みで売ってきたから、個人が前に出るSNSは何だかんだ理由つけてやらない。ほんとにやらない親の遺言で禁じられているのかと思うくらい、やらない。おっかないみたい。

大企業の最大の弱みは、関係だ。

結んだことがないし、これからも結ばない。

こんなチャートを作ってみた。JOYWOWオリジナル。

あ。転用していいですよ。

スクリーンショット 2020-10-16 11.59.06

右が「公」、左へ行くほど「私」の色合いが濃い。

上へ行くほど動きが激しい。

大企業はこれまで1の象限、つまり、静的でパブリックなゾーンでのみ発信してきた。ホームページ、テレビCM・・・

個人は出ない。匿名。

中小企業の極みみたいな極小企業JOYWOWでいうと、コロナ前はこんな感じ。

スクリーンショット 2020-10-16 12.01.37

1(公的×静的):人をバカにしたかのようなJOYWOWホームページが一枚

2(公的×やや動きあり):阪本ブログ(WordPress版)

3(私的×動き大):フェイスブック(FB)阪本個人アカウント、FB内プライベートコミュニティ「Team Rock being」

4(私的×静的):オフィシャル阪本FBページ

そしてコロナ後の現在2020年10月は動きが激しく、かつ私的な3がめっちゃくちゃ多い。You Tubeも始めてる(声の雑誌として)。

ブログはこのnoteへと引っ越し。

最大の狙いは、

「関係性の耕しを増やす」

noteで従来のJOYWOWコミュニティ「外」の人たちと出会うことを目的とし、個別のやりとりはできればフェイスブックやLINEへと移したい。もちろん、環境が整えばリアルイベントでお会いしたい。

スクリーンショット 2020-10-16 12.04.57

なので、結論としては、ぼくたち中小企業・個人は、チャートの上の部分、つまり、動きの大きいところをさらに充実させて、1 to 1の個人的耕しに力を入れ、「関係」で売っていこう、ファンを増やしていこう、というお話です。

恋しましょう、ということやね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたに幸あれ!
29
ビジネスの世界に「JOY+WOW+LOVE and FUNの総量」を増やしたいブランド・クリエイターです。JOYWOW創業者。ヴォイスマガジンやってます。https://joywow.jp/youtube
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。