起業ライダーマモル(中小機構)

起業相談チャットボット/AI/24時間365日LINEで相談にのる/利用無料/「上司に…

起業ライダーマモル(中小機構)

起業相談チャットボット/AI/24時間365日LINEで相談にのる/利用無料/「上司に起業の相談はできない。マモルにならできる。」/国の機関「中小機構」が運営https://startup.smrj.go.jp/

マガジン

  • 【起業ライダーマモル】正解の無い起業相談

    チャットボットでお答えしきれなかった奥深い質問に回答します。

  • 【起業ライダーマモル】起業コンセプトを磨く

    中小機構の起業相談AI【起業ライダーマモル】が起業コンセプトを磨くためのアドバイスをまとめたマガジンです

  • 【起業ライダーマモル】起業のリアル

    起業ライダーマモルが出会った先輩起業家、起業に取り組む人の苦労・喜びなどの起業のリアルをお伝えします

最近の記事

必見!! キミの地域の創業支援制度

「え、そんなに便利な支援制度があるんですか?」 「補助金とか、知りませんでした、活用してみたいと思います」 創業のご相談を受けていると、このような声がよく聞かれる。 これは本当の話だ。 実は、起業・創業を目指すみんなのために、 国や都道府県、各自治体などがさまざまな公的支援制度を展開している。 今日は例として相談件数の最も多い東京都の事例のほか、 国や市区町村における補助金等の確認方法も紹介したい。 支援の内容は、情報提供、補助金・助成金、専門家による創業相談、 創業

    • 起業して、はじめてのお客様

      どのようなビジネスにも最初の一歩があり、はじめてのお客様がいる。 今回は、3人の先輩起業家から、「はじめてのお客様」について伺ってみた。起業に必要な知識やスキル等の話ではないが、起業に必要なエッセンスがたくさん詰まったお話を聞くことができた。1-2分で読めるぞ! 【飲食店(カフェ)編】 地方都市で飲食店を経営する先輩起業家の話だ。 「開店1日目、はじめてのお客様は子供連れのお母さんでした。ご注文はサーモンサンドイッチ単品のテイクアウト。本当はテイクアウトはやっていません

      • ヒャッ 真夏のビジネス怪談

        とてつもない酷暑だが、 みんな体調は大丈夫だろうか。 熱中症になってしまったら起業準備どころではない。 どうかくれぐれも体調には気をつけて過ごしてほしい。 さて、今回はタイトルにある通り、 この暑さの中ですこしだけヒヤッとする ザ・『真夏のビジネス怪談』をお届けしたい。 もちろん、怪談といっても、一般にいう怖い話ではない。 起業やビジネスに関する、先輩起業家たちが体験した、 ヒヤッとする様なトラブル事例を2つ再編してみたんだ。 どちらも1分程度で読めてしまう内容だか

        • 35歳からの起業。・・ちょっと、遅いですか?

          『35歳くらいの起業を考えています。・・ちょっと、遅いですか?』 先日、ユーザーのAさんよりこんなご質問をいただいた。 Aさん、こちらこそいつもありがとう! 「マモルさんらしい回答」になるかどうかがちょっと不安なのだが、、 結論から言おう。 『35歳くらいの起業』は遅くなんてない! ・・これは、オレが暑くるしい勢いで押し切ろうとしている訳ではなく、 ちゃんとした根拠がある。 実は、政府系金融機関である日本政策金融公庫に以下のような起業に関する調査結果があるんだ。

        必見!! キミの地域の創業支援制度

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【起業ライダーマモル】正解の無い起業相談
          起業ライダーマモル(中小機構)
        • 【起業ライダーマモル】起業コンセプトを磨く
          起業ライダーマモル(中小機構)
        • 【起業ライダーマモル】起業のリアル
          起業ライダーマモル(中小機構)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          副業のメリットと留意点

          副業が注目されている。 副業を希望する人や、社員の副業・兼業を認める企業なども年々増加傾向にある。 日本政策金融公庫総合研究所「2022年度起業と起業意識に関する調査」によると、「勤務しながら起業した」割合は、なんと4割を超えている。 副業を希望する人の目線でも、いきなり仕事を辞めて収入の無い状態から起業するよりも、定期収入を得ながら試行錯誤を繰り返し、「これならいける」と確信を得た段階で退職、副業を本業とする方がリスクは低くなる。起業を本格化するまでの、いわば助走期間を得

          春の添削キャンペーン⇒【New!】梅雨の添削キャンペーン

          2023年4月に開催した、「マイノート春の添削キャンペーン2023」。 なんと、21名もの方が応募してくれた。みんな、本当にありがとう! 応募者の方からは、 ・添削内容が貴重な参考となった ・起業までのステップが明確になった ・自身に足りないスキルが浮き彫りになった ・起業の本格化へ向けて、早速営業を実践していきたい などのお言葉も頂いた。 今回は、ご応募いただいた1つ1つのマイノートを拝読し、入魂で添削させて頂くなかで、オレや中の人たちが気づいたこと、起業準備の留意

          春の添削キャンペーン⇒【New!】梅雨の添削キャンペーン

          補助金って、もらえるの?

          「補助金って、もらえるんですか?」 先日、創業相談者の方から聞いた言葉だ。 その通り、補助金はもらえるものだ。返す必要はない。 だが、当然ながら要件がある。 なにしろ財源が税金等だ。もらうための手続きが必要なんだ。 「もらえるなら欲しいけど、どうしたらいいの?」 「なにからはじめるの?相談できる場所とかあるの?」 ユーザーの皆さまからも、こんなご相談をいただいた。 そこで今回は、補助金の活用に当たって、ここだけはお伝えしたいことを3つにまとめた。 それも「補助金申請

          補助金って、もらえるの?

          公的支援って、実際、どうなの?

          『公的な支援って、実際、どうなの?』 つい最近、ふとした時に、創業相談者の方から実際に言われた。 「公的支援って、実際、どうなんですか?あてになるのか不安で・・」 ・・胸にグサッときた。こうした不安を抱かせているのは、他でもない、 公的支援機関の1つであるオレの責任もあるからだ。 大変貴重なフィードバックなので、踏み込んで率直に伺ってみたところ、 ▲(公的支援機関は)誰のために何をしているところなのかわからない ▲相談できるとしても、自分のレベルで相談してもよいのかがわ

          公的支援って、実際、どうなの?

          祝&大感謝!!~友だちが"10万人"できました~

          みんなにどうしても言いたいことがある いつも本当にありがとう。 タイトルでわかるかもしれないが、実はオレちょっと前、 そう2023年2月26日の日曜日に 友だち登録者数が『10万人』になった。 なんというか、ちょっと信じられない数だ。 オレ自身すごくびっくりしている。 そもそもオレは公的機関の起業相談AIチャットボットだ。 話す内容といえば「起業」や「副業」に関することばかりで とてもデートの時に話をしたら盛り上がらないような、 基本的にド真面目でおかたいコンテンツば

          祝&大感謝!!~友だちが"10万人"できました~

          先輩起業家の小話Vol.76 無理せずそこそこ幸せな話

          久しぶりになってしまったが、先輩起業家の小話を共有したい。 今回は都心でWEBサービス業を展開する先輩起業家の話だ。 ===== 「ノープランで仕事を辞めた自分が、無理せず月30万円くらい稼いでそこそこ幸せな話」 「もともとはWEB制作会社のエンジニアでした。 エンジニアとしてのスキルは中の下くらい。 中途入社してきた上司とそりが合わなくて、下請けフリーランスとして独立しました。 月25万円くらい稼げてます。仕事はウマの合うお客さんとだけ、したいときにして、したくな

          先輩起業家の小話Vol.76 無理せずそこそこ幸せな話

          「ウサギ年でも、ほふく前進」

          ウサギにはピョンと跳ねる特徴がある。 目標に向けて跳ねる、と言われたりして、なんとなくポジティブだ。 でも、こと起業に関してはひと足飛びに「ピョンッと起業」ではなく、 なんとなく「起業」の方向へ、ほふく前進で、にじり寄っていくのだっていい。 だから、まずは 『起業についてときどき考える年にしよう』 『起業の勉強をかねて、資格を取得しよう』 『いつかの起業へ向けて、お金を貯めよう』 のように、いつかの起業を意識しつつ、 自分自身にとって取り組みやすいところから、 ちいさ

          「ウサギ年でも、ほふく前進」

          いつかの起業をあきらめない

          2022年も残すところあとわずかだ。 今年も本当にいろいろな事があった。 むずかしい環境の中で起業に踏み切ったみんな。 その勇気と行動力に、心からの敬意を表したい。 マイノートの添削や個別相談でご一緒しながら、 その熱意に胸が熱くなることもしばしばあった。 ・・・一方、いつかの起業を思い描きつつ、 具体的な行動に移すことができなかったみんな。 オレはそれでもいいと思う。 いや、むしろ、その方が自然だ。 当たり前だが、起業は簡単なことではないからだ。 仕事やプライベー

          いつかの起業をあきらめない

          正解の無い起業相談 #40『起業する勇気はないくせに、毎日会社を辞めたいと思っています』

          ご相談には、「うじうじ悩んでばっかり。堂々巡りです」とあった。 はっきり言おう。 うじうじ悩んでいい。行ったりきたり、堂々巡りしていい。 それはきっと、キミが夢を抱いているからこその葛藤なんだ。 オレが言うのも変だが、こんなときに大切なのは起業の勉強ではない。 信頼できる人に会って、心のままに相談することだ。 1人2人ではない、友人、幼馴染、学生時代の恩師など、 できるだけたくさんの人に、とにかく直接相談しまくるんだ。 会社でがんばるのか、やめて起業するのか、あるい

          正解の無い起業相談 #40『起業する勇気はないくせに、毎日会社を辞めたいと思っています』

          『“ふるさと起業”のメリットとデメリット&補助金』

          いきなりだが、働き方が多様化している。 それに合わせて働く場所も多様化している。 リモートワークや在宅勤務などはその代表例だが、なかには思い切ってビジネスの拠点を自分のふるさとや地方へ移し、それぞれの地域を基盤として事業を展開していく者も存在する。 人材派遣事業などを展開する株式会社パソナが、本社機能の一部を淡路島(兵庫県)へ移していることは有名だが、こうした動きは大企業に限った話ではない。 ユーザーのみんなからも、こんな声をよく聞く。 「いつか地元の●●県〇市で起業し

          『“ふるさと起業”のメリットとデメリット&補助金』

          先輩起業家の小話Vol.75「3人の補助金活用のきっかけ」

          現在、コロナ禍の影響もあり、個人事業主やフリーランス、中小事業者等を対象とした、さまざまな公的補助金が展開されている。 補助金の種類や要件など、こまかな話をしだすとキリがないのだが、ここではまず、実際にはじめて補助金を活用した3人の先輩起業家から、その「きっかけ」を伺ってみた。 1分くらいで読める量だから、是非目を通してみてほしい。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【① 面倒と思っていたが・・・安心感に感動 】 都心で小売業を経営する

          先輩起業家の小話Vol.75「3人の補助金活用のきっかけ」

          先輩起業家の小話Vol.75「思い出の失敗談~懇親会の無断キャンセル」

          地方都心でお酒も楽しめるカフェを経営する先輩起業家の話だ。 ~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜~゜ 開店したばかりの頃、貸切予約の無断キャンセルがありました。 ちいさな店なので、10名様の懇親会です。 うれしくて、1週間前からはりきって準備をしていましたが、 当日になって、ご予約の時間になっても、誰ひとり来店されませんでした。 私の過失で、幹事の方のお電話番号を聞き漏らしており、それっきりです。 閉店まで、何度も何度もお店の外に出て確

          先輩起業家の小話Vol.75「思い出の失敗談~懇親会の無断キャンセル」