なかじー | 中島啓太

Jリーグクラブで働いています。東京から愛媛県今治市に移住。瀬戸内海は美しい。衣食住とスポーツ音楽芸術を通じた豊かな地域づくりを夢見ています。noteではTwitterに書きにくいアタマの中を定期マガジンで書いています。

無観客試合こそがスポーツ産業の変革をリードすると気づいた話。

「本当にここで魚は釣れるの?」 2007年の夏、私はカナダのサスカチュワン州という田舎で暮らし、高校に通っていた。カナダ人に聞いても「サスカチュワン?そんな州あった…

250
残り3/10

学生時代のぼくが焼き餃子と蒸し餃子を通じて学んだ「自由」の難しさ。

「自由に作ってごらん、みんなの好きなものでいいよ」 これは、ぼくが小学校から高校生までずっと嫌いだった言葉だ。 今もあるのか知らないが、小学校の時に図工という授…

「宿題しなくていいよ。」と小4で先生に言われた僕が本田選手の発言に思うこと。

「分からないならちゃんと言うこと聞いて!でも言われたことだけはしないで。」 この言葉を聞いたときのことを今でも覚えている。いまは東京ヴェルディのコーチを努めてい…

250
残り0/10

定期マガジン始めました。なぜ書くのか。

こんにちは、なかじーです。 はじめて見る人にむけて説明すると、現在は愛媛県に住み、サッカーのお仕事をしています。いわゆる東京からの地方移住組です。普段はTwitter…

カンタンに説明することの難しさについて。

(定期購読者向けの記事です。最後まで読んだひとはぜひあなたの心がけを教えていただけたら嬉しいです。) リモートワークになってチャットの回数が増えた。 気軽な話が…

250
残り7/10

水を得た魚と、塩をかけられたなめくじ

突然だが、ぼくは、ご祝儀袋の短冊に自分の名前を書くのが苦手だ。 できることなら誰かに代わりに書いてほしいといつも思っている。それは、自分の字が汚いとか、自分の字…