Keiichiro Mori

シンガーソングライター 日本縦断、アメリカ横断ツアーを行い世界中を旅しながら歌を歌っている。 https://linkco.re/gNMVZTfU https://www.youtube.com/channel/UCr5XzWst3T5QHcok488DobQ

Keiichiro Mori

シンガーソングライター 日本縦断、アメリカ横断ツアーを行い世界中を旅しながら歌を歌っている。 https://linkco.re/gNMVZTfU https://www.youtube.com/channel/UCr5XzWst3T5QHcok488DobQ

    最近の記事

    滑川 かぐや

    ずっと気になっていた埼玉滑川のかぐや 古民家好きとしては一度行ってみたかった いい空気流れてます もちろんライブも行う予定です 5/15(Sun) Live in 埼玉 @かぐや(埼玉県比企郡滑川町福田1560番地) 【Keiichiro Mori Tour2022 GATE〜ZERO〜】 Open/Start     14:30/15:00 予約 3,500yen ご予約、問合せ bluemoonrecords8@gmail.com(BlueM

    スキ
    2
      • ヘッドホンでライブ

        茨城県の古河市にある山川邸でのヘッドホンライブ築200年はあるだろう素敵な古民家 昔は尼寺があったというが厳かな空気が流れ大きな門は来るものを見定めているかのよう 竹林から聴こえてくるヒヨドリや小綬鶏の声と音楽が混じってただの癒しでは終わらない音楽が始まる リスナーのみんなはヘッドホンを外した瞬間に世界が狭くなったようだと言っていた 普通ならヘッドホンの世界の方が狭いはずなのに 感覚って面白い

        スキ
        1
        • 神の島

          沖縄に行くのは久しぶり しかしこの島は僕の感性を開いてくれる 今回は詩人であり友人の閔曉江の個展のゲスト 彼女とは大阪で知り合い京都だの高松だの色々なところで 会ったりしていた 久しぶりに会っても相変わらずにくだらない事言って盛り上がれる クリエイティブな話しなどあまりないけれど日常のたわいのない 会話の中に詩のヒントがたくさん落ちているのだ 今回はおよそ10年ぶりだろうか 久高島に行ってきた この島は本当に特別で、最近観光客が増えたから大きく 変わってしまったのだろ

          スキ
          10
          • あまの凡愚

            食べた瞬間にその人の人生の一部の味がした。 ここは和歌山の山奥にある蕎麦屋『あまの凡愚』。 インパクトのある絵が出迎えてくれる。 お店の中は絵本の世界に迷い込んだような錯覚に陥る。 そして出てきたお蕎麦はこれ。 この他に細麺と釜揚げも。 わさびはもちろん本物生わさび。 本当のわさびだとほんの少しで足りる。 この太めの蕎麦は小豆島の醤油で食べるのがハマった。 蕎麦コースで何もかも店主の手作り。 どうしてこんなに感動できる蕎麦をつくれるのか。 店主とお話したくてそ

            スキ
            12
            • COEDO

              桜満開の川越でライブだった。 宣言が解除されてからの久しぶりの祝日は道路もかなり混んでいて 故障車や事故車だらけ。久しぶりに乗る人も多いし、車も久しぶりだから 故障しやすい。おかげでライブの時間に遅れそうになってしまった。 幸にお天気にも恵まれてとても良い時間に。 お客さんも音楽を久しぶりに楽しむ方も多くて、俺自身もとても癒されたなぁ。 お店は「ブーケ」このお店は食事もとても美味しい。そしてスタッフの皆さんの気持ちがとてもあたたかい。 帰りは蓮馨寺さんへ ゆっくりと

              スキ
              14
              • 空間

                午後から雨予報だったのに空はとても青くて 無数の鳶たちがじゃれあっていた 近くには小さな漁港と神社があって 心地よい風が吹いていた 音を出す会場は茅葺き屋根を移築した素敵な建物 スイスの方の別荘で、屋根は日本風で中身はヨーロッパ調のものが 多くもなく少なくもなくセンス良く並べられていた ライブはゲストに自然音を扱うアーティスト「北さん」 彼の考え方が好きで、まずはそこに建物を建てた人がいて、建物があって、空間がある順番、その中で音を出すのだと 彼と音を出していると

                スキ
                16
                • 感情

                  感情とはペットみたいなもので 過保護になりすぎるのもよくない 多少の喜怒哀楽は放置しているのが良い そしてちゃんと自分でその手綱を握っていること 他人に握らせて最初はよいが後々に大変な目にあう

                  スキ
                  18
                  • カオスモス

                    佐倉市は初めて 城下町の佐倉市は武家屋敷などがあって都心から90分ほどでいけるちょい旅にはもってこい 目当てはこれ カオスモス〜沈黙の春に〜 @佐倉市立美術館  木村彩子さんの絵に惹かれて足を運ぶことになった 多くはないけど密度の濃い作品たちが並んでいて 割と若めな作家さんたちだけに空気も若干軽めだったかな 小野ハナさんの闇の中にある光に惹かれたし 特に和紙を使ったアーティスト染谷悠子さんの作品は 途方もない時と労力を感じたけどそれを吹き飛ばすかのような 色使いが特

                    スキ
                    14
                    • トビタチノ歌

                      住所非公開の会場(予約済みの方のみ公開) とても素晴らしい会場でライブします 会場の上空はたくさんの鳶 自然音採集家さんもゲストで入るかもしれません 間違いなくTripします ご興味のある方はぜひ!

                      スキ
                      11
                      • 記憶

                        初めて飛行機に乗った時  こんなにも月に近くなるのかと思った 自宅の上空を飛行機が通る あの飛行機にもたくさんの人が目的を持って移動してるんだろう

                        スキ
                        12
                        • 群馬県立近代美術館

                          埼玉の実家から愛すべきネギロードを通り群馬へ 夜にオンラインライブがあってそれまで久しぶりに高崎へ 高崎といえば「山田かまち美術館」山田かまちの絵や詩集の実物があってそこからは見えない大きなエナジーを感じられる ライブもそうだけど、生に勝るものはないですね 今回は群馬県立近代美術館へ この前に大きな公園があって休日でもあって家族連れが多い 女の子がおぼつかない運転で自転車を乗り後ろからまだ若いお父さんが 心配そうについて来ているそんな微笑ましい平和な日常が公園にあった

                          スキ
                          20
                          • 東京でも旅

                            堀切菖蒲園駅あたりは初めてのまち なんとまぁリーズナブルなお店、ヴィンテージなお店が多いこと 地元の人に愛されてる独特なお店に一人で入る事は少し勇気がいるけど そのちょっとした壁を乗り越えたら入ってくる自分へのご褒美 今回は中国料理「タカノ」さん ほんのり赤みがさしたサラリーマンが美味しそうにラーメンをすする 店員さんにおすすめは?と聞いたら 「半チャー+ラーメン」と雑だけど心地よい声色で返ってきた 味も優しさがあってうまい その後次々と地元のおじさんややんちゃな若者が

                            スキ
                            17