中村一彰|5歳からはじめるSTEAM教育

ヴィリング代表/日本初のSTEAM教育スクール「ステモン」、探究学習BOKEN、民間学童スイッチスクール、読解力専門算数「よみとき」を運営。東京都・大阪市プログラミング教育推進事業者。著書:AI時代に輝く子ども|

中村一彰|5歳からはじめるSTEAM教育

ヴィリング代表/日本初のSTEAM教育スクール「ステモン」、探究学習BOKEN、民間学童スイッチスクール、読解力専門算数「よみとき」を運営。東京都・大阪市プログラミング教育推進事業者。著書:AI時代に輝く子ども|

    マガジン

    • 先生向けプログラミング教育教材|すぐに授業で使える

      先生向けに小学校では「まずはこれをやれば十分」というカリキュラムと、授業ですぐに使える教材を作成しました。 「プログラミング教育で何からはじめたらよいかわからない」という先生は、まずはこれを活用することからはじめてみてください。

    • 5歳からはじめるSTEAM教育マガジン

      日本初のSTEAM教育スクール「ステモン」を運営するヴィリング代表 3000人を超える子どもたちへの「STEAM教育」と「探究学習」、そして学校現場でのプログラミング教育を実践してわかったことを、パパ・ママ向けにご紹介する「これからの子育て」マガジンです。 著書:「AI時代に輝く子ども」をベースにしつつ、新しい気づきも発信しています。 ●経歴 大手企業(4年)、ベンチャー企業(7年)を経て起業。 2017年には公立小学校にて理科教諭も担当。 学校教育と民間教育を熟知した視点でこれからの教育を提案します。

    最近の記事

    先生向けプログラミング教育教材、小学6年生「算数科 拡大図と縮図」

    プログラミング教育でお困りの先生向けに「プログラミング教育教材」を公開します。 私は2013年からSTEAM教育・プログラミング教育に取組み、東京都・大阪市教育委員会はじめ小学校現場でたくさんのプログラミング教育を実践してきました。 この教材は主に「プログラミングに触れたことがない先生向け」の6年生算数「拡大図と縮図」で使用する教材です。 1.授業案 2.授業の導入で児童に見せる動画 3.先生向けレクチャー動画 4.副教材 の4点を提供しています。ぜひ授業でご活用くだ

      • 「どうして戦争をするの?」と聞かれたら

         子供たちとの探究学習の中でダイナマイトに触れる機会があり、そこから話しは脱線して戦争の話題に。 子供たちは戦争の話しに体を少し強張らせながら、 「どうして戦争をするの?」「どうして爆弾を落とすの?」と質問。  人を傷つけてはいけないとか、暴力を振るっていはいけないと言われている一方で大人は戦争をしている。それは疑問に思いますよね。 今、ロシアとウクライナの情勢が緊迫していますね。 ロシアは長年かけて侵攻に準備を進めてきたようで、いまさら引くことはないだろうという見方が

        • 監視社会に向かわないアイデアがいいな

          今年も「もんだいかいけつアイデアコンテスト」を開催します。 毎年、オライリージャパンさんが開催するMaker Faire Tokyoとの共催でしたが、今年は共催ができなくなり、ステモン単体での開催となります。 なぜこのコンテストをするのか?学校や受験を中心に、「知識を学ぶ」ということは充実しています。 一方で、子供たちは「つくる」「アウトプットする」という機会がさほどありません。 社会でイキイキと生きるには、「つくる力」がとても重要です。その機会を増やしたいなという発

          • 子供たちによる問題解決アイデアコンテスト表彰式!

            10月4日、東京ビッグサイトにてヴィリングとMaker Faire Tokyoが共催する「もんだいかいけつアイデアコンテスト」の表彰式を開催しました。 このコンテストは、小学生を対象に身近な問題を解決するためのアイデアをレポートにして提出してもらうコンテストです。 今年は全国から230を超えるアイデアレポートが応募されました。 その中で、2名の審査員(多摩美術大学情報デザイン学科 久保田 晃弘 教授、株式会社情報通信総合研究所 平井聡一郎 氏)に審査していただき、特に素

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 先生向けプログラミング教育教材|すぐに授業で使える
            中村一彰|5歳からはじめるSTEAM教育
          • 5歳からはじめるSTEAM教育マガジン
            中村一彰|5歳からはじめるSTEAM教育

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            教員を目指す学生に伝えたこと

            先日9月26日に、日本女子大学の教員を目指す学生さん向けに、「これからの社会で生きる子どもたち」というテーマで講師を担当させていただきました。 きっかけは、同大学教授の羽中田先生からご依頼いただいたことです。 先生とは豊島区の仰高小学校にて2年ほど一緒にプログラミング教育に取り組ませていただきました。 このお話をいただいてから、「学生たちにどんなことを話そうかな」といろいろ考えました。 私に期待されていたことはおそらく、 ・これからどんな社会になるのか ・そこではどんな

            北海道初のキッズ向けSTEAM教育スクール!

            STEM教育スクール「ステモン」が北海道でもはじまっています。 ステモン札幌円山校です。 オーナーの大槻さんとは、昨年の8月に帯広のキャンプ場ではじめてお会いしました。 もともと大槻さんは介護事業などを展開されていたのですが、教育への問題意識をずっとお持ちで、ステモンにとても共感してくださり、開校を決めてくださいました。 コロナの影響で開校が遅れて5月スタートになったのですが、 順調に生徒が増えて、活気のあるスクールになっています。 スクールの紹介記事がアップされたの

            もんだいかいけつアイデアコンテスト開催!

            今年で3回目を迎える「もんだいかいけつアイデアコンテスト2020」は、さまざまな問題を解決するための子どもたちのアイデアコンテストです。 家族など身近な人や学校、地域、そして世界の問題への関心を高め、自分たちでも解決できるという視点と自信を、子どもたちに身に付けてもらうことを目的としています。 2020年は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大にともなって、学校が臨時休校になり、子どもたちの生活にも大きな影響を与えました。 今年は新型コロナ関連のアイデアもたくさん応募され

            わからないことは恥ずかしい、だけど。

            よく大人は子供に対して、 「わからないことは恥ずかしいことではないんだよ」とか、 「できないことは恥ずかしいことではないんだよ」 と言いがちです。 でも子どもは恥ずかしい気持ちを持ってしまう。これは仕方がないのです。 でも、決して悪いことではない。これをしっかり子供たちに伝えてあげてください。 「わからないことは、悪いことではないんだよ」と伝えるのです。 自己肯定感を育むステモンの講師研修でも、ここはとても大切にしているポイントです。 誰かと比べて落ち込まない子、失敗

            賢さ=学力ではなくて・・・?

            「賢い」=学力と とらえている保護者の方は多いと思います。 学歴をゴールとするならそれでもよかったです。 ですが、アクティブラーニング入試やSTEM入試など、受験では思考力や表現力を試される方向に変わってきています。 これまでのような、 「この問題はあのやり方で解けばいいんだよね」というパターン攻略をたくさん詰め込むだけでは乗り越えられないでしょう。 そして何より、複雑な社会で仲間とともに問題解決に取り組んでいくのに、 ”学力だけでは通用しない” ということは多くの人

            クリエイティブな子にするために大切なこと

            新しい革新的なものをつくりだして世界を大きく変えたり、 ずっと解決困難と思っていた問題が意外な発想から解決へと導いたり、 見る人・使う人をワクワクさせるデザインを描いたり。 クリエイティブな人に育って欲しいと願う親は多いと思います。 「子ども自身がこういうものをつくりたい!」と想像し、 つくりだすこと自体も、やりがいを感じることでしょう。 子どもと関わるときに大事にしてほしいことは以下の2つです。 1、ゼロからつくりあげることがクリエイティブではないと知ること 2、い

            広くて深い思考ができる子に育てる

            私が運営する子供向けSTEM教育スクールでは、理系の学生も講師を担当してくれています。 講師を募集すると、東大や東工大、早稲田や慶應といったとても優秀な学生が応募してきてくれます。 聞くと自分自身がSTEM教育に近いものを学んで育ったことから、その重要性を感じているということで、応募してくれているようです。 彼ら・彼女らに面接で、 「周りに絶対にこの人には叶わないなというほど頭が良い友人はいる? 「その人とは何が違うの?」 という質問をよくします。 するとおもしろいこ

            「初動力」ある子が、結果を出せる時代

            最初の一歩を踏み出せる能力を、私は「初動力」と呼んでいます。 あらかじめ成功するイメージが持てなくても、正解できるなという見通しが立たなくても、「きっとやってみたらいろいろわかってくるはずだ!」「僕なら・わたしならできる!」と思える力です。 子どもたちにはこの「初動力」を身につけてほしいと思っています。 日本のような成熟した社会は、次になにを目指す?これからの日本社会はどうなっていくでしょうか。 かつての高度経済成長期のように、自動車や家電といった特定の工業製品で国全

            子どもたちの自由を取り戻す3つのカギ

            私が取り組むSTEM教育の醍醐味は、「つくることで学ぶ」です。 単に理数やITを学ぶだけでなく、個性に合わせた自由を大事にしています。 6月からようやく教室再開できそうだな、子どもたちが自由に創作できる場を取り戻せそうだな、とワクワクしています。 テクノロジーを活用したアート教室たとえば歯車の原理を利用して、「遊園地にあるような乗り物をつくろう!」という取り組みをします。つくる乗り物は自由です。 1コマは1時間のうち最初の10分で基本原理を学び、次の40分でその原理を

            おうちでできる化学工作「バスボム」

            今週はずっと雨ですね。せめて天気がいいと子どもたちは外でリフレッシュできるのですが、雨が続くと子どもも親もストレスたまりがちw ステモン会員向けに「番外編」として先週アップした、 「おうちでできる実験動画」がいくつかあります。 そのうちの1つを紹介しますね。よかったらおうちでやってみてください。 動画見るだけでも楽しめる子いると思います^^ ブクブクバスボムづくり

            リモートワークとおうち学習の相性のワルさよ・・・

            リモートワークをしている人が多いと思います。 私も週3日ほど自宅で仕事しています。 会社で使っているイスとディスプレイを自宅にもっていき、仕事をしやすいようにしました。 それはまでは、私は自分の部屋がないのでダイニングテーブルでやっていました。(書斎とかあこがれる) イスとディスプレイと作業スペース確保でだいぶ快適になったのですが、娘2人が家にいる状態でのリモートワークは、仕事がはかどらんのです。 特に、90分くらいはじっくり考えて作りこみたい、といった類の業務は厳し

            GIGAスクール構想のパソコンで心配していること

            GIGAスクール構想をご存知でしょうか? すごく大まかにいうと、「学校で子ども1人1台にコンピュータ」という、文部科学省の計画です。 小学校によって多少の差はありますが、大半の小学校がコンピュータールームにパソコン40台程度がある、という状況です。 コンピュータルームを学年・クラスごとに調整しながら使用する必要があります。 これが1人1台になることで、クラスでいつでも使用することができます。 プログラミング教育に限らず、コンピューターを活用する能力(≒コンピュテーシ