太田靖久

小説家/ブックマート川太郎・店主⇒http://bit.ly/2pp6UFV▼2010年新潮新人賞▼2020年「ののの」/2021年『犬たちの状態』⇒http://www.kaminotane.com/series/7464/

太田靖久

小説家/ブックマート川太郎・店主⇒http://bit.ly/2pp6UFV▼2010年新潮新人賞▼2020年「ののの」/2021年『犬たちの状態』⇒http://www.kaminotane.com/series/7464/

    マガジン

    • 『ODD ZINE』のこと

      『ODD ZINE』に関すること全般

    • ブックマート川太郎のこと

      ブックマート川太郎に関すること全般

    最近の記事

    出版/掲載情報(小説中編・短編/エッセイ/書評ほか)一覧

    【年代降順】出版・掲載情報 (最終更新:2022/7/20) 【2022年】 ◆『息子の長靴』(短編小説)/季刊「アンソロジスト 2022年 夏季号」8月刊行 ※ポケットアンソロジーの単体リフィルとしても刊行 ●『私の中を流れる三つの川』(エッセイ)/「神奈川近代文学館 」機関紙157号・7月15日発行 ◆『××××××』(短編小説)/「代わりに読む人 0 創刊準備号」6月刊行 ◆『父の自転車と母の赤い車』(短編小説)/季刊「アンソロジスト 創刊号」4月刊行 ※ポケットア

    スキ
    7
      • 『ODD ZINE vol.9』とは

        【2022/8/19最終更新】 <概要> プロの純文学作家を中心に制作してきたインディペンデント文芸ZINE『ODD ZINE』(企画編集/太田靖久)の新しい試みとして、神楽坂・かもめブックスでの「ODDZINE」展 PART2(2022/8/25~9/13)にあわせ、「動物」をテーマにして原稿を公募 展示そのものが最新号『ODD ZINE vol.9』であり、その原稿をシルクスクリーンのハンドプリントを施したドイツ製のバインダーで束ねた 2022年8月刊行/A4サイズ

        スキ
        2
        • 「ODD ZINE」展 PART2掲示/『ODD ZINE vol.9』掲載作品一覧

          「ODD ZINE」展 PART2掲示/『ODD ZINE vol.9』掲載作品一覧(※随時更新・最終更新2022/8/16) <掲示場所/期間> 展示タイトル:『ODD ZINE』展 PART2 会期:2022年8月25日(木)~9月13日(火) 会場:かもめブックス(東京・神楽坂)内ギャラリー(ondo kagurazaka) ※別所で巡回展を開催する可能性あり。その際は追ってお知らせします。 <掲載誌> 『ODD ZINE vol.9』(企画編集/太田靖久) 202

          スキ
          8
          • 『ODD ZINE vol.9』用の掲示/掲載の原稿公募  ※募集は終了しました

            『ODD ZINE vol.9』用の掲示/掲載の原稿を公募します。◆下記の応募要項をよく読んでから応募(メール)してください。 応募要項を満たしていない原稿は基本的には不採用になります。 <掲示場所/期間>展示タイトル:『ODD ZINE』展 PART2 会期:2022年8月25日(木)~9月13日(火) 会場:かもめブックス(東京・神楽坂)内ギャラリー(ondo kagurazaka) ※定休日等はかもめブックスHPでご確認ください。 ※別所で巡回展を開催する可能性もあ

            スキ
            11

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 『ODD ZINE』のこと

            • 16本

            『ODD ZINE』に関すること全般

          • ブックマート川太郎のこと

            • 1本

            ブックマート川太郎に関すること全般

          • 『ODD ZINE』のこと

            • 16本

            『ODD ZINE』に関すること全般

          • ブックマート川太郎のこと

            • 1本

            ブックマート川太郎に関すること全般

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 『ODD ZINE』の今後(2022年以降)のこと

               次の企画展示に向けて色々と準備を進めるなか、自分の過去の活動についても少し振り返ったりしていた。  ちょうど一年くらい前に【『ODD ZINE』の今後(2021年以降)のこと】と題した文章を書いたのを改めて思い出し、こういったイメージや構想を一年に一度くらいは書き残しておくのも良いのではないかと思った。  この上記の文章を書いたのは2021年5月で、この時期以降の活動を箇条書きにしてまとめると下記になる。  2021年5月の時点で、同年9月の本屋 Title(荻窪)で開

              スキ
              9
              • 『ODD ZINE vol.8』とは

                ※随時更新【2022/8/5最終更新日】 <概要> 『ODD ZINE vol.8』は新潮新人賞出身の小説家である太田靖久・企画のインディペンデント文芸ZINE 今号のキャッチコピーは【着られるZINE/読めるTシャツ】で、TシャツのフロントにZINEの表紙/バックに創作(写真・短文・小説・詩・エッセイ等)をプリントした特別仕様 作品テーマは<犬> 2022年5月より順次発売/Tシャツ(S/M/L/XL)/枚数:40枚(第1弾)/20枚(第2弾)/20枚(第3弾)/20枚

                スキ
                6
                • 『犬たちの状態』写真展・読書会2022 ※こちらは終了しました

                  ◆『犬たちの状態』写真展(※こちらは終了しました) 会期:2022年1月29日(土)-2022年2月27日(日) 場所:書肆 海と夕焼 (東京都国立市富士見台1-8-15  ※小鳥書房と同所)https://twitter.com/bs_sea_sunset_ ◆『犬たちの状態』読書会(※こちらは終了しました) 日時:2月19日(土)17時~19時 場所:書肆 海と夕焼 定員:8名 ゲスト:金川晋吾(写真家)/太田靖久(小説家) https://bs-sea-sunse

                  スキ
                  2
                  • 「ののの」読書会の開催にあたって ※こちらは終了しました

                     2020年の「本屋大賞」で、自著「ののの」(書肆汽水域)に票を入れてくださった書店員の方がいると知り、その人に会いたいと思いました。S市にあるT書店の三浦さんという方で、『本の雑誌』に掲載されていたコメントは、端的に作品について表現されていて感激しました。  S市には多少なじみがありました。カレーの美味しいジャズ喫茶があって時々通っていましたが、そこが数年前に閉店してしまってからは、自然と足が遠のいていました。  三浦さんが週休2日の勤務だと想定すると、アポイント無しにいき

                    スキ
                    10
                    • 『ODD ZINE vol.7』本屋・生活綴方限定版刊行

                       2021年9月に「ODD ZINE vol.7」を刊行しました。その特集は<作家たちの手書きメモ>。当初はリソグラフでの印刷を構想していました。リソグラフのレトロな風合いが手書きメモと相性が良いと思ったからです。ただ、関連企画展示の準備等もあって、手が回りませんでした。  2014年刊行の「ODD ZINE vol.1」も最初は某施設にあるリソグラフでの印刷でしたが、作業が大変だったこともあり、そこからコピーでの手製本を経て、製本業者に発注するようになっていました。  原点

                      スキ
                      7
                      • 『ODD ZINE vol.7』刊行企画 < ふたりの作家の古本屋>開催 ※こちらは終了しました

                        ・開催期間 2022/1/16(日)-2022/3/13(日) ※期間が延長になりました ・開催場所 BREWBOOKS (東京都杉並区西荻南3−4−5)https://twitter.com/_brewbooks ・営業時間 平日・土 12:00 – 22:00 / 日祝 12:00 – 20:00 ※新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえ、しばらくの間19:00クローズ。定休日 毎週月曜 第2火曜、第4火曜 ・イベント概要 この度、『ODD ZINE vol.7

                        スキ
                        6
                        • <作家たちの古本屋>ONLINE STORE

                          <概要> 本屋 Title(東京・荻窪) で 2021/9/25~10/12に開催した『ODD ZINE vol.7』刊行企画<作家たちの古本屋>で販売した本の一部をONLINE STOREでも取り扱い開始します ★古本はすべて1点ものですので追加納品はございません ★あくまで私物の古本ですので状態の悪いものもありますがご理解ください ★すべての古本に特典が付いております ※最終更新:2022/04/08 【展示風景:<作家たちの古本屋> at  本屋 Title 】

                          スキ
                          3
                          • 「ODD ZINE vol.6」刊行特別企画 ~雑談の延長~

                            ※かもめブックス(東京・神楽坂) で 2020/12/8~12/27に開催した『ODD ZINE 展』の会場で掲示し、「ODD ZINE vol.6」(限定50部)にも掲載されている早稲田の「古書 ソオダ水」のオーナー・樋口塊(ひぐち・かい)さんのインタビューを公開いたします。 聞き手・構成補助:太田 靖久(「ODD ZINE」企画編集)/撮影・構成:伊藤 健史(ライター) 〈プロフィール〉 樋口 塊(ひぐち・かい) 二十代半ばまでは、初めて読んだ漫画は小学校低学年の時の

                            スキ
                            2
                            • 「ODD ZINE vol.7」刊行特別企画 ~雑談の延長~

                              ※本屋 Title(東京・荻窪) で 2021/9/25~10/12に開催した『ODD ZINE vol.7』刊行企画<作家たちの古本屋>の展示会場でのみ掲示していた二子玉川 蔦屋家電の書店員・松本泰尭(まつもと・やすたか)さんのインタビューを公開いたします。 聞き手・構成補助:太田 靖久(「ODD ZINE」企画編集)/撮影・構成:伊藤 健史(ライター) 〈プロフィール〉 松本 泰尭(まつもと・やすたか) 大学で映像を勉強。大学を卒業後、広告代理店勤務を経て、本の仕事に

                              スキ
                              4
                              • 『ODD ZINE vol.7』とは

                                ※随時更新【2022/6/21最終更新日】 【お取扱い希望の書店さまへ】 ・今号は直接販売の機会が少なくほぼ流通しておりません ・取扱い希望の書店さまは太田靖久宛てで下記アドレスにメールかTwitterでご連絡ください 《メールアドレス》:Kawataroyamataro(あっとまーく)yahoo.co.jp 《Twitter》:https://twitter.com/ohta_yasuhisa 《条件》:6.5がけ買い切り・5冊以上・送料当方負担 <概要> 『ODD Z

                                スキ
                                12
                                • 『ODD ZINE』の今後(2021年以降)のこと

                                   思いつきや衝動で動く場合も多いため、確定事項ではないのですが、2019年の『vol.2』を刊行したころに口にしていた「半年ごとに次号のZINEを刊行する」という構想を保留にしようと思っています。  そもそもなぜ半年ごとに刊行しようと決めていたのかといえば、東京で行われる文学フリマを基準にしていたからです。毎回そこでブースを出し、新しい号を販売しようと考えていました。  ただ、昨今の社会的混乱状況により、昨年(2020年)のGWに開催予定だった東京での文学フリマは中止にな

                                  スキ
                                  23
                                  • 「犬たちの状態」刊行を軸にした活動まとめ

                                    2021年4月刊行「犬たちの状態」(小説・太田靖久/写真・金川晋吾/フィルムアート社)関連活動を中心としたまとめ (※随時更新) <最終更新・2022/2/28> 【「犬たちの状態」関連】 ・『犬たちの状態』写真展(※終了しました) 会期:2022年1月29日(土)-2月27日(日) 場所:書肆 海と夕焼 (東京都国立市富士見台1-8-15  ※小鳥書房と同所) ・『犬たちの状態』読書会(※終了しました) 日時:2月19日(土)17時~19時 場所:書肆 海と夕焼 定員:

                                    スキ
                                    3