【2019年】身体感覚の移り変わり

14
記事

2020年に向けて

1年間をこれほど振り返り、まとめたのは初めてです。
これまで、変化する自分が楽しく、1年という長い期間をまとめているうちにさらに新しいものが見つかってしまうため、挫折していました。
今回はnoteにその都度アップし続けた事でまとめ終わる事が出来ました。
ただ、これでもかなり大雑把ではあるんです(笑)。

改めて振り返り、思うのは2019年は「ご褒美」を受け取る年でした。
受け取り下手な私が、理由も

もっとみる

2019年の術理 12月

いよいよこのまとめも12月にまでやってきました。
改めて、この1年間がどれほど変化の大きな年だったのかを感じます。

一つ一つの術理は身体のそれぞれが持つ特色です。その全てが調和して私たち人間は生きている、そう感じています。
時々、驚きに出会い、不安を作って、心と身体が止まったりします。しかし、そのブレーキも、学びには必要なものかもしれません。
ブレーキによって、考えを集中し、身体の中に更なる特色

もっとみる

2019年の術理 11月

11月はここ数年、オーストラリアのヨガ教師の方と稽古をしています。お互い英語、日本語が不自由な中での個人稽古を数日(笑)。
一応、事前準備として数か月前からその年気づいた事をまとめています。

英語で気づきをまとめる時、普段使い慣れている日本語で伝えるのとでは雰囲気が違ってきます。あいまいな部分がなくなり、強く、断定的になるのです。これはきっと、言語的なもの。日本語は最後まで選択を引き延ばす事がで

もっとみる

2019年の術理 10月

鱗の術理、小魚の術理を通して「自然治癒」について思うところがありました。人を倒す技を稽古してきた私にはずっと、人を癒す技に憧れがありました。その間をつなげてくれるのが鱗の術理、小魚の術理だと感じています。

世の中には技術だけを学んではたどり着けない場所にいる「ゴッドハンド」と言われる人がいますが、きっと彼らはすでに人間の自己治癒能力を心の底から認めている人、人間の可能性を信じている人ではないか、

もっとみる

2019年の術理 9月

9月の1日、甲野先生のお伴で相撲部屋へと行きました。普段、「普通」の人たちとの中で研究を稽古をしていますので、「プロ」の方たちとの稽古は自分の出来る事を探るのにはありがたいものです。

これまでも力士の友人とは稽古をしていたので身体感覚の探求から生まれた事がそのまま技として生きるのはわかっていました。しかし、それでも、その友人一人ですので、技が効くと言っても私との相性がいいだけかもしれません。

もっとみる

2019年の術理 8月

今年の夏は暑かったっけ?

私には記憶力がありません。いや、ないわけではありませんが、どうも、頭の中は散らかっていて、うまく引き出せません。きっと、情報のそれぞれには興味がないのだと思います(笑)。

こんな頭に私の性格は作られるのですが、良い事も悪い事も次々と忘れがちです。ただ、「今」を見せてくれる身体感覚の世界との相性はいいらしく、忘れるというのを「リセット」として使えば、いつも、楽しくなるだ

もっとみる

2019年の術理 7月

鱗という身体感覚を得て、技ががらりと変わりましたが、まさか身体そのものまで変わりだすとは思いもしませんでした。
7月、その新しい身体にずいぶんと考えさせられました。

【痒みと痛み】

原因は色々と考えられるのですが、肌が荒れました。
これまで経験した事のない痒みが現れました。そして痒みだけではなく、肌自体も荒れ、水ぶくれができ、潰れていったりしました。
初めての経験に戸惑いました。

しかし、こ

もっとみる

2019年の術理 6月

6月は術理以外に思いも変わり、久しぶりにトップページの更新をしました。デザイン性や戦略をやめて、ただ、私はこんな人間です、と書き上げました。3万字にもなってしまいました。

ただ、長い長いトップページを読んで参加をしてくれる人もいます。不思議な事に、初めて会ったとしても、すでに身体感覚への意欲が違うんです。すでに、その人なりの身体感覚を求めだしているからだと思います。恥ずかしくもありましたが、意味

もっとみる

2019年の術理 5月

「鱗」に気づいた4月。5月に入り、その鱗の効用がどんどんと出てきました。そして、それは思いもよらない展開を見せてくれました。武術的にではなく、治癒という日常生活に欠かせない力に繋がりました。

【ヒーラー】

武術と医術は似ている、と言われます。柔道整復師、という職業もありますからもともとはそうなのでしょう。人を壊せるからこそ、治す事も出来ます。
しかし、今、武道、武術だけを行って治癒を行える人は

もっとみる

2019年の術理 4月

2019年のまとめを書き出してみると、忘れている事がたくさんありました。
この秋、身体の中に「モーター」があるという発見をしました。そのモーターの動きを「自転」として感じましたが、すでに4月にその「自転」という言葉を使っていたのです。

2019年の4月は大きな出来事がありました。3月末でそれまで務めていた少林寺拳法の道院長を辞任しました。物心つく前から少林寺拳法の世界にいました。40年以上ずっと

もっとみる