ラグビーにおけるディフェンスの構造とシステムを紐解く『これまでになかったラグビー防御戦術の教科書』
見出し画像

ラグビーにおけるディフェンスの構造とシステムを紐解く『これまでになかったラグビー防御戦術の教科書』

カンゼン

 〝ラグビーの戦術的な面白さを伝えたい、そしてそれを知る一つのきっかけとなってほしい〞との思いから2020年3月に『これまでになかったラグビー戦術の教科書』を出版した井上正幸氏。
 前作がご好評頂きまして、今回念願の第2弾はラグビーの〝防御〞戦術にフォーカスした一冊となります。

 2021年2月10日より順次書店へ並び始めます。発売日をお楽しみに~

画像1

書影はAmazonにリンクします
これまでになかったラグビー防御戦術の教科書
著 井上正幸
ページ数 288
判型 四六判
本体価格 1700円
出版社 カンゼン
発売日 2021年2月10日
ISBN:9784862555830

【これまでになかったラグビー戦術本第2弾! 】

アタックの進化とともに変わる
ディフェンスの構造とシステムを紐解く

失点するチームには必ず明確な“戦術的失敗"が存在する
組織的守備戦術、個人的守備戦術を具体的に指南

観戦力&競技力向上に。ラグビーIQがますます高まる!
<特別対談>林大成氏(7人制ラグビー)収録!

■マンマーク、シールドロック
防御の歴史的変遷と背景とは?

■スライド、ラッシュアップ、アンブレラ
防御システムの種類とは?

■セットプレーからの防御フォーメーションとは?

■防御戦術の具体的な分析方法とは?

■防御トレーニングメソッドの具体的な考え方とは?

目次

画像11


第1章 防御戦術の変遷
第2章 防御の構造と原理原則
第3章 チーム全体の防御システム
第4章 セットプレイからの防御システム
第5章 防御戦術の具体的な分析方法
第6章 具体的な防御トレーニングメソッド

【特別寄稿】
学術的視点から考察するゲームセンス―ゲーム中心の指導法とは何か?

【特別対談】林大成(7人制ラグビー)×井上正幸
プレーヤーは自ら「なぜ」?と問い続けよ
構造を知ることで、戦術理解度は大いに深まる

サンプルページ(図版も多数収録) 

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

著者プロフィール

井上正幸
オーストラリアラグビーコーチング資格レベル2保持。
大東市立住道中学校でラグビーを始め、大阪府立大東高校を経て大阪体育大学に入学しラグビー部に在籍。大学卒業後、整形外科のインプラントを販売する会社「オルソテック(株)」に勤務する傍ら、1998年、関西ラグビー協会に所属する「くすのきクラブ」を創設し、2020年近畿クラブリーグのカテゴリーAに昇格する。また、2008年から兵庫医科大学でコーチを始め、09年西日本医科学生総合大会4位、11年関西医歯薬学生ラグビーフットボールリーグ2位、12年同大会3位、13年同大会2位の成績を収める。14年に京都成章高校スポットコーチとして、全国高校ラグビー大会4位、15年同大会8位、16年大阪体育大学スポットコーチとして、関西大学ラグビーBリーグ優勝、17年ヘッドコーチとして同リーグで優勝。入れ替え戦にも勝利してAリーグへ昇格させた(2019年に退任)。著書に『これまでになかったラグビー戦術の教科書』(小社刊)『ラグビー3カ月でうまくなる基本スキル』(学研)がある。

【先行公開】『これまでになかったラグビー防御戦術の教科書』から、はじめに

【試し読み①】2019年ワールドカップから考察する各国の防御システム

【試し読み②】防御戦術の具体的な分析方法『これまでになかったラグビー防御戦術の教科書』

トップリーグが始まる前にラグビーを高度に解析!本を出版します。

【15人制】ステップを有効に使い相手を抜く方法

本書内で特別対談が収録されている7人制ラグビーの林大成選手のYouTubeにて、著者の井上正幸氏のコーチングを受けております。

FWでもステップを有効に使いゲインする方法

日本でコーチングされてないアシストタックルのやり方

前作『これまでになかったラグビー戦術の教科書』試し読み

カンゼンWEBショップでもお求めいただけます!(税込み¥3000以上のお買い物で送料無料)









この記事が参加している募集

推薦図書

スポーツ観戦記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!
カンゼン
出版社カンゼン公式noteです。 書籍&雑誌コンテンツをお届け。イベント情報、営業部のブログなどもアップしていきます。サッカーを中心に、野球、マラソンなどのスポーツ本から、鳥の写真集シリーズやサブカル本まで様々なジャンルを出版。 http://www.kanzen.jp/smp/