【M1 MAX 14インチ】アクセサリ選びを妄想する日々
見出し画像

【M1 MAX 14インチ】アクセサリ選びを妄想する日々

書店員のすヽめ


ごきげんよう〜♬かんたーです♬

M1 MAXが予定通りであれば来月届きます。少しずつソワソワしてきて毎日のようにAmazonでMacBook Proのアクセサリ関係を覗いては妄想しています。

「どんなアクセサリを購入しようか♬」

YouTube動画を見ては悩む日々…。

今回はそんな私の妄想をご紹介します。


【M1 MAX】購入予定アクセサリ

まずはM1MAXをどのようなスタイルで使用するかである。

私は、毎日持ち運ぶことを考えています。現状、旧型MacBookも毎日バックに入れていますので。

ここで真っ先に必要になるのは…

⒈スリーブケース
⒉プロテクトカバー
⒊スリーブケース+プロテクトカバー

のいずれかであります。

⒈スリーブケースであれば“MOFT”がいいかなと考えています。

スリーブケースでありながら、2段階のスタンド機能付き。これ1つあれば十分と感じるかも知れませんね♫
カラーも5色展開と自分の好みのカラーを選ぶことも可能。


⒉プロテクトカバーであれば2つ候補に絞りました。
1つ目はマットなデザインがcoolなカバー!放熱対策もしていて、お値段もGood♬

10色展開でマットな質感がMacBookを引き立てます。
勿論、リンゴマーク部分はくり抜かれしっかりとMacBookという存在感は演出できます♫



2つ目はBOOK BOOKに似た洋書ケース。
デザインも洗練され、好きです。ただ放熱対策ゼロ!重い作業時は外さなくてはいけません。


ただ私の場合であれば、自宅以外で作業するときは簡素なことばかりなので放熱対策は無視してもいいかもしれません。
自宅作業時の時のみ、ケースを外せばいいかなと。


この洋書ケースに関しては、一緒に購入したいものがあります。それはPC用“マジェックスタンド“


PC用の“マジェックスタンド“は最大18インチのサイズや重量にも対応。
iPad mini6でお世話になっている“マジェックスタンド“。購入するのであればコレが良いかもしれない。
6色展開も素敵な部分♫

自宅では”マジェックスタンド”を使用して放熱対策バッチリで
外出先では洋書ケースに入れ、クラシカルに持ち運ぶ。

案外、同じように使用している方が多くないのではないかなと感じます。



その他、MacBook Proと合わせて欲しいもの

モニターヘッドホン

『オーディオテクニカ』有線無線のオープンイヤーヘッドホンが欲しいです。はい買えませんけど。
最近知ったんですけど、開放型のヘッドホンは音域が広く、高品質な音が楽しめるとネットで見かけ。
※音漏れがするので自宅のみでしか使用できません。


それでも私は以前、購入した「Marshall」のヘッドホンで、自宅や通勤途中で愛用しています。
中高音域に強く、さらにボーカルの声が聞き取りやすい仕様になっています。
ただ力強さに欠ける印象を受けるのですが、デザインは最高です♫

有線接続できますし、とりあえずは「Marshall」で良いかも知れませんね♫


やはり動画編集するのであれば、オープンイヤーのヘッドホンで作業することが良いと動画や記事で見かけました。


外出時はAirPods Proもありますので、やっぱり保留!本当に悩みますね!



アダプタ

小型で2口以上のポート部分があれば十分。持ち運びもiPad mini6とMacBook Pro。充電満タンで出かけてはいますが、一応持ち運び用に購入したいかなと。


合わせて

ケーブル類

Ankerの絡まないケーブルや、3-1ケーブルなど少し考えてみます。今すぐにではなくても、セールなどで狙ってみます。


SSD

今回のMacBook Proは1TBのストレージにしてみました。2TBにしたい気持ちも強かったのですが、プラス44,000円はキツイ!
万が一、必要になったら外付けSSDを購入しようという気持ちで、こちらも追々考えます。


USB-Cハブ

新型MacBook Proはポート類は豊富にあるので、そもそも「Cハブ要らなくね?」と思いつつも便利なものがあれば欲しいですね♬まぁ無くてもいいのかな。


バックパック

ここで悲報です。
実は…dripのバックパックの止水ファスナー部分が少し破損してしまいました(泣)
原因は私の使い方。
常にパンパンに詰め込んでいたので限界を迎えていました。

それでも、まだまだバリバリと稼いでくれるだけの耐久性があるので使用し続けます。(耐荷重性はあるので、見た目以上に頑丈!)

今のところdrip以上のバックパックに出会っていませんが、Apple公認のバックパック“インケース“であったり、シンプルでスタイリッシュなバックパックが欲しいかもしれません。



今週の気になったガジェット


【iPad mini6】キーボード付きケース

1個目はiPad mini6のキーボード付きケース。
ゲーミングキーボードのようなバックライトと、トラックパッド付き!
さらにはめ込むタイプのケースではなく、マグネット式で取り付けになります。ありそうで無かったマジ卍欲しくなったキーボード付きケース。
ただこれを購入してしまうと、色々と面倒になりそうなので。(マジェックスタンドやペンホルダーを剥がすなど)



海外製の”アタッシュケース”キーボード


アタッシュケースの中身がメカニカルキーボード。茶軸です。
茶軸に触れてみたいとキーボード沼は仰られておりますww


公式サイト引用

さらにこのモデルのスイッチであれば、キーキャップの交換もできそうですね♬

「“イケメンすぎるキーボード“を持ち運ぶ書店員!」として浮名を流したいですw
w  何のだよww

ただね…お値段が…
399ドル。
先日、日本円で調べたら…
1ドルが128円という設定で、50000円前後。


公式サイト引用

「HHKB超えやん!」
さらに付け加えると、
「使用頻度、高くならないよね。」と自分自身に購入を控えるよう説得した。


公式サイト引用

ここで購入したら、、、

キーボードが4つ目になる。
いや…購入するなら
据え置きでき、安定感のあるキーボードだったり
分離型に手を出すべき気でないとも感じました…。

私が富豪であるなら、
まとめて10個くらい購入するのですが、現実1個でも買える値段ではありません。

見た目がクールなのですけどね。

誰か
買ってくれないかな。
半年後、
誕生日なんだよねww



最後に

話がMacBook Proのアクセサリ関係から脱線しましたが、いろんなことを考えるだけ今回のMacBook Proに力が入っていました。

ただ購入しただけで終わらすことなく、何か手掛けられるように楽しんでいきいたいと思います。

MacBookあのアクセサリ関係は、自身の気分を上げる物として購入したいと思います。
そこが何かファッションみたいだよねと感じたりも。

この記事が参考になった方や
「かんたーさん。いつも買わないけど…という、購入のフラグ立てますよね」
「かんたーさん。キーボードはファッションの一部ですよ」と
私に賛同してくれる方は、
スキとフォローと、Twitter、Instagramのフォローもよろしくお願いいたします♬


〜それではまた〜



この記事が参加している募集

おすすめガジェット

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
書店員のすヽめ

”あなたの応援“が『私の支え』になります♬

スキありがとうございます😊BiSHは解散しても私は頑張ります!
書店員のすヽめ
日本の片隅で書店員として働いています♫本の事だけでなく、大好きなガジェットの話なども公開中〜♫インスタグラムhttps://www.instagram.comツイッターhttps://twitter.com/pa6681yu