僕たちはまだ

僕たちはまだなんにでもなれる。

果たしてそうかな?
まだなにもしていない僕らは、一方では可能性に溢れているといえるけど、一方ではただ先を見るのを怖がっているだけということもできる。

僕たちはほんとうにまだ、なんにでもなれるのだろうか?

ひとりでいる夜、唐突に不安になる。
僕にはなにができて、なにができないのか?
無性に走り出したくなる。ゆっくり歩いていたらこの夜に取り残されるような気がするのだ。

息が上がり、身体が汗ばむ。
夏の夜の熱気が脇を通り抜ける。

僕たちにはなにができるだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
暇潰し、あるいは教科書に書いた消せない落書き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。