ナカモト レイコ

たくましい子を育てたい大人のための学び舎を開いています。 メールマガジン配信中 https://archive.benchmarkemail.com/--31036---23376-_--20013---20803-

ナカモト レイコ

たくましい子を育てたい大人のための学び舎を開いています。 メールマガジン配信中 https://archive.benchmarkemail.com/--31036---23376-_--20013---20803-

    マガジン

    • オンラインモーニング読書会

      • 89本

      毎週水曜・日曜の早朝に開催しているオンラインモーニング読書会の読書会ファシリテーターたちによる記事です。https://peatix.com/group/2148175 読書会は2016年より280回以上開催中です。

      • オンラインモーニング読書会

        • 89本

    最近の記事

    自分の源泉を探し当てる

    このメルマガを書いている時に、 白馬村のスキー場で花火が上がっていました。 一緒にお仕事をしているベトナム人のアンちゃんは、 この花火をとても楽しみにしていました。 寮から観たかな? 花火って 純粋に人を楽しませることを目的とした、粋な文化ですね。 さて今回は、 「これを出来るようなりたいな」と心に描いたことを 現実にするため歩き続けるには、 自分の「行動を起こす源泉」を探し当てるといい というお話をします。 自分の源泉を探し当てると、 それにまつわる

    スキ
    1
      • 行動力の源泉を知る

        いまお仕事をしているスキー場のレストランでは、 春休み中の大学生やタイ、ネパール、ベトナムから勉強に来ている若者や 世界を自転車で旅している遊牧民などなど、いろんな属性の人が働いています。 一緒にお仕事をしながら その人達の現在に至るまでのお話しが聞けるのが、とても面白いです。 ITを学びたくて日本に来たスラジさんの実家は ネパールの田舎で、農業の他に仕事が無いので出てきたと言います。 「じゃあ実家に仕送りとかしてるの?」と聞くと、 「コロナが大変な時に1回だ

        スキ
        1
        • 夢を現実にしていく、確実な方法

          長野県の白馬村での生活にもだんだん慣れ、 自分の生活リズムをつかんできました。 朝と夕に部屋から眺められるこの景色。   16歳の息子もそのうち保護者なしでもリゾートバイトが出来るようになり、 ひとりでどこへでも行くようになることでしょう。 自分の晩年には、こんなこともしたなーと 懐かしく思い出すだろうなあなんて考えます。 10代の頃から「いつかはこの世を去るのだから・・」ということを わりと意識していましたが、50歳を過ぎ人生の秋の時期を生きるようになった

          スキ
          1
          • 「働く」のとらえ方が変わった幸せ

            ふだんは鹿児島に暮らしているのですが、 ただ今、とある理由から長野の雪国で生活しています。     ひょんなことから雪国暮らし。       きっかけは、   16歳の息子が、 スノーボード(略してスノボー)をしたいと願ったこと。 (さきのオリンピック、スノーボードで優勝した、平野歩夢(ひらのあゆむ)さんをご存知でしょうか。)       雪のない南国鹿児島ではスノボーを出来ない彼は、知人から 「スキー場で働きながら、夜はスノボーがし放題だよ

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • オンラインモーニング読書会

            • 89本

            毎週水曜・日曜の早朝に開催しているオンラインモーニング読書会の読書会ファシリテーターたちによる記事です。https://peatix.com/group/2148175 読書会は2016年より280回以上開催中です。

          • オンラインモーニング読書会

            • 89本

            毎週水曜・日曜の早朝に開催しているオンラインモーニング読書会の読書会ファシリテーターたちによる記事です。https://peatix.com/group/2148175 読書会は2016年より280回以上開催中です。

          記事

          記事をすべて見る
            • 明確さ=パワー【「最強の独学仕事術」第2回開催レポート】

              赤羽雄二さんの著書「最強の独学仕事術」から 仕事をするうえでヒントを得るための読書会、第2回目。 この読書会は 事前に読んできた本の感想を共有するのではなく、 なんと未読の本でもOK!という読書スタイルです。 会のなかで本を読む時間もそんなにとりません。 でも参加者さんは毎回「得るものがあった」と満足して帰られます。 それはなぜか?・・というと 本を読む前に、「自分が何を知りたいのか?得たいのか?」を決めてから その答えを探すように本を読んでいくからです。

              スキ
              5
              • 「最強の独学仕事術」第1回開催レポート

                週替わりでテーマを変えながら開催しているモーニング読書会。 今回私が担当しているのは、 「0秒思考」で著名な赤羽雄二さんの「最強の独学仕事術」という本の輪読です。   衣食住の場である自宅で 家族の声や用事が入り混じりながらの会議や書類作成。   “リモートワークは定着したが、中身は定着していない“ という現状をなんとかすべく書かれたのがこの本です。   先輩のやり方を間近で観察し 仕事の段取りやコミュニケーションのとりかたなどを学ぶ という働き方が出

                スキ
                8
                • ”書くという行為”にまつわる気づき

                  自分の考えを、ブログなど不特定多数の人が知る場へ出していく という入り口に立った頃は、とにかく毎日書くことを自分に課していました。 「自分で決めた”毎日書くという課題”をこなすこと」が一番の目的でした。 が、最近は、 私が書くという行為を通して得たいものは、「言語化しようとする段階において深く気づくこと」が大きいと気づきました。 自分が書いたものを後から読んで感じるのです。 とにかく今日「出すこと」を目的にしていた記事と 何かをきっかけに深く内省したことを書きとどめた記事

                  スキ
                  5
                  • 気軽に冒険を楽しめるのが読書会

                    昨日、剣岳を登る登山家をテレビで見ました。 屹立した崖を登り切って見えるのは、 広大な地平線と太陽。 一度でも足の置き場を間違えると即滑落してしまうほど 危険と隣り合わせの山を、なぜ私たちは登りたくなるのか。 その先に、得も言われぬ素晴らしい景色が広がっているのではないか?という期待を現実に味わいたい欲求を無視できないのでしょう。 私たちがここまで進化を遂げてきたのは、 この欲求があったからにほかなりません。 山登りにおいてそれを実行する人は、わずか数パーセン

                    スキ
                    9
                    • 人を動かす「取り組み方」

                      だいたい物事がうまく進まない時は、 相手に非があるのではなく自分の段取りや伝え方、フォローのしかたがまずいだけ。 伝え方には3段階あり、 それぞれ押さえるべき勘どころがある。 それぞれの段階分けて解説と具体的なアドバイスが載っている 「人を動かす話し方」という本を、読書会の課題本にして3回にわたって読み進めてきました。 1分間でA4サイズの裏紙に、 問いとそのアイディアを一気に書き出す、といった思考のトレーニング法「0秒思考」。 海外にも翻訳され読まれている「0秒思考

                      スキ
                      9
                      • 仮想空間に生きることが現実になりつつあるなか、生身であることの存在意義は?

                        毎週日曜日の早朝に、チームで読書会を開いています。 本日はチームメンバーである中崎倫子さんという方が課題書として提示された 「ビジネスの未来~エコノミーにヒューマニティを取り戻す~」という本を読んで、対話を深める読書会でした。    この読書会の面白いところは、 予め本を読んでこなくていいところです。    短い時間でも、読んでこなくても、そのなかで自分にとって最大限の学びが起きるような読書会設計にしてあるので、満足して帰ることが出来るのが特徴。 本に正解を乞う、という

                        スキ
                        7
                        • 【無謀すぎるチャレンジから得られたこと】

                          とあるご縁から、 本の著者が参加する読書会の進行をさせて頂くことになりました。 取り組む本は、「人を動かす話し方」。 これは赤羽雄二さんという方のご著書です。 赤羽さんはこれまでとてもたくさんを本を執筆されています。 「0秒思考」などは、今この記事をこれをお読みのあなたもご存知かもしれません。   せっかくの機会なので、自分が一番「この読書会から学ぶ人」になろう。 それが、この読書会を開催するにあたって私が決めたことです。    本からの学びを、どこで活かすか?「何かを

                          スキ
                          13
                          • 60日以内に「成長し続ける読書会」を開く方法

                            この記事は、”読書会を開いてみたいな”と思われている方へ向けて書いています。 読書会を開こうと思った動機は?あなたはどんな想いから読書会を開きたいなと思われましたか? 私は、母という人を見てきたからです。 母は、自分の考えを伝えるのがヘタでした。 予想外の出来事、状況の変化に弱く 自分の気持ちを整理するのも得意ではなかったので、 自分の中の混乱をいつも周りの人のせい、環境のせいにし、「もう私を疲れさせないで」と、家族へいろんな”やめてくれ”を強要していました。 思春期

                            スキ
                            16
                            • 【人生の残り時間をどう使う?】第307回モーニング読書会

                              「人生の残り時間をどう使う?」をテーマに、読書会を開きました。    聞くところによると、 私たちがこうしてヒトとして今この世に存在する確率は なんとなんと、400兆分の1だそうです。    そんな僥倖に恵まれているという自覚のないまま、 人生の後半戦に突入してはや数年。    日常の「あれをしなきゃ、これも…」をこなすことにかまけて、 大事なことを先送りにしていないかな。。       たまには立ち止まって 後悔しない命(時間)の使い方を、読書会という形を借りて 皆で考えて

                              スキ
                              5
                              • 愛するとは、「意識を向けること」なんだな。

                                ほこりを被ったバケツを部屋の奥から引っ張り出し、きれいに洗います。 目的は、毎日使っているコップのくすみを取ること。 バケツの中へ、小鍋で沸かしたお湯に重曹を溶かし入れ 7分目ぐらいまで水を張り、いつも使っているコップや皿を入れる。 まだきれいだと思っていた、数か月前に購入したマグカップも。 1時間ほど経ってから、こすり洗いしてみると・・   きれいに落ちる! ここはきれいだよね、と思っていた箇所も ためしに擦るとさらにキレイになるので ああ、汚れていたのか・・と気付

                                スキ
                                4
                                • 【雑談力を上げよう】2021年7月25日読書会開催レポート

                                  参加者11名、ファシリテーター5名の合計16名で 「雑談する力を上げよう」をテーマに掲げて読書会をしました。    このテーマを掲げた理由は、今回進行役を務めた筆者自身、 「雑談は得意だ!」と胸を張って言えないなあ・・と気付いたことをきっかけに似たような思いを抱えておられる方と読書会を開いてみようと思ったからです。    ============== そもそも、雑談ってなんだ? ==============   ・ちょっとした隙間時間に、だれかに面白い雑学を披露することなの

                                  スキ
                                  8
                                  • 「食べ過ぎてしまう」を分析する

                                       自分が片頭痛もちでしたので、「どんな時に頭が痛くなっていたか?」という経験は、豊富に持っています。  その原因のひとつ。「食べ過ぎ」について今回は書いてみます。  シンプルに「食べ過ぎ」。  これだけです。  ・・ということは、「食べ過ぎるのを少し控えてみると、頭痛になりにくくなる」ということでもあります。   「食べ過ぎ」て頭が痛くなるというのは、消化に負担がかかり「もうキャパオーバーだよー!」という身体からのサインです。  そういう時は「昨日、なに食べ

                                    スキ
                                    2
                                    有料
                                    100