カナダ・ロッキー山脈の氷河湖の謎。青き湖の秘密を1分で解説!|1枚の写真から
見出し画像

カナダ・ロッキー山脈の氷河湖の謎。青き湖の秘密を1分で解説!|1枚の写真から

画像1

初夏。ロッキーの山々が最も美しいシーズンです。
高山植物やワイルドフラワーに彩られ、自然にしか作り出せない木々の青さが心地よい、絶好の季節です。

カナディアンロッキーの山は、日本の山に近しいものがあると、私は思います。
スイスの山々に比べると、アプローチに車が必要になる不便さがあるものの、だからこそ、日常とは隔離されたように感じさせる、非日常の空間。

今回の写真は、人気の観光地レイクルイーズから。
普通の観光では見られない、ハイキングをして山に入るから見られる特別な景色です。

写真左に映るのは「レイクルイーズ」。写真右には「レイクアグネス」。
どちらも美しい湖ですが、色がちがって見えるのが面白いところ。

実は、それぞれの湖のある標高がちがうんです。

登山口になるレイクルイーズは標高約1,735m。
レイクアグネスは約2,134m。
この「標高差400m」が、色のちがいを生んでいます。

それに強く影響しているのが、「氷河」です。

この2つの湖は氷河湖。ロッキー山脈の氷河が集まってできています。
氷河から融け出た水は、小さな小さな粒子を含んでいて、そこに日が差すと波長の短い青系統の色だけが反射します。
いわゆるターコイズブルーの氷河湖ですね。

この現象は、湖を見下ろす角度が大きいほど、私たちの目に映る影響が大きくなる。
だから標高のちがいで、同じ氷河湖でも色がちがって見えるんですね。

自然の魅せる景色は、本当に奥が深い!
自然にとっては、今年は思いっきり呼吸をするいいチャンスかもしれませんね♪

~1枚の写真から~
旅先が決まるきっかけは “たった1枚の写真” だったりする
 「この絶景はどこにあるんだろう」
 「この人たちに会ってみたい」
 「ちょっとググってみようかな」
ココロ動く瞬間が、この写真にあることを願って
添乗員さん|旅行情報局
-添乗員歴10年以上の「添乗員さん」が届ける旅情報サイト。「旅を深める情報」や「お得に旅する情報」などを随時発信中!
◆国内旅行
◆海外旅行
◆観光情報
◆トラベル
◆ツアーコンダクター
◆登山
◆バックパッカー
◆旅行好きな人と繋がりたい

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
添乗員さん@旅行情報局

今後も添乗員のホンキにご期待ください😊 いただくサポート、やる気につなげます!

スキありがとうございます!旅できる未来を願って😊
<旅の専門家「添乗員」の旅サイト> -添乗員歴10年以上の「添乗員さん」。「旅を深める情報」や「お得に旅する情報」などを随時発信中! ◆国内旅行 ◆海外旅行 ◆観光情報 ◆トラベル ◆ツアーコンダクター ◆登山 ◆バックパッカー ◆旅行好きな人と繋がりたい