景虎

小説、書評、ルポルタージュ等を執筆。 たった一つの名曲が誰かの人生を変えるように、たった一節の文章が誰かの人生を支えるように、たった一枚の写真が誰かに何かを伝えるように、誰かの言葉が誰かの魂を救済するように、そんな一節を追い掛けたい。
    • 書評

      • 16本

      読んだ本の感想。

    • 名曲紹介・音楽・映画など

      • 7本

      題名そのまま

    • 小説

      • 7本
    • 国家観・歴史観・政治

      • 3本

      ルポルタージュ

固定された記事

魂 (短編・読み切り)

 日常の何もかもが無聊だった。  金曜日の夜、元也は七時に会社を出るとそのままアパートに帰る気にはなれず街中を歩き出した。華金だというのに何の予定もない。週末に…

秘書が見た都知事の素顔 石原慎太郎と歴代知事 / 井澤勇治著

「ワクワクさせられた本」 もしかしたら今年読んだ本の中で、(現時点では)1、2を争うほどの面白さだったかもしれない。  例えば思想哲学や歴史書のような「勉強になる…

【名曲揃い】 Rides In ReVellion

「ヴィジュアル系だから」という偏見のもとに聴かず嫌いをしていたら、それはだいぶ損だと思う。  ヴィジュアル系バンドの曲はどんなジャンルの音楽にも負けないくらい、…

【超名曲・最高のバンド】Versailles

「Versailles-Philharmonic Quintet-」 好き過ぎるあまり、本当は誰にも教えたくないバンド。  いや、すでに十分に有名だが、自分が好きだというのも本当は秘密にしたい…

【名曲】 MUCC 「WORLD」

「歌詞と旋律の見事な親和」 日本語の歌詞の清らかさも去ることながら、〝青〟と〝WORLD〟の発声の仕方が似ていて良い律動を生み出している。  日本語を主に、外来語が少…

横田めぐみさんの拉致現場〜ご帰国を願って〜

 昨日、松野博一内閣官房長官が訪れた場所である。    昭和52年(1977)11月15日にこの付近で僅か13歳の横田めぐみさんが拉致された。  今日で44年。  この場所は、…