栗原 景(くりはらかげり)

1971年東京生まれ、旅と鉄道、韓国を主なテーマとするフォトライターです。少しマニアックな話を、楽しくわかりやすく紹介するよう心がけています。鉄道ダイヤ情報、乗りものニュース、鉄道コム、東洋経済オンラインほか
    • 小学生の鉄道一人旅
      小学生の鉄道一人旅
      • 7本

      鉄道と旅のライターである筆者が、鉄道趣味の世界に入るきっかけとなった、小学生時代の一人旅の歩みをつづります。昭和50年代には、小学生で一人旅をしている人がけっこういました。タイトルは適当、既存の記事も少しずつ修正していきます。

【7】寝台特急「みずほ」の旅は

※写真は2008年の「富士・はやぶさ」  1982(昭和57)年、小学5年生になった。貯金を始めて3年あまり。貯金は2万円を超え、ブルートレイン乗車が、現実味を帯びてきた。…

【6】「あずさ5号」の運転台

【写真】裏辺研究所 Railstation.net  南武線での失敗から半年余りが過ぎ、1981(昭和56)年の夏、小学4年生の夏休みがやって来た。  毎年夏休みには、家族で長野県黒…

【5】床に落ちたいなり寿司

バシャッ 「ああー、ごめんよ」  車窓を見ていた僕が向き直ると、目の前におじさんが立っていた。床には、いなり寿司の折がひっくり返っている。  1981(昭和56)年1…

【4】神奈川4線区踏破の旅へ

 1980(昭和55)年11月30日の「山手線踏破」を成功させたことは、自信につながった。翌週の12月6日には赤羽線池袋〜赤羽間を踏破。年末の12月26日には、武蔵野線府中本町…

【3】はじめての山手線一人旅

 「いい旅チャレンジ20000km」にチャレンジしたい。列車に乗って旅をしたい。国鉄全線踏破を目指したい。  そうせがむ小学3年生に親が出した条件は、ブルートレインに乗…

【2】いい旅チャレンジ20000km

 小学3年生だった1980(昭和55)年9月、祖母から、9歳の誕生日のプレゼントとしてボードゲームを買ってもらった。エポック社の「いい旅チャレンジ20000km」というゲーム…