見出し画像

27歳の経営者が思う「今の自分が学生時代に戻ったらやっておくと良かった4つの事」 ※都度更新

渋谷で会社経営をしている亀井です!

最近、有り難いことに大学生のインターン生とふれあう機会が多いので、今回の記事では、今の自分が学生時代に戻ったらやっておくと良かった事をまとめていきます。

① SNSで発信する。

ビジネス的な観点で学生時代に「TwitterやInstagram、Facebookをもっと活用しておけばよかったな〜」と思ってます。メリットはざっとこんな感じ。

・インプットからアウトプットまでが習慣化する。

・普段会えない人との出会いのきっかけになる。

・起業や就活時に有利に働く。

・仕事がもらえるきっかけになる。

などなど。

ちなみに弊社のインターン生には週に1回はFacebook投稿をしてもらって、日々の自分の変化を投稿してもらってます。僕が新卒採用する会社の人事であれば、FacebookやTwitterはとりあえず見ますからね。笑

② ITスキルを身に着ける。

ふわっとしてるけど、以下のことができるようになれば市場価値が爆上がりするので、個人でも生きていける人材になるかと。できるようになった方はぜひうちの会社に来てください。笑

・プログラミング

・WEBデザイン 

・SEO

・SNSマーケティング

・動画編集

あとめちゃくちゃ重要なのは、

ブラインドタッチ、ショートカットキーをマスターすること!

劇的にPCの作業効率が上がります!PCの作業スピード=仕事の作業スピード なので、今すぐマスターしておくべきかと。社会人で正しいポジションでブラインドタッチができなかったり、ショートカットキーを使いこなせていない人って意外と多いです!

もし毎日の8時間のPC作業が、7時間でできるようになった場合

200日×1時間で年間200時間の削減

そもそもパソコンがなくなる可能性もありますが、これが10年や20年続くと考えると恐ろしい時間になりますよね。笑

あとブラインドタッチって変な癖がついてしまってからだと修正しづらい。。早めに基礎基本をマスターしましょう!!

おすすめ記事:ブラインドタッチのコツ|できない人が1日でマスターする方法|タッチタイピング
おすすめ記事:Macにおける時短ショートカット

③ 他人がやらない事にチャレンジする。

僕が話していて楽しい人は、経験で物事を語れる人。なので早い段階で「チャレンジすることに慣れる」ことはすごく大事かなと思います。さらに他人がしない事ほど、話のネタになるのでぜひチャレンジしましょう!相手の印象に残るような引き出しを作ることができます!

例えば、手持ち0円でヒッチハイク日本一周とか。1日300人にナンパに挑戦してみるとか。10歳以上年上の女性と恋愛してみるとか。彼女を同時に5人つくるとか。面白い角度で世の中にないサービスを作ってみるとか。なんでもいいかなと思います!

④ お金の勉強をする

日本は資本主義社会です。つまりお金がある人が優先されている国家になります。お金が全てではありませんが人生を豊かにするツールとして「お金」はかかせない存在です。

世の中の大半の悩みは、お金によって解決できてしまいます。

そもそもお金とは何なのか?世の中のお金の流れはどうなっているのか?お金の稼ぎ方はどんな方法があるのか?どのようにお金は守ればいいのか?などなど、人生において悩みを減らすためにも、お金について勉強していくといいかと思います。

僕が学生時代の自分に言いたいことを雑多に4つ記載してみました。

今後もメモ程度に追記していく予定です。何かの参考になれば幸いです。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
10
株式会社CAREARC 代表取締役|株式会社F2HConsulting コンサルタント|株式会社Smartlog 編集部|明治理工▷フルコミ営業▷コンサル会社立ち上げ▷大学卒業▷現在。企業の経費削減/火災保険申請ドットコム/飲食店M&A/コールセンターの運営/インターン生募集中!
コメント (2)
はじめまして!私は今30歳ですが、学生だった当時は今ほどSNSが流行していなかったように感じます。なのでフォロワー数よりもアドレスの登録数を気にしてたのを思い出しました!笑
今学生に戻れるのであれば、沢山の出会いを求めて、少しでもフォロワー数を増やして、少しでも多くの人に影響を与えられる土台を作りたいですね。
コメントありがとうございます。すごくわかります。。僕の年代でもギリギリTwitterをやっていたくらいでした。笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。