たけぶち

組織の在り方を増やす / エンジニア/ 釜石 / ①戦略性②着想③個別化④学習欲⑤最上志向 / 小さく早く挑戦・失敗しながら考える https://twitter.com/k_takebuchii
    • 推薦図書

      個人的な推薦図書をまとめています!

    • 失敗について考えるマガジン

      たくさん挑戦する人ほど、うまくいかないことや失敗も多い。失敗から何を持ち帰るかを大事にしたい。失敗について考えるためのマガジンを作ってみました。

    • イベント・インタビュー記事

      イベント・インタビュー記事のまとめマガジンです!

  • 商品の画像

    自分を捨てる仕事術 スタジオジブリ鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド

    この本の著者である石井朋彦さんは、21歳のときにスタジオジブリに入社されました。プロデューサーである鈴木敏夫さんのもとで働き始めた石井さんが、鈴木さんから何を学んだのか?それは「自分を捨てること」で得られる仕事術だったわけです。 僕がこの本に出会ったのも22歳でした。就活の中で「自分らしさ」や「自分のやりたいこと」探しに足掻いていた頃。僕にとっては、どれも深く刺さる内容でした。 そこから鈴木敏夫さん関連の書籍を買い漁り夢中になって読みました。この本には、関連書籍についてのメモも残しています。 いずれにしても「自分探し」「自分らしさ」「自分の生きがい」「自己実現」に対して疑問を感じている方に読んで頂きたい一冊です。 noteにも色々書いていますので、よければご覧ください。 https://note.com/k_takebuchi/n/n7f91cdd712dd
    1,999円
    たけぶち
固定された記事

人生は空騒ぎ。スタジオジブリ・鈴木敏夫に学ぶ仕事術。

「承認欲求」という言葉を発明した人は許せないと思うんです。 ー「禅とジブリ」 (鈴木敏夫 著)ー 見た瞬間にヒヤッとする。 SNS上が「自分」であふれる昨今、こういう…

2年前

建設的な場にするために心がけたいこと

日本最大級のボランティアプロジェクト「ふんばろう東日本支援プロジェクト」が大きくなっていく中、立ち上げ人である西條さんが、参加者に対して【重要:建設的な場にする…

9か月前

クライシスマネジメントの本質 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究

東日本大震災が起きた2011年3月11日。 帰宅手段をなくした僕は、学校の教室で一晩過ごしました。余震の度に目を覚ましながら、夜を明かした記憶があります。 翌日帰宅し…

1年前

本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」

先日、こちらのnoteを読みました。 夏目漱石の小説「門」。 その主人公が住む家の「間取り」を、Marmaladeさんは小説の内容から読み解いたそうです。 正直、今まで考え…

1年前

「書いたnoteをお互いに持ち寄り、感想を伝え合う」#noteを読み合う会レポ

こんばんは。たけぶち(@k_takebuchii)です。 今日は、書いたnoteをお互いに持ち寄り、感想を伝え合う「noteを読み合う会」に参加しました! 他の人がどのようにnoteを書…

1年前

NFTの価値は「所有」ではない

NFTの話を耳にする機会が、増えてきました。 ブロックチェーンによるコピーできない仕組みをつくることによって、デジタルアートにおいても「所有」という価値を創り出す…

1年前