見出し画像

「あなたは手売りする覚悟があるから、きっと大丈夫ですよ」とその人は言った。

知人のつながりから講演の機会を頂いて。こんな僕に講演の依頼をくださるなんてありがたい!と引き受けた。講演時間は60分。テーマは「ふんどしで社会を変える。〜一点突破で作るムーブメント〜」。メッセンジャーで少しだけやり取りして「あとはご自由にどうぞ」と。過去の僕のプレゼンなど聞いてくださっている方なのであの感じであれば皆喜ぶと思いますよと。

そんな風に任せてくださるのはありがたいなあなんて、参加者の詳細もそこまで細かく聞くこともなく準備を進めて。迎えた当日。

新橋の老舗の中華料理屋さんの4階。会場に入ると、あれ? 40代後半〜50代の方が多い。

予想より上の世代の方ばかりで、今さら「どういう会なんだろう」と不思議に思っているとトイレで主催者の方とばったり。

「ご参加される方たちってどういう方が多いんですか?」

「皆、経営者ばかりですよ」

「え!?」

実は経営者だけの紹介制のクローズドな会だった。しかも皆さん敏腕な経営者の方ばかり。「こんな一人会社の、しかもふんどしの話で大丈夫かな、、」と急に汗が出てきた。「しかも、業績も今は・・・」

だれどまあ隠すこともないので準備してきたものをきちんと誠心誠意60分間、お話しさせて頂いた。

「ふんどし」販売に列ができた

講演中、真剣に耳を傾けてくれる皆さん。最後、盛大な拍手をくださっている時、用意していった商品を並べて言った。

画像1

「よかったら今日、この場で買ってもらえませんか?」

過去にこういう場で販売した時、期待しすぎて多めに持っていって、そのほとんどを持って帰るという悲しい経験がある。なので控えめに持参した。話を聞きに来てるのであって、ふんどしを買う予定なんてないはずだ。30名の参加者に対して25枚くらいかな。もちろん多少の売れ残りは持ち帰ることになるかなと予測して。

すると、皆「買う買う!」と小さな部屋で長い列ができた。皆千円札を複数握って並んでくれている。名刺とふんどしとお金を交換しながら「面白い話だった」「絶対広まると思うよ」「応援するよ」「こういうところに持っていったら?」、、たくさん声をかけてもらった。

最後、あと1枚となった時、じゃんけんで負けて買えない人も出てしまった。「えー!もうないの?残ったやつ全部買い占めようと思ったのに、次回10枚まとめて買うから」と言ってくれたり、「そのサンプルでいいから頂戴」と裸のままのものを買ってくれたり、、。

応援してくれること、何よりこの場で買ってくれるということが嬉しかった。大抵の場合、「ネットで買います!」と言ったきり、そのまま買ってくれないことが多いから、、。なおさら手売りで、目の前で喜んで買ってくれる人を前に嬉しくて嬉しくて。


その後、食事しながら、いろんな人とお話しした。

話せば話すほど、皆さんが優秀な方ばかりで、今さらながら緊張してきた。講演内で「今、頑張らないといけない時期で、正直に言うと厳しい状態にある」ことも包み隠さずお話しした。もちろん「これから必ず浮上するので見ていて欲しい」と宣言もした。

それもあってか、経験豊富な皆さんがさらに温かく迎えてくれた気がした。


何度か席替えをして、隣に座ってお話ししたある方に、言われた。


「あなたは、手売りする覚悟があるから、きっと大丈夫ですよ」


「どれだけ苦しくても、社員が皆いなくなって最後の一人になったとしても、自分が自信を持って作って、これが広まったら誰かが健康になるとか、幸せになるとか、信じられるものがある。そしてそれを堂々と目の前の人に伝えて「手売り」ができる。これってとても大切なことだよ。誰にもできることではない。」と。


これまでネットだけでの販売。SNSでの広がりばかり気にしていたけれど、実際に目の前の人に情熱を持って説明し、目の前の人が嬉しそうに買ってくれる。現金と商品を交換しながら会話してお互いお礼を言う。商売の楽しさ、尊さって本来ここにあるんだよなあ。

束になった千円札の厚み、手の感触がそこにある。

覚悟を持ってきちんと目の前の人に伝えていくこと。今までその大切なことから目をそらせてきたんじゃないか。スマートに、少し楽をして展開しようとしてたのではないか。メディアに取り上げられることよりも、もっと大切なことがある。SNSには現れない本来届けるべき人は思っている以上にたくさんいる

そんなことを色々と気づかせてくれました。

SNSやネットの世界で有名でなくても優秀な人はたくさん。自分がいかに狭い世界で一喜一憂していたか。これからの事業の進め方について色々と考え直す機会になりました。

このタイミングでこういうご縁をいただけたこと。こういう気づきがあったこと。必ず今後につなげていきたいと思う。



Twitterでも色々つぶやいてます。



この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!サポート不要です。もし少しでもお役に立てたなら、いいね!とかシェアしてもらえるととても嬉しいです。

とっても励みになります!
18
リラックスウェアとしてのふんどしブランド『sharefun®︎(しゃれふん)』『THE FUNDOSHI™️ with good sleep』展開。『一寸帽子™️お守りマスクプロジェクト』始動。育児のため水戸市に移住。日本ふんどし協会の会長。著書2冊。/4時起き/サウナ/