超隠れ家!フランス人のザックさんがもてなす正座をしない茶席が楽しかったよ@中井 夜咄 Sahan by Zac
見出し画像

超隠れ家!フランス人のザックさんがもてなす正座をしない茶席が楽しかったよ@中井 夜咄 Sahan by Zac

じょいっこ

ザックばらんに
襟を正せば

またまた中井に面白いお店を
見つけてしまいました。

Wウッディ_200919_22_s

謎のポスターを発見!
「フランス人のザックさんが
もてなす正座をしない茶室」
???

検索したのですがまったく
詳細が出てこない。
気になったので予約を取って
行ってみることに。

電話に出たフランス人の
ザックさんが
日本語が片言なので
いまいちどういう内容か
よくわからず・・

画像3

正直当日行くまでちょっぴり
不安でした。

「夜咄 Sahan by Zac」
お店自体は数年前からあるようですが
今年の8月からザックさんが中心となり
新しい体制になったようです。

Wウッディ_200919_3_s

一軒家を黒く塗り
シックモダンな雰囲気に
カスタマイズした外観。

Wウッディ_200919_19_s

小さな入り口からインします。

Wウッディ_200919_109_s

ふぁ~!

画像7

そこには外見からは
想像つかない和の小宇宙が
広がってます。

こじんまりとした空間は
6人入れば満席。

今回は3人で予約して貸し切り。
入り口も空いたままなので
コロナの心配もありません。

Wウッディ_200919_105_s

畳張りでありながら掘りごたつの
要領で足が下せてらくちん♪
立礼という形式なんだとか。

カウンターの中でフランス人の
ザックさんが入ってお出迎え。

Wウッディ_200919_24_s

見た目はかっこいい男性ですが
とても饒舌でおもしろい。

ザックさんは西麻布の二つ星の
フレンチの名店「レフェルヴェソンス」
でサービス係
として働いていた方。

さすが一流店で働いていただけあって
気配りもばっちりです。

3500円コースをお願いしました。
じょいっこ、はじめての茶席にドキドキ。
ザックさんにゆだねて
このひと時を楽しみましょう~。

それではミニ茶会の
スタートです!


食前酒

Wウッディ_200919_99_s

ザックさんがカクテルを作ってくれます。

Wウッディ_200919_94_s

今が季節のいちじくのカクテル。
いちじく、ピンクグレープフルーツ、
テキーラが入ったフルーティーな
一杯です。
カルダモンがアクセントに



先付

セロリとイカのサラダ
レモン味でさっぱりと

Wウッディ_200919_89_s

これ美味しい!!

画像13

ザックさん自身が作っているお料理。
和とフレンチのフュージョンが
楽しい!これは期待が持てます。


煮物

カボチャの餡入り
ラビオリ

Wウッディ_200919_75_s

秋を感じる一品。
甘さはなく、カボチャの
美味しさをラビオリで閉じ込めた
ステキなお料理でした。


焼き物

ピーマンの詰め物

Wウッディ_200919_60_s

一口食べると・・
なんだこれは?!
未体験な味わい。
でも、すごくおいしい!

ツナ、タクアン、
アンチョビ、トマト、
ピーマンのヘタ
などが入っているそう。

レモンの酸味が効いて
お酒が進む味わい


汁物

オニオンスープ

Wウッディ_200919_54_s

普通のオニオンスープとは
一味違います。

じっくり丁寧に玉ねぎを
炒めて作ったスープは
深い甘みがあります。
それに生クリームを加えて
コクが増して、とろっと濃厚。


ごはん

きのこのリゾット

Wウッディ_200919_51_s

こちらも裏切らないおいしさ。
青ゆずがふわんと効いて
通のリゾットと違います。


お菓子

お茶が出る前に出て来る
甘いもの。

Wウッディ_200919_46_s

落雁とゼリー。

Wウッディ_200919_38_s

お茶が出て来る前に
食べるとのことで
一気食いしました。


薄茶

裏でザックさんが立ててくれた抹茶。

Wウッディ_200919_37_s

薄茶という事ですが、
じょいっこにとっては
十分濃いように感じます。

器も素敵です!
野々村仁清さんの作品を
模したものなんだとか。


どれもとっても美味しくて
楽しかった~!

Wウッディ_200919_80_s

一人一杯ずつお酒も追加で
飲んで、一人4500円くらいで
済みました。

これでは採算とれないのでは?
と、ちょっと心配なのですが
これ以外に本格的なコースがあるのと、
これをきっかけにお茶に興味を
持ってくれればということで
破格のお値段みたい。

茶道宗和流十八代宇田川宗光さん
を師に仰ぐザックさん。
宗和流の教えをさりげなく
伝えてくださいました。

正座をせずに
ざっくばらんな気持ちで
楽しみながらも、
お茶の心をさりげなく教えて
いただき、襟を正したような
気持ちになり茶室を後にしました。


画像1

たまにはお茶もいいじゃない
世界の料理を食べ歩けど
世界から日本を見たら
どうなのか?
新たな世界が見えてきた
ザックばらんに
一つになれたら




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
じょいっこ

おかね ください お問い合わせはgoogleフォームからお願いします https://forms.gle/t4oP3u82qpHpv6wN9

ニュー愛
じょいっこ
読んで見て楽しいエンターテインメントな食レポを目指し、カレー、スパイス、世界の料理、愛のポエムを毎日更新しています。