見出し画像

台北で味わう牛肉麺の多彩な魅力:歴史と現在の名店

牛肉麺の起源には様々な説があります。資料によると、最も古い起源は中国の蘭州にあり、「蘭州牛肉麺」として知られています。この料理は清代嘉慶年間に誕生し、独特の風味と製法が特徴です。もう一つの説では、台湾の牛肉麺は高雄市岡山の空軍眷村で四川省出身の退役軍人によって作られたとされています。台湾では、牛肉麺は代表的な料理となっており、清燉牛肉麺と紅燒牛肉麺に大別されます。これに加えて、台南の牛肉湯も台湾を代表する牛肉料理の一つです。香港や広東地域では、牛腩と牛筋を使った「牛腩麺」が主流で、多くの人々に愛されています。

台湾の牛肉麺は地域によって異なる特色を持っています。高雄岡山の空軍眷村が発祥とされる紅燒牛肉麺は、四川省出身の退役軍人が米軍の牛肉缶詰を醤油ベースのスープで煮込んだのが始まりです。台北では、2005年頃から牛肉麺ブームが起こり、「林東芳牛肉麺」や「牛店精燉牛肉麺」といった名店が注目されるようになりました。これらの店は、精緻で独特な味わいの牛肉麺を提供しています。

台湾からアメリカのカリフォルニア州に移民した華僑は、台湾牛肉麺を現地に広め、「カリフォルニア牛肉麺」というブランドが形成されました。一方、香港や広東地域では牛腩と牛筋を使った「牛腩麺」が一般的で、清湯牛腩麺や五香牛腩麺といったバリエーションが人気です。

台北市の捷運古亭駅近くの路地裏にある「林記牛肉麺」は、知る人ぞ知る隠れた名店です。この店は、初期には店名がなく、入口に白いプラスチックの水槽を掲げていたことから、地元の学生たちに「水槽牛肉麺」と呼ばれていました。後に店名を掲げるようになりましたが、湯頭の温潤で濃厚な風味と、柔らかく味わい深い牛肉と牛筋が特徴です。

「林記牛肉麺」の特筆すべきは、「全套」と呼ばれる三味一体のセットです。牛肉、餛飩、卵包が一緒に提供されるこのセットは、台湾では非常に珍しく、満足感が高いと評判です。店内には、牛肉麺に欠かせない酸菜と、自分の好みに合わせて追加できる牛油が用意されています。

「林記牛肉麺」は2019年7月に一時休業しましたが、10月にリニューアルオープンしました。新しい店舗は動線が改善され、以前よりも快適な環境で食事が楽しめます。特に、再開後も変わらぬ美味しさを提供し続けており、多くの常連客や観光客に愛されています。

#台湾旅行 #台湾 #台湾暮らし #台湾生活 #台湾グルメ #台湾美食 #台湾料理 #台湾観光 #弾丸旅行 #海外生活 #海外移住 #台北旅遊 #台北美食 #taiwan #taipei #taiwanfood #牛肉麺 #紅燒牛肉麺 #清燉牛肉麺 #水槽牛肉麺 #林記牛肉麺


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?