見出し画像

面接で落とされる確率を限りなく0%に近づける方法を解説<企業からの注目度アップ>


就活の面接を受けるにあたり、無策で挑むんでも
思い通りの結果を手に入れることはできません。

そこで本noteでは、「面接で落とされる確率を限りなく0%に近づける具体的な方法」を分かりやすく解説します。

・深い企業研究をする
・具体的なエピソードを交えて自己PRする
・志望動機はその企業じゃなきゃダメな理由を言う

例えば、これらは就活において大切な基礎であり、
就活で内定を取れている人なら誰でも実践しています。

すでに就活について色々調べているあなたも目にしたことがある内容かもしれません。

説明会の内容だけを捉えた浅い企業研究ではその会社のことはわかりません。
自己PRも具体的な経験談を交えないと説得力がありません。
その企業じゃないといけない理由がなければ、志望動機とは呼べません。

採用担当者や面接官は、あなたの学歴や容姿だけで内定を出すわけではないのです。

「入社後、活躍してくるのか?」
「内定を出したら本当に入社してくれるのか?」

面接ではこうした部分まで見られています。

だからこそ、これらの基礎は大切です。


しかし、しかしです。

「実際にこれらを意識しているのに面接が突破できない…」
「内定がいっこうに出ない…」

これが現実ではないでしょうか?


「面接で気をつけること」を調べても、

・身だしなみに気をつける
・ドアノックの回数は3回
・面接官の目を見て話す

といったありふれた情報ばかり。


「こんな言葉はもう聞き飽きた」

これが率直な感想ではないでしょうか?


本noteでは、そんなありふれた就活テクニックから一歩踏み込みます。

完全実践型の「面接対策」として、実際に著者自身、また著者の指導を受けた人が内定をとった方法について解説します。

面接で落とされる確率が限りなく0%に近づく理由


この方法が成功しやすい理由は大きく3つ

  1. 多くの就活生がやらない方法なので企業側から興味を持ってもらえる

  2. 志望度や入社意欲の高さが伝わる

  3. あなたがその会社で働くイメージを持ってもらえる


大前提として、面接官や採用担当は想像絶するほど多くの学生と面接をしています。

よほど目立たない限り、記憶にすら残りません。
みんな同じことをしていたら、いないのと同じです。


真っ向勝負で突き抜けられれるガクチカや自己PRができる人以外は
それ以外の方法で企業の目に留まる必要があります。

この方法は、95%以上の就活生はやっていません。

なぜなら以下のような前提、常識、固定観念から抜け出せないから。

・企業に指示された通りに準備すべき
・人と違うことはやりたくない
・みんなと同じことをやっておけばいつか内定がとれる


逆に言えば、だからこそ『その他大勢枠』に入ってしまい、面接が突破できないのです。


記憶に残るためには目立つのが手っ取り早いですが、
とにかく目立てばよいというのもおすすめしません。

逆に悪印象になったり、その目立ち方が面接官の心に響くのかがわからないからです。

一方で、志望度や入社意欲の高さというのは、面接官に刺さります。
「自分の働いている企業に真剣に入りたい人」を嫌いにはなれないですよね。

この方法はさらにその先の「あなたがその会社に入社したらどう貢献してくれそうか」というイメージを採用担当に想起させることができます。

面接官の多くは、その学生が自分の会社でどのように働いてくれるかをイメージします。
そのイメージをこちらからより強烈に作ることができるのです。

「志望度の高い企業の面接を突破する方法」で書いた通り、
私はこの方法を使って、最終的には面接の突破率が80%を超えました。

15社連続で祈られた私が、です。

近しい知り合いや後輩5人も全員志望度の高い企業から内定を獲得しています。

具体的な手順


この手法の具体的な手順は以下のとおり。

  1. 業界の流れや課題、うまくいっている事例などを知る(調べる)

  2. それらを踏まえ、その企業にとって価値があり、なおかつ
    あなたがやりたいことを思考する

  3. その内容を志望する企業へ魅力的なかたちで伝える


1と2は、就活をやっていれば、誰もがやる情報取集や自己分析です。

平均的レベルでできればいいので、簡単です。


この方法のポイントはあくまで3。
1と2をベースにした上で、知っていればできる内容です。


実際、前述の5人も全員できました。


上場企業に内定したN君

私が教えた5人のうちの1人、N君の話をさせてください。

「正直、かなり就活には苦労するだろうな……」

これが私がN君に抱いた率直な感想です。

  • 俗に言うFラン大学

  • 趣味は麻雀やパチンコでほぼ大学の単位はギリギリ

  • バイト経験もコンビニのみ


おまけに、決してイケメンやコミュ力が高いというわけでもないのです。

やはり私と同じように一次面接で大苦戦。

見かねた私はN君にアドバイスすることにしました。

彼の話を聞いていると、就活で色んな業界があることを知り、
徐々にとある企業に興味が出てきていたようでした。

いわゆる、一般消費者向けの商品を扱っており、N君も利用者の1人。
有名ブランドを展開しているので、企業名を聞いたことがある人も多いと思います。

そこで私は、以下をN君に聞きながら、徐々に具体化していきました。

  • その企業で何がしたいのか

  • 業界の中でもなぜその企業なのか

  • その企業や製品に対して思うこと


そうして思考を整理していきながら、以下のステップに落とし込んでいきました。

  1. 業界の流れや課題、うまくいっている事例などを知る(調べる)

  2. それらを踏まえ、その企業にとって価値があり、なおかつ
    あなたがやりたいことを思考する

  3. その内容を志望する企業へ魅力的なかたちで伝える

志望度の低い企業群よりも準備に時間はかかりましたが、
彼は無事にその会社から内定を獲得。

同期の中でも一際目立つ存在になっており、第2希望の部署に配属になったようです。

将来的には第1希望の部署で働くことを目標に、生き生きと仕事に取り組んでいます。

就活は内定を獲得することがゴールに見えてしまいがちですが、
この方法は入社後にもポジティブは効果を発揮できる可能性が高いと言えます。

自己紹介

画像13

あらためまして、ゆきこです。

私自身の就活実績は下記のとおり。

・200社以上エントリー
・70社の面接を経て、第一志望を含む10社内定
・面接攻略特化メディアを運営
・個別コンサルティングやESレビューなど就活生を支援
・1,000名以上在籍する企業の採用支援なども経験

 

「面接で落とされる確率を限りなく0%に近づける方法」を実践する効果

画像5

本noteの内容を実践してもらうことで、以下のような効果が見込めます。

・志望度の高さや入社意欲が伝わる
・「御社じゃなきゃダメ!」という説得力が上がる
・あなたを採用するメリットがダイレクトに伝わる
・面接官や企業側の人の記憶に残る
・グループ面接時に他の人にプレッシャーを与えられる
・業界/企業研究にもなる
・自己分析にもつながる 
・入社後から一歩抜きん出た状態でスタートできる
・その後の転職活動などにも応用できる


面接突破率や内定獲得率が上がるのはもちろん、入社以降に周囲から頭1つ抜きん出た存在になれます。

なぜなら、採用担当や面接官の印象にも確実に残る方法だからです。


本noteがおすすめな人


  • 志望企業群に入社するためにとにかく面接の通過率を上げたい!

  • 内定がゴールではなく、入社後もスタートダッシュを切りたい

  • 人生を左右する就活、後悔しないためにもできることは全部やりたい

  • 学歴やガクチカに不安がある

  • 就活ノウハウコレクターになってしまっている


逆に、以下のような人にはおすすめしません。

  • 他の就活生に勝てる輝かしいガクチカがある

  • 面接での自己PRやトークには自身がある

  • 他の就活生のように正攻法にこだわりたい


面接初心者~面接経験があるけれど思うような成果が出ていない人におすすめです。

とくに、「絶対に行きたい企業がある!」「ライバルが多い!」
そんな人にこそ本noteの内容を知って、実践してほしいと思います。


よく頂くご質問

就活生の方からよく頂く質問を以下にまとめました。

お金がかかる方法ですか?

お金をかけることもできますが、無料でできる方法です。
少なくとも、私と他の5名は個別にお金をかけることはしていません。

実績がないとできないのではないですか?

大学生活やアルバイトなどにおいて、輝かしい実績があるに越したことはありません。

しかし、本書は実績や誇れることがない人に向けた内容になっています。
ガクチカなどで真正面から勝負できない人に向けて書いています。

初心者でもできますか?

はい、私も他の5名もこの方法については全くの初心者、
初めての経験でした。

もちろん、この方法を継続すれば、より上手にできるようになります。

リスクが有るのでは?

取り組み方によっては、リスクになりえる場合があります。
だからこそ、本書には「気を付けるべきこと」として、
注意点も記載していますのでご安心ください。

この方法を見た他の就活生に真似されるといったリスクは存在します。

だからこそ、私自身は「誰よりもはやくこの方法を知って、自分のものにすべき」だという考えです。


本noteの価値

全国の大学生が就活にかける費用は、平均で137,000円だと言われています。
この中には、交通費、昼食/カフェ代、履歴書代、スーツ代などが含まれています。

ただ、これはあくまで平均。

就活に時間がかかれば、15万円、20万円、…とお金はかかります。
中には50万円近くかけている人もいます。

プロの就活コンサルにサポートを依頼すれば、1回3~5万円。

通う人も徐々に増えていると聞きますが、就活塾の場合は15〜30万円です。

もちろん無料の就活サポートサービスもあります。
ただ、無料のため質が定かではありません。

また、企業がお金を払っている以上、あなたではなく、企業側に忖度します。
つまり、就活生側の希望はあまり汲んでもらえません。

個人情報も筒抜けです。

この方法は、可能な限り学生時代の私が手に取りやすい形態としつつも、
最大限の成果をあげられる内容にしたつもりです。

少なく見積もっても10万円以上の価値を生み出すことができるでしょう。

就活が長引けば、貴重な大学生活を無駄にしてしまいます。

私が最初からこの方法を使っていれば、
2、3ヶ月は就活期間を圧縮できたと思います。


逆に知らないでいると、ヨーイドンでその他大勢との
真っ向勝負は避けられません。


人によっては、お金と時間をかけてもいつまでも内定を取れないという状況に陥ります。

私もそうでしたが、自分よりも優秀な人がたくさんいる中で、
いつまでも手応えを感じられない就活はとてもつらいです。

この方法を実践すれば、それだけはやく選考のコマを進めることができ、志望企業への早期内定に繋がります。

就活全体でみたときにかかる金銭的、時間的、
精神的なコストを最小限におさえることができるのです。


それだけではありません。

いくら内定が取れても、志望度が低い企業や給与の低いブラック企業では
すぐ嫌になって辞めてしまうでしょう。

これでは内定を取った意味がありません。

可能な限り、志望度の高い企業に入社できる確率を上げるこの方法は
その後の人生で得られる生涯年収ややりがいにも大きく貢献します。

実際、このnoteでお伝えする内容は、就職活動だけでなく、
転職時なども使える方法です。



このnoteは、買い切りで4,980円とさせて頂きました。


有償としたのには、3つの理由があります。

理由① 就活をしていた当時の自分がお金を出してでも知りたい情報であったこと
理由② 有料でのキャリア・アドバイスの中で教えている内容であること
理由③ 実践して初めて価値のある情報であること
        (無料だと実践してもらえない可能性があること)

とくに3つ目の理由が大きいです。

どんなによい情報でもインプットするだけでは意味がありません。
アウトプットや実践があって初めて状況を変えられます。

無料の情報と比べると、「身銭をきったのだから、少しでも血肉にしよう」という強い意識が働くきます。

この結果、定着率や実行確率が高まることが各種研究でもわかっています。


このnoteを読むよりも1、2次会合わせて5,000円の飲み会に参加した方がいいという人もいるかもしれません。

たしかに、瞬間の満足度は飲み会の方が楽しいでしょう。


しかし、

  • 「志望企業群に入社するために面接の通過率を上げたい!」

  • 「内定がゴールではなく、入社後もスタートダッシュを切りたい
    (内定者の中の落ちこぼれ枠に入りたくない)」

  • 人生を左右する新卒での就活だからこそ、後悔のないようにしたい

という方には絶対にタメになると思います。

飲み会が我慢できるのであれば、”就活のための自己投資”と考えてもらえればと思います。


✓注意点
・面接突破や内定をお約束するものではありません。
・本noteを読んだだけでは、何も変わりません。
 「実践」と「行動」があって初めて価値が出るものです。
・このnoteは5部売れるごとに値上げする予定です。
 現在が最も安い価格のため、早めにご購読、実践いただくことをおすすめします。
・本記事の内容を許可なく第三者へ公開すること、または本記事の内容を転載することは禁止致します。場合によっては法的措置をとらせて頂きます。


ご参考までにこの記事の有料部分の内容を記載致します。
以下のとおり、この方法の効果の高さを説明したうえで、画像などを用いて具体例まで紹介しています。

✅面接で落とされる確率を限りなく0%に近づける方法
✅この方法の効果が高い理由
✅この方法のその他の効果
✅未経験でもできる
✅具体例
✅よくある質問
✅おわりに


なお、本書はnoteの返金機能に対応しているため、実質的なリスクはゼロです。
もし読んでみて「何の参考にもならなかった」「全て知っている内容で実践済みだった」ということであれば、遠慮なくnoteの返金機能をご利用頂ければと思います。


それでは、「面接で落とされる確率を限りなく0%に近づける方法」を解説していきます。



面接で落とされる確率を限りなく0%に近づける方法

プラン

面接で落とされる確率を限りなく0%に近づける方法。

それは、

ここから先は

8,153字 / 10画像

¥ 4,980

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?