最近の記事

固定された記事

“JLDS”のコンセプトと価値

初めまして、 “Japan Life Design Systems” です。 我が社は表記すると長いので、4つの単語の頭文字をとり “JLDS”と表記させていただきます。 私たちは「マーケティングコンサル会社」として企業のマーケティング活動を一貫してサポートし、プロモーションや広告制作に力を注いでいます。 私たちは「ライフデザインカンパニー」ただし、単なるマーケティングコンサル会社ではありません。 上段にもう一つ大きな傘があり、正確に言えば「ライフデザインカンパニー」。

スキ
63
    • "CLUB Marketing"素敵な時間の過ごし方

      今回は私たちのマーケティング事業の一つでもある「クラブマーケティング」についてご紹介します。 取り組みを始めたのは2010年頃。スマートフォンの発売されTwitterやFacebookなどのSNSが一気に広がった時代です。InstagramやYouTubeはまだ登場していませんでしたが、個人の興味軸がSNSによって繋がり、顕在化し始めた頃でした。 私たちは「素敵な時間の過ごし方」をキーワードとして、次々とクラブを立ち上げ、それぞれのクラブに興味あるメンバーとWEBサイトやS

      スキ
      15
      • ”考える”ということ_その2

        皆さん、こんにちは。 カフェ時間を大切にするマーケッター です。 今回は、前回の記事「”考える”ということ」の続きとなります。 我が社、JLDSのマーケティング活動における基盤として大切にしている ”考える”という思考活動をご紹介していきたいと思います。 編集的・構造的な読み方で情報収集&仮説構築 前回の”考えるフロー”ステップ2でご紹介した”情報を編集的に、構造的に読む”ことについて、もう少し触れさせてください。 我々は日々、主体的・受動的に関わらず、ものすごい量の情

        スキ
        20
        • ”考える”ということ

          カフェ時間を大切にするマーケッターです。 突然ですが、皆さんは”マーケティング”ってなんだと思いますか? ネットで検索すれば、それなりの定義はわかったように思えるのですが、 様々な専門用語が飛び交い、流行りの理論が紹介されたりと、どこか捉えづらくフワッとしたイメージをお持ちではないでしょうか? そこで今回と次回の2回にわたって、我々、ジャパンライフデザインシステムズ(略称:JLDS)のマーケティングプランナーが日々行なっている業務紹介を通じてマーケティング理解を図ってみたい

          スキ
          40
          • エディターの仕事について

            私は会社でエディターという肩書で仕事をしています。もともとはコピーライターとして働いていて、途中でより広く世の中を編集していくんだ、ということでエディターという職種に代わりました。 以前の記事でお話したように、基本はチームで課題解決を行います。その中で、私自身がエディターとして醍醐味だと思う仕事内容をご紹介させてください。 1.コンセプトワードを考える 色んな課題を解決する観点・考え方であるコンセプトは非常に大事で、チームを、クライアントを、時に顧客を同じ方向に示す指針

            スキ
            61
            • リモートワーク、私のお気に入り

              うちの会社ジャパンライフデザインシステムズでは、リモートワークを3年以上前から取り入れています。「これからの時代は、場所にしばられず、自由に仕事をする時代だ!」という社長の意向で導入の準備を進めていたので、おうち時間が余儀なくされたコロナ渦でも、在宅作業へとスムーズに移行できました。 皆さんそれぞれ自宅での働き方があるかと思いますが、今回は私のリモートワークで欠かせないお気に入りアイテムをご紹介させてください。 オーダーメイドのテーブルで気分高めて。 私はデスクでなくテ

              スキ
              41
              • 3職種のチームで課題解決へ。

                今回は、うちの会社「ジャパンライフデザインシステムズ/クリエイティブ ストラテジー」での、職種と仕事の進め方についてご紹介します。 基本「プランナー」「エディター(ライター)」「デザイナー」の3職種でチームを組んで、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。 私たちのミッションは1つ!社会や生活者の課題、クライアントの悩みや相談事を解決すること。そのために、3職種が動きます。 マーケット動向や顧客調査をしながら、解決のゴールを設定した上でプランナーが企画を立て、エディター

                スキ
                32
                • あなたが変われば、世界が変わる

                  社会の力、個人の力を引き出すための エンパワーメント・プログラム 今回は、谷口正和の書籍の中から、昨年出版された『エンパワーメント・プログラム』を紹介しようと思う。 本のサブタイトルである「あなたが変われば、世界が変わる」という言葉にあなたはどんな気持ちになるだろう。 「まさか。そんなことはない、一人の力ではこの世界は変わらない」と思う人、あるいは「そうかもしれない。他人の批判ばかりしていないで、まず自分が変わらなきゃ」と思う人。あなたはどちらだろうか。 僕は、正直に

                  スキ
                  26
                  • 時代の先駆者は、常に孤独である

                    繰り返し問い続ける生活者の視点 マーケティングにとって最も重要なのは、顧客の要望軸がどのように変化しているかを把握することです。そして顧客が持つ興味と関心、そして社会の変化を整理・分析して発信することが、マーケティングコンサルタントである私たちの第一の役割であると考えています。 しかし、生活の変化、社会の変化というものは一つの塊としてパッと目の前に現れるわけではなく、極めてランダムな形で、しかも初めはほんの小さな兆しとしてしか現れてきません。 そのため私たちは、日々の生活の

                    スキ
                    53
                    • “Creative Strategy”の約束

                      私たちは、株式会社“Japan Life Design Systems(JLDS)”の“Creative Strategy(CS)”というチームです。 私たちJLDSのコンセプトとバリュー、組織体制などは一回目の記事でご紹介させていただきましたが “CS”は、小売業を中心に「生活者の最前線」で活動する企業をサポート。 生活者との接点が一番多く、「時流」「生活者動向」のアンテナ基地として多くの知見を抱えています。 「時流研究」「生活者研究」を強みとする当社で果たす役割は

                      スキ
                      45
                      • 時流研究のカギ「IMAGINAS」とは?

                        前回、私たちJapan Life Design Systems(JLDS)の他社にはないバリューは、徹底的な「時流研究」「生活者研究」にあると説明させていただきました。 そのコアになるのが、毎週社内で行なっている時流分析会議「IMAGINAS(イマジナス)」というプログラムです。 社内勉強会でありながら、そこで導き出したアナライズをレポートにまとめ、企業の皆様に有料で提供させていただいています。 社内の学習が、売り物にもなっているという、一石二鳥のプログラムなのですが、

                        スキ
                        48