解答数4億問を突破!~新!暗算学習法そろタッチ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

解答数4億問を突破!~新!暗算学習法そろタッチ

 ゲーミフィケーション賢者Lv98の”きっしー”です。

「新!暗算学習法そろタッチの総解答データ数が4億問を突破しました!」という連絡を頂いて、そろタッチの現状が知りたくて、飯田橋の社屋に橋本恭伸さん(株式会社Digika 代表取締役社長)を訪問しました。

4億問

【歴代最速】新!暗算学習法そろタッチの総解答データ数が4億問を突破しました!
https://www.value-press.com/pressrelease/280349


「そろタッチ」は、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法です。5~8歳の子供が毎日「そろタッチ」を進めると、2年間で一生の財産となるそろばん式暗算上級レベルが身につくそうです。


前回教室を見学したのは、コロナ渦前でした。

ゲームみたいに楽しい授業、「そろタッチ教室」を見学 日本ゲーミフィケーション見聞録vol1
https://note.com/jgamifa/n/naad89eb98b77

対面教室も行っていた「そろタッチ」が、コロナ渦でどう対応して、右肩上がりに4億問突破に至ったのかを、お聞きしてきました。


Q. コロナ渦での「そろタッチ」の対応を教えてください。

橋本さん:2020年2月よりオンラインで授業ができる環境を整えて来ました。
最初は、zoomパーティーなどを試して、受講者のネット環境、受講環境を確認しました。
その後、オンライン教室を開始しました。

画像4

元々、そろタッチ教室システムは、iPadを端末とするオンラインシステムとして開発されているので、スムーズに対面教室からオンライン教室に移行できました。

2020年7月には、国内外からそろタッチ学習者、総勢400名・40チームの「そろキッズ」が大集合したオンライン暗算大会が開催されました。
https://www.sorotouch.jp/info/sorofes2020.php

オンラインならではの遠隔から参加できる特徴を活用して、マレーシアなど海外からも数多くの子どもたちが参加できるイベントを開催しました。

新型コロナウィルス感染拡大の状況に鑑みて、対面教室も再オープンし、現在は対面教室とオンライン教室が選べるハイブリッド形式での授業を展開しています。


Q. やはり教室が重要なのですか?

橋本さん:はい。教室生とネット生を比較すると、教室生により高い学習効果があることが学習履歴データからも示されています。

対象が5歳児なのも、教室が重要な理由です。5歳児は、個人差も大きく、さまざまなご家庭のライススタイルもありネットで一人で学ぶことが難しい場合もあります。更に、認知スキル(そろタッチが上達する)だけでなく、教室での他の子どもや先生との関りから、非認知スキル(社会的感情的スキル)を学ぶことが出来ます。


Q. 今後の展望は?

橋本さん:現在、8つの国と地域、160教室(国内では21都道府県)で、7,000人余りの子供たちがそろタッチで学んでいます。

まだ、生徒数の分布は国内9割、海外1割ですが、今後もアジアを中心により海外進出を進めていく方針です。そろタッチの暗算学習メソッドは世界中で通用するものなのです。

はやおきランキング

Q. そろタッチと言えば、テクノロジーに加えて子供たちのやる気を高めるゲーミフィケーションがすばらしいと思っているのですが、ユニークな試みはありますか?

橋本さん:そろタッチアプリ内やウェブページから、”毎朝更新!そろタッチランキング”を見ることが出来ます。
https://www.sorotouch.jp/about/ranking.php

毎日、子供たちはこのランキングを楽しみに見ているのですが、例えば、朝の学習習慣をサポートする「はやおき」のランキングがあります。


このランキングは、朝6~8時にそろタッチを練習した子供たちが掲示されます。今朝だと、1,442人が朝早くから練習しています。6時ちょうどには53人もいて、その前からスタンバイしている様です。ラジオ体操と同じように、朝の学習習慣づけを目的として、朝参加した子供たちをウェブ上に掲示することにより、やる気を高めています。


 なるほど、まさにゲーミフィケーションの仕掛けです。
話が盛り上がって、2時間近くも橋本さんとお話をしてしまいました。引き続き「そろタッチ」の活躍、ゲーミフィケーションの活用に注目していきます。
(おわり)

#jgamifa #gamification #ゲーミフィケーション
#ゲーム要素 #モチベーションアップ #ゲミー
#日本ゲーミフィケーション協会 #そろタッチ #そろタッチ教室 #橋本恭伸

執筆:岸本 好弘(日本ゲーミフィケーション協会 代表賢者Lv98)
https://jgamifa.jp/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見てください!
「世界を神ゲーに!」 日本ゲーミフィケーション協会は、日本中にゲーミフィケーションを広めて、 楽しみながらやる気を生み出せる社会の実現を目指しています。ここでは、ゲーミフィケーション講座、イベントのお知らせ、コラム、探訪記などをUPしていきます。