見出し画像

5800mの山に登る前に2000mの山に登る。

9月にキリマンジャロに登るというのに、ここ最近対して山に登っていなかったので、リハビリ&トレーニング&装備検証がてら、8月19日~20日で雲取山へ初めて登ってみた。

高度が違いすぎるので防寒系は検証できないけど、登りながらあったほうが良さそう装備を考えられればと。

今回は、鴨沢→七ツ石山→雲取山→雲取山山荘(1泊)→白岩山→三峰というルートを選択。

1日目は7時間、2日目は4時間半(共に休憩含む)という行程でした。


いやぁ、、、


疲れた、、、予想以上にハードだった、、、



1日目、2日目共に急勾配が多く、体力の消耗が激しかった。ただ、疲れたけど山はとにかく最高でした。


まずは山小屋。今回はこちらに泊まりました。

8月ど真ん中という猛暑日だったからか、とても空いていて、8畳の個室を4人で貸切できた。最高かよ。

今まで山小屋で泊まると、狭いスペースで寝袋に入って隣の人に気を使いながら、みたいな事が多かったので、あまりの快適さに感動した。登山開始から7時間、疲労困憊だった身体をゆっくり休めることができました。


翌日、山小屋の前からのご来光は曇り空から残念ながら拝めず。でも雲に隠れた光も趣があって素敵。


登山中、残念ながら頂上付近は霧が濃くて抜群の景色!とまではいかなかったけど、頂上付近の尾根を歩くのは最高に気持ちよかったし、

間近でサルや鹿にも遭遇したりと、

いろいろな山の姿を満喫できて、楽しい登山でした(めちゃくちゃ疲れたけど)

最後、帰りに寄った西武秩父駅直結の温泉「祭り湯」がとんでもなく居心地良かったので、下山後は是非。登山後の温泉ほど最高なものは無い。


で、肝心のキリマンジャロに向けた検証は、主に3点。山登る人からするとむちゃくちゃ基本的なことだけど、久しぶりに山登って改めて大事だなと思ったのでメモ。

携行食の充実
糖分や塩分を簡単かつ美味しく食べれる携行食大事。ましてやキリマンジャロは5泊6日、現地の食事が口に合わなかった可能性も考慮しつつ、量やエネルギー効率ももちろん、美味しさも重視して、吟味する。

デジタル機器の充電
キリマンジャロ登山でも、カメラはスマホを使う予定。後Gopro持参予定。でも登山中は充電負荷なので、モバイルバッテリーをどうするか。2~3台は持参する予定だけど、あと1台、ソーラーバッテリーを持っていくか迷い中。雲取山でもメンバーが持ってきていたけど、うまく充電できていなかった。天候&性能&充電方法がネックか。色々調べてみよう。

いまんとこ気になっているのはこれ。

収納性の高い装備
アウターやインナー、フリースはもちろん、ストックやライトまで、なるべくコンパクトに収めたい。ストックも雲取山では持参したものの、使用せず。あまり収納性も良くないためただ邪魔な状態に。そういう意味でもコンパクトに収めて邪魔にしない装備を用意。問題は、収納性の高いギアは値段も高いってこと。。

とりあえずストックはこれ買ってみた。


後はもう本番まで登山予定はないので、アウトドアショップ行ったり調べたりして準備を進めよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
趣味は趣味を増やすこと、を心の真ん中に置いて生きています。増えすぎた趣味の活動記録を残す自己満足の場としてnoteを使っていきます。noteによって振り幅が激しくなる予定なので、興味がある内容だけ気が向いたら覗いてもらえるととても喜びます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。