ポメラいつし

月から金の朝7時に連載小説をアップしてます。すぐ読める朝の4コマ小説です。ベタでグッと来るほのぼのとしたお話を書きたいです。笑ったり泣いたりしてくれたらうれしいです/現在小説7作目連載中/毎日note365日達成/サッカー3級審判/好きなバンド「怒髪天」
    • 【小説】アンドロメダから僕は来た

      • 49本

      アンドロメダ銀河から地球にやって来た僕は、UFOが故障して四国の山奥に不時着した所を、ポツンと一軒家に住むじいちゃんに助けられた。現在連載中。

    • 【小説】かのうの社

      • 39本

      願いは叶うものなのか、この古びた社には様々な者達が沢山の願いを置いていく。かのう神社の神様、かのうさまが皆の願いを叶える手助けをするお話です。

    • 【小説】少年時代

      • 109本

      小学生のポンタが繰り広げる、笑いあり涙あり、ほのぼのとした少年時代アルアルの物語です。

    • 【小説】下宿あだち

      • 53本

      高校生のポンタが住む事になった下宿あだち、部屋は昼間でも日の当たらない真っ暗な部屋だった、下宿の住人達、恋、親との確執、昭和ノスタルジー溢れる物語です。

    • 【小説】九本足のタコ

      • 34本

      明石の海に暮らしていたタコのオレはタコ壷漁に掛かり海鮮料理屋の生簀にいた。料理されるすんでのところで少年きょうすけ君に助けられペットとして飼われる事になった。きょうすけ君はオレにタコ造と名付けた。タコ造ときょうすけ君の友情物語です。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

自己紹介と作品紹介

皆さんこんにちは! ポメラいつしです。 自己紹介と作品紹介です。 昨年6月にnoteを初めて連続投稿365日達成しました。 noteを始めた一番の理由、それはズバリ小説を書…

小説 アンドロメダから僕は来た(全文)

地球人はロケットと言う激しく炎を噴出する危険な乗物に乗って、命懸けで大気圏から少し飛び出ただけで、宇宙に行ったと喜んでる。 でも、そこは宇宙とは言わないよ。ただ…

連載小説 アンドロメダから僕は来た(最終回)

じいちゃん、おばあちゃん、ただいま!僕は懐かしいじいちゃん家の玄関をガラガラと勢いよく開けて言った。 おかえり、よう来たのう、とじいちゃんとおばあちゃんが出てき…

連載小説 アンドロメダから僕は来た(44)

僕達はベランダで夜空を見上げていた。僕と真夏ちゃんの間には僕達の愛する小ちゃいベイビーがちょこんと座っている。遥か彼方には星粒の様な天の川銀河が見える。 じいち…

連載小説 アンドロメダから僕は来た(43)

そして僕達は無事にアンドロメダに帰る事が出来た。真夏ちゃんとはその後どうなったかって、気になるかい? 真夏ちゃんは今家に居ない。え、別れちゃったのかって、フフフ…

+2

連載小説 アンドロメダから僕は来た(42)

僕と真夏ちゃんはUFOに乗り込みコクピットに並んで座った。アンドロメダに向けて出発の時が来た。座席が一つのUFOにじいちゃんは真夏ちゃん用の席を食卓の古い木の椅子を改…