板倉俊之

インパルスの板倉俊之です。 執筆もやっております。 『トリガー』 『蟻地獄』 『機動戦士ガンダム ブレイジング・シャドウ』 『月の炎』など。
    • 板倉ひねくレポート
      板倉ひねくレポート
      • 9本

      当然を破壊することは罪なのだろうか。 たとえそうだとしても、私は真実を追いつづけるだろう。

    • 板倉微風雲録
      板倉微風雲録
      • 19本

      実体験を元に書いた回顧録集。

「目尻」という表現はひどすぎやしないか。

目の外側の端を指して「目尻(めじり)」という。 これは決して、笑うなどしてしわができた様子がお尻っぽいからではないらしい。 始まりを「頭」、終わりを「尻」と呼ぶ…

渾身の力作

悲しい目に遭わないのが一番だが、ときにその体験が、味わった悲しみ以上の喜びをもたらしてくれることもある。 ――――――――――――― 今年こそ、工作で誰よりも目…

名物女将の旅館

貶(けな)されれば落ち込み、褒められれば嬉しくなるのが人間だ。 しかし、褒められて落ち込む場合もあることを、僕は知っている。 ―――――――――――――――――…

謎の発光体

不思議な光を目撃したという人は大勢いる。 じつは僕も、そのうちの一人だ。 それを見たのは、もう十年以上も前のことだ。 漁港での撮影が終わり、僕はロケバスに戻った…

「グレープフルーツ」というネーミングはひどすぎやしないか

世の中にはたくさんのフルーツが存在する。 リンゴ、メロン、キウイ、レモンなど、それぞれに名前がつけられている。 その中で明らかに浮いているのが、グレープフルーツ…

「いまのちょっと面白い」の「ちょっと」は必要か?

ここ数年、誰かが気の利いた発言をしたとき、 「いまのちょっと面白い」とか言ってしまう人を目にするようになった。 「いまの面白い」ではいけないのだろうか? 「ちょ…