板倉俊之

インパルスの板倉俊之です。 執筆もやっております。 『トリガー』 『蟻地獄』 『機動戦士ガンダム ブレイジング・シャドウ』 『月の炎』など。

あるクリスマスの日

その年の12月24日、仕事を終えた僕は、深夜に帰宅することとなった。 クリスマスに何かを求める年齢ではなくなっていたが、心の中に虚無感に似たものがあるのも確かだ...

あるハロウィンの日

「ああ、今日はハロウィンか……」 深夜に帰宅した僕は、当時住んでいたマンションのロビーで呟いた。 カウンターの上にカボチャを模した皿があり、それが目に入ったこと...

元祖消費税の混乱

これはちょうど30年前、僕が小学6年生の頃の出来事だ。 僕は当時、近所にある英語の塾に通っていた。もちろん行きたくなどなかったのだが、小学校の友達もいたことと、...

特別な一万円

駐車場に停めた車の中で、僕は絶望していた。 雨の中スーパーに来たというのに、財布を忘れたことに気づいたからだった。 僕は思い切りシートに背をもたせかけ、ため息を...

「さんすうのじかん」

こちらのコント内の教科書部分をつくりました。 初の有料記事となります。 文字で読みたいという方はぜひ! 「たのしい算数」 マモルくんは200円を持っておつかいに...

300

『進撃の巨人』語り

「note」をはじめたからには、一度は「お題」に挑戦したいと考えていたところ、「進撃の巨人10周年」というテーマが出題されたので書こうと思いました。 作品を知ったの...