磯野真穂|人類学者

『ダイエット幻想ーやせること、愛されること』、『急に具合が悪くなる』(with 宮野真生子)、『医療者が語る答えなき世界ーいのちの守り人の人類学』、『なぜふつうに食べられないのかー拒食と過食の文化人類学』 https://www.mahoisono.com

「大切な命」というスローガンへの違和感

生活の中で背負った役割を全部下ろし、ただそこに在ること。そこで偶然誰かと出会い、言葉を交わすこと。いまであれば不要不急と切り捨てられるそんなことが、生きることに…

「ダイエット幻想」書評/インタビュー 一覧

2020年2月7日 torus  (聞き手:水野梓) 転載:Forbes 2020年1月5日 読売新聞 (評:宮部みゆき) 2020年1月5日 信濃毎日新聞 (評:内田麻里香) 2019年12月1日…

  • なぜふつうに食べられないのか: 拒食と過食の文化人類学

    磯野 真穂
  • 医療者が語る答えなき世界: 「いのちの守り人」の人類学 (ちくま新書1261)

    磯野 真穂

コロナ以外の記事を出したいが、コロナ以外の記事はほとんど読んでもらえない、というジャーナリストの苦悩を耳にする。

民を助けたい王様

民を助けたい王様 ーせいしゃくしゃいちらんー 原作:かん (@kanrooom ) 四字熟語:おさ旦那(@osadanna ) 絵・妄想:いそのまほ(@mah…

アドバイスの9割は、「あなたは私のような努力をしていない」、「私のほうがあなたより苦労した」といった、アドバイス側の”隠れ自慢”と”隠れ自己肯定”。

これに気付いてから、良いアドバイスと、そうでないそれの区別が秒でできるようになった。逆に、残った1割は神言だから宝物にすべし。