日本、コロナの次は○○○本当にヤバい。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本、コロナの次は○○○本当にヤバい。

猫鍋@中学生ブロガー 

皆さんこんばんは猫鍋です。

【今回は、3つのことを紹介します。】

この記事は有料記事はですが、その分の価値はあります。

後半は、ペットの命に関わることも紹介しています。

集団免疫にとデルタ株。

あらかじめ言っておきますが集団免疫の実現は難しいです。

また、感染力の強いデルタ株が流行している以上、ワクチンが感染を減らす効果が長続きしません。

集団免疫を獲得するには大きく分けてワクチンの効果ウイルスの感染力の2つです。

ここで、集団免疫について軽く話します。

人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなる状態のことです。
集団免疫では感染予防の効果が重要です。

ウイルスの感染力を示す基本再生産数(RO)が従来の新型コロナウイルは2前後だったがデルタ株はでは8と極めて強い。

基本再生産数には、誤差があるが風疹(5〜7)やおたふく風邪(4〜7)と同じ程度。


画像1


接種率が8割以上でも……。

新型コロナウイルスの従来型の基本再生産数は2〜5程度で仮に基本再生産数が2.5だとすると接種率の目安は60%これが当初、接種率が6〜7割と言われてきた根拠です。

また、デルタ株の基本再生産数が5だと接種率の目安は80%になります。

だが、このワクチンの効果は100%。だが実際100%もの効果があるワクチンなどありません。

ここでもう一度振り返りましょう。

集団免疫では、いかに他人に感染させないかが重要です。

そのため、ブレイクスルー感染をしても、他人へ移さなければ二次感染を防ぐことができ、感染拡大を防ぐことができます。

デルタ株に二次感染予防する効果のデータはほとんどなかったが英国のオックスフォード大学などが英国での分析をまとめ論文にし9月に発表した。

ファイザー製ワクチンの接種後にデルタ株に感染した場合、二次感染を65%減らす効果があった。
しかし、2回目接種から12週間経つと効果は大幅に低下した。


感染や二次感染うぃ減らすワクチンの効果は時間経過で低下してしまいますが、両方の予防効果を加味すると、接種完了後、しばらくは感染拡大を防ぐ効果は90%ほどあるそうです。

デルタ株での接種率は89%で12歳以上のほぼ全員が接種するという計算で現実的ではない……。

ワクチン重症防止に効果あり。

接種率が8割以上のシンガポールでも行動制限を緩和した後にも感染者が増加しました。

ですが、集団免疫を獲得できなくても接種を推進するのは重症化を防ぎ、医療提供体制への負荷も小さくなります。

日本はワクチン接種率が比較的に高い状態であり、マスク着用や三密回避、手洗いなどを続ければしばらくは感染を抑えれると予想されています。

しかし、ワクチンの効果は次第に落ちていき、緊急事態宣言が解除され人の行動が活発になり感染者がまた、増加するのは時間の問題です。


では、次にいきましょう。

画像2

日本沈没ならぬ日本エキノコックス。

最近、日本ががコロナ以外でピンチ!だということを知っていますか?

愛知県の知多半島でエキノコックスが確認されました。

エキノコックスは一生で二つの宿主を必要とし、成虫はキツネやイヌなど主にキタキツネに寄生しています。

この続きをみるには

この続き: 2,306文字
日常で、「ふと思うこと」や「なぜそうなるの?」など雑学系の記事です。 雑学などが好きな人にピッタリ、明日から話せる便利な雑学! きっとあなたも、生活が楽しくなるはず!!

皆さんの生活の「ため」になる情報を発信します。 有料記事ということもあり、少し高めですが、読む価値はあると思います。 雑学などが好きな人に…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
猫鍋@中学生ブロガー 
中学生のブロガーです。 雑学や日記を投稿しています。 今年の目標は一つ資格を取る!😤