見出し画像

夢はでっかく根は深く

根が深くなるのは、
失意の時であり、逆境の時であり、
不遇の時である。

それが、大きければ大きいほど、
根が深くはられる。

だから、もしも大きな夢を
実現しようとするならば、
大きな困難も仕方がない。
喜んで受け入れよう。

でも、たいした夢もなく、
そこそこで楽したいって、
そんなふうに思っているのに、
次々と厳しい試練が来るのは、
いったいどういうことなんだ。

普通でいいのに、平凡でいいのに、
なぜ自分だけ、波乱万丈なんだって、
いつも自問自答していた。
そんな自分だったんだ。

でも、試練続きで、自分が削れてゆくと、
自分の夢の大きさが理解できてきたんだ。
こんな夢ならば、根がかなり
深くなきゃならない。
そんなふうに感じて、府に落ちたんだ。

とにかく根を深く深くはるってことなんだ。
中途半端じゃ覚束無い。
とことん、苦労して這いつくばって、
謙虚にならなくちゃならない。

そんな人生になるんだって、
つまりはそういうことなんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お読み頂き、ありがとうございます。
1
札幌にて15年間中学校教師として勤務。青年海外協力隊参加を機に退職、ウガンダ共和国にて2年間、青少年に野球指導を行う。指導したウガンダ高校生は、2008年に札幌ドームでの親善試合に招聘された。著書に「日本人という生き方」が ある。㈱インディヴィジュアル 代表取締役