見出し画像

目標が見えなくなるというコト

目標が見えない。
そんな時は、不安になる。

自分の方向性も、自分の歩みの評価も、
目標がなければ、見えないし、はかれない。
それが、とっても不安なんだ。

でも、目標が見えないのは、
無目標というわけではない。

今掲げている目標が、言語化できない、
数値化できないから、困っている。不安になっている。
そんなわけなんだ。

だから、目標が見えない時は、
目を凝らして見ようとするしかない。
見えないならば、仕方がない。
感じるほうに、匂うほうに、うまそうなほうに、
視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて
進むんだ。

そうやってとぼとぼでも、
クダクダでも、這いつくばってでも、
歩んでゆけば、
だんだんカタチが見えてくる。

見えない目標が見えてくる。
そんな瞬間に気づくんだ。

決して無目標だったわけじゃなく、
目に見えない、数値化できない無形の目標を
追っかけていて、それが実現できたんだってこと。
つまりは、そういうことなんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お読み頂き、ありがとうございます。
1
札幌にて15年間中学校教師として勤務。青年海外協力隊参加を機に退職、ウガンダ共和国にて2年間、青少年に野球指導を行う。指導したウガンダ高校生は、2008年に札幌ドームでの親善試合に招聘された。著書に「日本人という生き方」が ある。㈱インディヴィジュアル 代表取締役