見出し画像

独学1年以内でIELTS 7.5を取得する方法

留学する際に最初のハードルになるのが英語試験(IELTS / TOEFL)です。

Oxford MBAの出願には IELTS 7.5 (各7.0以上)TOEFL110 (L22, R24, W24, S25)以上 /というスコアが必要とされます。恐らく世界一厳しいと思います。

そこで、受験生の参考になればと思い、僕の勉強法を紹介します。

IELTSはとても素直な試験で、勉強すればするほどスコアが上がりました。

勉強は楽しかったです。

予備校に通うと50万円以上かかりますが、IELTSは独学で十分だと思います。

※勉強方法は人それぞれですので、もし参考になれば幸いです。

1.前提

・勉強開始時のスコアはIELTS 6.0(TOEIC換算740-820、英検準一級相当)
・3か月でIELTS 6.5取得(TOEIC換算820-870)
・5カ月でIELTS 7.0取得(TOEIC換算870-970、英検一級相当)
・11カ月でIELTS 7.5取得(TOEIC換算970-990)
・1日の勉強時間は2時間程度
※TOEIC換算は目安であり、TOEICとは比較にならないほど難しいです。

2.総勉強時間

・611時間

3.勉強法(総論)

まずは過去問です。
Cambridge University PressのIELTS XXシリーズ(Academic)を最新のものから3つ買って解きました。

試験科目はReading, Listening, Writing, Speakingの4科目ですが、その基礎となる「単語」を加えて5科目という感覚で学習していました。

それぞれ僕がどのように勉強したのか(どのように勉強しなかったのか)を紹介します。

4.単語

使用教材は以下の2つです。

紙(本)の英単語帳「実践IELTS英単語3500」とアプリ「iKnow!」を併用していました。

実践IELTS英単語3500」は7周やりました。

紙の良いところは書き込めるところです。
仕事の日もプライベートの日も常にカバンに入れて、通勤時間などの隙間時間で暗記していました。

iKnow!」は脳科学に基づく学習プログラムで効率的に単語暗記ができます。間違えた単語を繰り返し出題してくれるので、覚えやすいですし、発音も同時に覚えられるので、とても便利です。

単語暗記は毎日30分でもいいので、毎日やって習慣化することをオススメします。

DMM英会話の有料会員であれば無料で利用できます。


(やらなかった勉強法)

・自分で単語帳を作る
・単語を紙に書きだす

上記は、「作業」であり、自己満足に終わることが多いと思います。
僕は非効率だと思ったので、やりませんでした。

5.Listening

BBC 6min Englishを毎日24分シャドーイングしていました。
それだけです。
テーマも面白いですし、毎週更新されるので飽きません。
スマホ用のアプリもあります。
どうしても分からないときだけスクリプトを見てました。

毎日24分シャドーイングというのは、実はかなり大変です。
最初は全然できなかったですし、脳みそがフル回転して、ぐっと疲れます。
毎朝12分、毎夜12分やってました。

IELTSのListeningで高得点を取るためには、集中力が必要になります。
シャドーイングで1単語たりとも聞き逃さない訓練をするとリスニング力が飛躍的に上がるのでオススメです。

慣れてくれば、あとは習慣化するだけです。

安定した得点源になりました。

8.5/9.0取れました。

※注意点

BBCはイギリス英語ですが、IELTSは必ずしもイギリス英語が出題されるとは限らないので、他の国のアクセントにも慣れておきましょう。
特に僕はニュージーランド訛りが苦手でした。

(やらなかった勉強法)

・映画、海外ドラマを観る
・英語聞き流し
・ディクテーション

どうしても勉強のモチベーションが上がらないときに映画や海外ドラマを観るのは良いと思いますが、試験対策という意味ではあまり効果的ではないと思います。
ディクテーションも時間がかかるのでやりませんでした。

6.Reading

Readingは過去問をやり込むだけで十分だと思います。
努力が点数に反映されやすい科目だと思います。
普段から英文(ニュースなど)を読む習慣をつけると良いと思います。

安定した得点源になりました。

Readingは8.0でした。

7.Writing

Writingは点数が上がらなくて苦労しました。

使った参考書は「IELTS スピーキング・ライティング完全攻略」です。

ライティングは独学ではなく、プロに見てもらった方が効率的に勉強できるかもしれません。

Writingで7.0取るのは大変です。

8.Speaking

Speakingも上記「IELTS スピーキング・ライティング完全攻略」を使いました。

また、DMM英会話でIELTS対応の先生にお願いして頻出問題を練習しました。先生はとても褒めてくれるのでモチベーションは上がりますが、厳しいフィードバックを求めて、改善していくと効率的だと思います。

頻出問題50問くらいは毎日お風呂で一人で練習してました。
日本語で聞かれてもすぐ回答できないような質問もあるので、あらかじめ回答をある程度用意しておくとスムーズです。※丸暗記はNGです。

Speakingは7.0でした。
面接官や問題との相性もあり、運の要素もあると思います。


以上、独学1年以内でIELTS 7.5を取得する方法でした。

諦めなければ必ずスコアは上がります!
がんばってください!

(追記)
オックスフォードMBAの日本人学生の中には、IELTS8.5や8.0の人もいます。IELTS 7.5は最低限必要なスコアです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いします!
38
英国オックスフォードMBA留学生/ 社会的インパクト投資家 / 公認会計士

こちらでもピックアップされています

IELTS
IELTS
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。