人間は考えて初めて成長出来る生き物である。

どうもこんにちは。私は都内のIT会社で営業をやっているしがないサラリーマンです。あまり自分を卑下にした自己紹介はブランディングに良くないと思いますが、私のような人にこそ色々と届いて欲しいと思い、noteなどを書いています。

なので、バリバリ既に知識や経験があって自分の考え方や生き方が確立している方にとっては退屈な文章になってしまうと思いますので、ご容赦ください。

さて、今回のテーマは「成長」というテーマで書いていきたいと思います。

人間は成長していくべき生き物である。そして成長には努力が必要である。とかそういった言葉をよくSNSや何かしらの本に書いてあったりしますよね。この言葉って非常に私自身薄っぺらいなと思ってたりします。

正直ね、今の日本人含め、世界の人が成長しなくちゃと思っている人がどれくらいいるのかって話にもなってくるんですよ。

私自身、成長したいという欲はもちろんあります。でも人間とは成長していく「べき」生き物だと断定してしまうのは良くないと思うんです。世の中には「成長」とは違う概念で楽しく幸せに生きている人もいます。つまり現状維持や必要最低限の生活で十分な幸福感を得られるわけですね。かつての私がそうだったと思います。手取り16万円の給料でしたが、お金のことなど気にせずどうやったら楽しめるかだけを考えていました。

思い出せば大学生の時もお金が無いけど、遊びたい。そんな時に友人と1日で自転車でどこまで行けるのかなどと自分の足でペダルをこぎ続けたという経験もあります。

でも社会人になってしばらくすると色々な方と出会い、凄くお金を稼いでいる人や自分の好きなことを仕事にしている人に刺激を頂きました。そこで自分自身ももっと「成長」しなければと初めて感じた訳ですね。

でもこの「成長」がしなければという概念に変わると人間はただただ不安になり心が苦しくなります。要は「成長」の仕方が分からないのです。

でも形のないプレッシャーが襲ってきます。「成長」しないと将来やばいよという根拠のないプレッシャーが襲ってきます。私はそれでだいぶ自分を追い込んで苦しくなりました。もしかしたらそういった方もいらっしゃるかもしれません。でも大丈夫です。「成長」って人それぞれなので、焦る必要はないです。「成長」しなくても死にませんから。「成長」という枠に縛られた方がよっぽどつらいです。

「成長」に関して上記の前提があるということは忘れずにいてください。

そして最後になりましたが、私は「成長」したいと思ったら必要なことが常に考えるということだと思います。何かの知識をインプットするだけでは「成長」とは言えません。そのインプットされた知識をなぜそうなのか?そうなる理由は何なのか?そもそも何のためにと考え続けるのです。それが答えが出ない問いでもいいのです。その頭の中でしっかりと「考える」という行為が非常に大切だと思います。

ということを書きたかったのですが、だいぶ長文になりました。

また適度なタイミングで書いていくので、ぜひフォローやスキ押してくれると嬉しいです。

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。是非、フォローして頂けると嬉しいです。
8
新卒で旅行代理店へ入ったが、激務の中、自律神経失調症になり、退職。マインドセット、回復へ。営業マンへ転身し、200名程いる営業マンの中で1位の成績を残す。月収200万到達。今は、WEBマーケティング周りの営業を行いながらブログやYouTubeやnoteで発信活動。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。