見出し画像

ITエンジニアのステップアップ転職で利用したサイト 3選

どうも、いまです!

私は、システムエンジニアをやっており、転職サイトを利用して同職種・同業種でステップアップ転職をしました。実際にどの転職サイトに登録して、それぞれどうだったかの感想を述べていこうと思います。

キャリトレ

キャリトレは、エージェントなどを介さず直接企業の方とやりとりできるのが大きなポイントです。実際に、「面接ではなく面談という形でお話が聞きたい」というお願いにも快く答えてくれました。20代の転職サイトとあるように、需要と共有がマッチするような企業も多かったです。

ただ、経歴書や履歴書に関しても書き方が個人に任せられており、初めての転職で右も左も分からない私には使いづらかったです。

レバテックキャリア

レバテックは本気で転職したい方には非常におすすめです。登録すると担当のエージェントが無料でサポートしてくれます。

登録後、エージェントより連絡があり電話でのヒアリングを行います。エージェントとのヒアリングの結果からおすすめの会社を紹介してくれます。エージェントは会社との紐付きも深く、HPや求人票に載っていないようなエピソードをたくさん教えてくれます。ちなみに担当者の方は本当に優しくて、私の担当者さんには大変お世話になりました。

doda

エンジニアに限らず、大手サイトで有名どころだと一番使いやすかったです。大手サイトなだけあり、求人の量も桁違いです。ちなみに私はIT以外の転職も視野に入れていたため、dodaでIT業界と他業種の比較を行うこともできました。

ただ、希望求人にITを入れていなくても、エージェントのプログラムが過去の経歴から判断してIT企業をどんどんおすすめしてくるのは鬱陶しかったです。(dodaはそういう性質のサイトのようです)結果的に膨大におすすめされた企業の中からめぼしい企業を見つけられたので結果オーライではありますが。。。

それぞれの使い方

まずキャリトレで面談を重ね、場数を踏んで慣れながらノウハウを蓄積していきました。

その後、レバテックキャリアで専属のエージェントと相談をしながら転職活動のスケジュールを固めたり、履歴書や経歴書の添削を行っていただき、転職活動のイメージを膨らませていきます。

最終的に、dodaで見つけた会社の面接を受けることにしました。
私が面接を受けた会社はレバテックに求人を出しておらず、本来であればレバテックに依頼しエージェント経由で面接を受けた方がスムーズにいくのかと思うのですが、面倒だったのでdodaから正規のルートで面接の申し込みを行いました。

ちなみに面倒というのをもう少し詳しく話すと、人材紹介型のエージェントは紹介で私が内定を得ることで、内定先の企業からエージェントへ報酬を渡す形になります。元々そのエージェントに登録されている企業であれば問題ないのですが、他サイト(doda)から見つけてきた企業だったので、dodaから申し込むのが私も企業側も損なく進められると判断しました。


色々と書いてきましたが、初めての転職でいろいろな話を聞きながら進めたいという方にはレバテックキャリアがおすすめです!人と話す安心感はすごく大きかったです。

人と会話するのが得意ではない、自分の力で探したいという方は大手サイトのdodaがおすすめです。大手サイトの場合は、エン転職、リクナビ、マイナビと色々と試してみて使いやすいサイトを見つけてみてください。

転職のきっかけや会社選びのポイントなどはこちらのnoteに書いていますので、興味がある方は是非ご覧ください!

最後まで読んでくださりありがとうございました。よければスキやフォローもよろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
泣いて喜びます😭
7
どこにでもいる24歳のシステムエンジニア。 IT関係をメインに興味あることを書いていきます。 note書くのもHIPHOP
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。