高橋郁子

アニメ脚本を書いたり、朗読劇の作演出プロデュースをしたり、朗読WSをしたり、大学生に脚…

高橋郁子

アニメ脚本を書いたり、朗読劇の作演出プロデュースをしたり、朗読WSをしたり、大学生に脚本の書き方を教えたりもしています。今年は映画も撮ります。BUCK-TICKと能が好きです。 https://lit.link/idenshi195

マガジン

  • 映画『夜想』制作日誌

    • 16本

    5人の脚本家が出費・企画・製作するオムニバス映画『Mothers-マザーズ-』プロジェクトに参加しています。 監督にも挑戦します。 このマガジンは制作の進捗などを発信していきます。特別な内容は、有料記事にすることもあります。応援いただけたら全力で喜びます。 https://mothers.themedia.jp/ [共同運営:花苑]

  • ワークショップ

    ワークショップ(WS)情報についてまとめています

  • 朗読劇と声の未来

    Twitterで発信を続けているものです。移行を想定しマガジンとしてまとめることにしました。記事というより呟きです。 中には有料記事もありますが、全文公開しています。価値があると感じたときだけ、そして無理のない範囲で応援していただけたら嬉しいです。

  • 徒然綴る

  • 観たり聴いたり読んだり

    子どもの頃から感想文が苦手です。 なので、感想というか映画や演劇や音楽や本や、何らかの何かを観たり聴いたり読んだりして書きたくなったら、ココにまとめておきます。

最近の記事

甘い言葉に釣られてWSを渡り歩き、オーディションに落ち続けては自分を責めている人へ

甘い言葉に釣られてWSを渡り歩き、オーディションに落ち続けては自分を責めている人がいます。そんな人の心に向けて書いてみます。長いです。 言葉から自由になると、言葉に真実性が宿る 言葉から自由になると心が見えてくるセリフになるんですよね。言葉を蔑ろにするという意味ではありません。一言一句守った上で自由になる。一線で活躍されている方は、自由になるために言葉を落とし込む作業を水面下でしているのだと思います。水鳥が足を掻くように。 水面から上にある表現だけを見ているうちはお客様

    • 朗読劇が嫌い・苦手な人割引があったら

      採算がとれるなら挑戦してみたいこと。 それは「朗読劇が嫌い・苦手な人割引」です。 (idenshi195観劇経験がない方を対象) 「これを舞台でやる意味とは?」 「こんなに動いて、これは“朗読”なの?」 「台本を持っている意味は?」 「地の文がないセリフだけの応酬だけど、これは“朗読”と言っていいの?」 「演劇のお手軽バージョンというだけでは?」 と、モヤモヤしてしまう皆さんの気持ち、わかります。 なぜならリサーチと分析を重ね、そのモヤモヤする要因をすべて削いでつくったの

      有料
      100
      • 【お知らせ】青の祓魔師

        『青の祓魔師』第1期 第10話「黒猫(ケット・シー)」が放送されるようです。 2/14水 24:30〜25:00 TOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビにて。 青エクで初めて担当したエピソードです。 (クロとはその後も11.5話で縁がありました) ご都合が許しましたら、ぜひ。

        • 仮想儀礼(ドラマ)

          【原作】 篠田節子『仮想儀礼』 【脚本】 港岳彦 江頭美智留 【音楽】 岩代太郎 【宗教考証】 釈徹宗 【ナレーション】 津田健次郎 【出演】 青柳翔 大東駿介 ほか NHK BSで放送中。 面白いです。 ドラマの構成が巧み。 主演の二人、ただのイケメン俳優ではないですね。 脇を固める俳優陣もとても良いです。 引き込まれます。 今後、地上波でも放送してほしいです。 その時のために内容には踏み込まないことにします。 公式サイトをご覧ください。 原作も読んでみたくなりました

        甘い言葉に釣られてWSを渡り歩き、オーディションに落ち続けては自分を責めている人へ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 映画『夜想』制作日誌
          高橋郁子 他
        • ワークショップ
          高橋郁子
        • 朗読劇と声の未来
          高橋郁子
        • 徒然綴る
          高橋郁子
        • 観たり聴いたり読んだり
          高橋郁子
        • idenshi195
          高橋郁子

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          映画『夜想』編集①でした

          脚本と監督の高橋です。 オムニバス映画マザーズプロジェクトの1本『夜想』の進捗です。先日、テクニカルディレクター黒沢秋さんのスタジオにお邪魔し、編集作業に立ち会ってきました。 所感 撮影の時も感じたのですが、テクニカルディレクターの黒沢秋さんの作り方は、即興性と柔軟性に長けています。がんじがらめにならず、感覚でテキパキと進めていけるのがこの企画に合っているなと。 普段の朗読劇のスタイルを取り入れているため、声の重ね方のタイミングが細かいのですが、この点を面白がってくれて

          映画『夜想』編集①でした

          声は身体 〜俳優の心を守る方法〜

          ハラスメントを防ぐ手立てのひとつとして得た答え 芝居のクオリティを高めることを理由に、先輩俳優が後輩俳優に親密なコミニュケーションを求めたり、演出が俳優に求めるのはハラスメントを誘発する危険性があるのは知られていることだと思います。 感情に頼る芝居づくりの場合、上記の方法が感覚や表現の再現を引き出すのに有効であることは理解できます。 ですが、今のわたしは感情を使うことを俳優に求めないことにしています。 7年ほど前、日本演出者協会が主催したフランスの演出家・ロラン・クルタ

          有料
          100

          声は身体 〜俳優の心を守る方法〜

          いい記事。 BUCK-TICK「無限 LOOP」にみるニューウェーブとヴィジュアル系の深いつながり https://reminder.top/682355212/

          いい記事。 BUCK-TICK「無限 LOOP」にみるニューウェーブとヴィジュアル系の深いつながり https://reminder.top/682355212/

          2023振り返り記録

          1月 人生初の手術(卵巣嚢腫摘出) 退院翌日からidenshi195「遊びと実験」の番外企画の稽古 手術日のちょうど1週間後はBUCK-TICKのファンクラブ限定ライブ(豊洲) 振動が腹に響かないよう片手で傷口を抑え、片手で乗るという荒技で乗り切る 2月 遊びと実験は毎週継続 他は記憶なし 3月 番外企画本番 朗読キネマ『やわらかな鎖』 4月 スペシャルワークショップ第1行程開始(毎週土曜) BUCK-TICK TOUR 2023 異空-IZORA-inJ:COMホー

          2023振り返り記録

          12/29武道館。一度も発することができなかった「あっちゃん」というコールを初めてしました。わたしの中ではずっと「櫻井さん」なんです。畏怖もあるけれど、そのコールは空気を読まなすぎな気がしてできずにきた32年間でした。きっと最初で最後のたった一度の「あっちゃん」でした。

          12/29武道館。一度も発することができなかった「あっちゃん」というコールを初めてしました。わたしの中ではずっと「櫻井さん」なんです。畏怖もあるけれど、そのコールは空気を読まなすぎな気がしてできずにきた32年間でした。きっと最初で最後のたった一度の「あっちゃん」でした。

          バクチク現象2023

          はじめに。 わたしはレポートが下手です。 感想文も子どもの頃から苦手です。 短期記憶が弱いです。 でも、会場に行くことが叶わなかった方とお約束をしました。 お見苦しいとは思います。記憶違いも多々あると思います。 ポンコツなわたしなりの思い出をとりとめもなく綴ります。 ご容赦ください。 開演。 BUCK-TICKのテーマが流れ、スクリーンには回転する逆ピラミッドに刻まれた数々の「BUCK-TICK」のロゴが投影されました。 これまでの歴史を辿るように流れていくBUCK-TIC

          バクチク現象2023

          イベントで体験レベルじゃなくて、入門されていたとは! すごい。 TRFダンサー、61歳SAMが能に挑戦 24日に都内で公演 「ぶっつけ本番」に驚きも(産経新聞) https://news.yahoo.co.jp/articles/350fde85e32fe5b95ff13c574bcfda797a5dd266

          イベントで体験レベルじゃなくて、入門されていたとは! すごい。 TRFダンサー、61歳SAMが能に挑戦 24日に都内で公演 「ぶっつけ本番」に驚きも(産経新聞) https://news.yahoo.co.jp/articles/350fde85e32fe5b95ff13c574bcfda797a5dd266

          朗読にお金を払うなんて聞いたことがない

          「演劇や演奏会にお金は払うけど、朗読にお金を払うなんて聞いたことがない」 という地域があるらしい。 朗読は常にボランティアで行われるものだからだそう。ボランティアが悪いわけではないんです。ボランティアでも素晴らしい朗読をされる方もいます。 ただ、その気持ちはわかります。自分のために朗読をする人の方が圧倒的に多いからです。聴き手に届けることを目的にした朗読に触れたことがない人が、そう思ってしまうのは仕方ないこと。 声に発しながら読むことで、物語の理解が深まるという利点が朗

          有料
          100

          朗読にお金を払うなんて聞いたことがない

          櫻井さんと星野さんのハモリが好きだったの。ハモリ曲もっと出してほしいと思ってたの。叶わぬ夢になってしまった。諦めきれない自分がいる。

          櫻井さんと星野さんのハモリが好きだったの。ハモリ曲もっと出してほしいと思ってたの。叶わぬ夢になってしまった。諦めきれない自分がいる。

          未来への種蒔き(新潟編)

          近日、新潟の長岡に一泊します。 キャパ30〜50席程度で、朗読公演ができそうなオススメの空間(お寺やカフェ含む)がありましたら、ぜひ教えてください。 今回の訪問で実際に下見に行けるかは不明ですが、土地感ゼロのため、候補になるところだけでもリサーチしたく!

          未来への種蒔き(新潟編)

          【予告】スペシャルワークショップ

          ひっそりうっすら予告。 来年も全12回、事前のハラスメント防止講座と本番つきのスペシャルワークショップ(SWS)をやる予定です。 定員は6人×2組。 興味のある人は、 ▼事前講座(オンライン) 3/30(土)19:00〜 ▼第1行程 4/06〜6/01毎週土曜 ▼第2行程 6/07金-08土-09日 を、空けておいてください。 講師や行程の詳しい発表や募集は来年になってからです。 一番早く情報が出るのは、今のところTwitterのwsアカウントです。 参考に今年や

          【予告】スペシャルワークショップ

          ガザで起きていることを、あの頃櫻井さんはもう知っていたのだろうか。報道が続く今、止まぬ虐殺に深く胸を痛めたであろうと思うと、あの日の旅立ちで良かったのかもしれない。そう思い納得させようとしている自分がいる。

          ガザで起きていることを、あの頃櫻井さんはもう知っていたのだろうか。報道が続く今、止まぬ虐殺に深く胸を痛めたであろうと思うと、あの日の旅立ちで良かったのかもしれない。そう思い納得させようとしている自分がいる。