スクリーンショット_2020-01-10_16

大学以外で心理学の研究者を続けられる道?イデアラボってこんな会社です。


はじめまして。イデアラボと申します。自称、知る人ぞ知るニッチベンチャー企業ですが、学問とビジネスの世界を繋いでいる会社があるよ!ということをもっと知っていただきたくnoteをはじめました。

書いているのは、サイエンスコミュニケーション活動の立ち上げに奮闘している社員の井原です。


①どんな仕事なのか

イデアラボは、心理学の研究者による研究開発のコンサルティング会社です。

心理学といえば「カウンセリング」のイメージがあるかもしれませんが、実はもっと幅広く、ヒトの心や行動の仕組みを科学的に研究する学問です。

例えば、これまでやってきたテーマの一部にはこのようなものがあります。

・お酒に酔うとはどういうことなのか
・ロボットとのコミュニケーションをスムーズにするには
・建物の快適性をどう測定するか
・省エネを自発的にしてもらうための効果的なアプローチとは
・観光客を増やすために必要な取り組みとは

こうしたヒトの心理や行動に関するあらゆる各企業の悩みを研究課題に落とし込み、科学的な調査や実験を通して解明していきます。

コンサルティングと言っても、アドバイスをするだけの立場ではなく、実際に調査や実験を行う「受託研究」「共同研究」の方が近いかもしれません。

調査の方法は質問紙調査(専門的なアンケート)から、心拍や脳波のような体の反応を測定する実験、臨床心理学でも使われる面接法や観察法などを課題に合わせて設計します。

②どんなところと仕事をするのか

ゼネコン、通信、機械、飲料、化粧品メーカーなどのR&D部門、環境省などの行政機関、民間の研究所、大学などです。

その他、講演会やセミナーなどもお受けしています(心理学×データ分析関連、研究×ベンチャー起業関連など)。

③スピードよりクオリティ

イデアラボは2020年で10年目を迎えます。ベンチャー企業が10年生き抜く方法についてはまた別の機会でお話しするとして、長く続けるために大事にしていることがあります。

私たちは、イデアラボを日本で唯一の「アカデミックな心理学をビジネス場面に応用できる会社」だと思っているのですが、ビジネスと研究の世界では、時間軸も予算も求められる結果も違うように思います。

一時的な売り上げのことだけを考えると、「早くアウトプットしてたくさん案件を回す」「無茶振りでも仕事を請ける」という方法もあるかもしれませんが、イデアラボではとにかくアカデミックな研究(=クライアントがどこに出しても恥ずかしくないレベル)にこだわっています。

アカデミックな世界と、ビジネスの世界を繋ぐためには、「現状のリソースでできないことはしない」「一見遠回りに思われても、真面目にこつこつと研究をする」というスタンスでクオリティにこだわる必要があります。

研究員は全員、大学での研究活動や教育活動を行う現役の研究者でもあります。アカデミックな世界から「怪しい会社」と思われてしまうと、会社や社員のキャリアの未来を奪うことになります。

スピードが重視される世の中であっても、原則としてスピードよりもクオリティが優先です。

④ 大学以外で研究者になる道を作りたい

心理学などの人文科学系分野では、大学院(博士課程)を修了した人の2割程度しか正規雇用で就職できないというデータがあります(文科省「学校基本調査」2018年度参照)。運良く研究職に就くことができても、数ヶ月〜数年の任期つきの仕事であったり、保険料などを自分で負担する業務委託契約であったり、社会的な保障が少ないのが現状です。

さらに、大学院を出てから民間企業に就職したとしても、テーマを自分で決められないとか、他の仕事で忙殺されるとか、そういった理由で「民間企業に勤める=研究者の道を諦める」と感じる人も多いかもしれません。

もちろん、大学は研究をする上で歴史も実績も信頼も設備もある場所です。しかし、今の時代、大学の外で研究者を続けるという選択肢がもっとあっても良いのではないでしょうか。

イデアラボでは安心して研究に専念し、能力を最大限発揮できるような社内制度があります。

働く時間&場所は完全に自由(裁量労働制)
 →リモートワーク推奨、出社しないでOK
正社員としての雇用
副業自由(非常勤講師などを続けることができる)
博士学位手当
論文投稿時の英文校閲と投稿料を会社負担(個人の研究継続を支援)
サバティカル制度(大学などの任期付きの仕事に就くために退職した場合、任期終了後に退職前と同じ待遇でイデアラボに戻れる)

この働き方について、実は入社してからも2ヶ月くらいは疑っていました。そんな都合の良い条件、あるわけない…いつか絶対何か怖いことがある…と。(私は転職組なので…)

しかし、その後も働いてみてどんでん返しは起こらないどころか、自分史上最高の社会人生活を送れているので、次回のnoteでじっくり書いてみたいと思います。


イデアラボについてさらに知りたいという物好きな方は、公式HPに実際のお客様からみたイデアラボに関するインタビューなど載せているので、ぜひご覧ください。

こんなことできるの?とりあえず話を聞いてみたい、というお問い合わせもHPまたはTwitterDMよりお待ちしています。

・お客様インタビュー(https://idealab.co.jp/category/interview/

・イデアラボTwitter(https://twitter.com/Idealab7

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけた場合は、オフィスうまい棒の補充に使わせていただきます!

わーい \( ˆoˆ )/ わーい
33
アカデミックな心理学でビジネスの課題を解決する、イデアラボの中の人。 社員のほとんどは心理学者。出社なし、勤務時間なし、ドレスコードはsomething wear。 https://idealab.co.jp/