見出し画像

ポスト・ポストカリプスの配達員

 増殖した数京個のポストにより文明は崩壊した。今世界で最もポピュラーな職は配達員(サガワー)と撤去人(ユウパッカー)。
 俺は配達員の方をやってる。ポストに稀に入っている食料や水を探し出して売り捌くのだ。ちなみに撤去人はポストごと引っこ抜いちまう。

 ここはかつてサハラ砂漠と呼ばれていた場所。今は砂の代わりにポストがびっしり屹立する。 
 ポストを一個一個調べて当たりがあったらスーパーカブに積む。カブも増殖するので世界中の乗物はコレになった。
 その時頭上に影が差し、俺はポストを咄嗟に盾にする。
 ブーンという音と共に来たのは配達ドローン(肉食性)だ。まずいな俺のシグサガワーでは火力不足だ。奴らは郵政公社のバッジをつけていない者を無差別に襲う。つまり全人類をって事だ。
 次の瞬間、隠れていた俺の後ろに宅配ボックス(肉食性)が潜んでいると気づいた時には、叫びながら撃ちまくっていた!

「ハンコオネガイシマース!」

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
居石信吾

PS5積み立て資金になります

パワリオワー!
ニンジャヘッズ。現在逆噴射小説大賞 投稿作「ポスト・ポストカリプスの配達員」の続きを連載中。