見出し画像

マジックタッチについて/一日一微発見164


この数日、電車の中や仕事の合間に、『みみずくは黄昏に飛び立つ』を読んでいる。


川上未映子さんが村上春樹さんに超ロングインタビューしたもので、3年ほど前に出たけれど、僕が読んでいるのは、2019年の追加の最新インタビューが加わった文庫版である。
これから何回か書いてみようと思う。


僕は村上春樹さんの小説は好きだ。同時代感をとても感じるからだ(同世代感ではない)。
そしてこの時代の「小説」「物語」のあり方、力の創出について、とても共感する。

つまり、モノやコトに向かう手法に共感があるのだ。
まだ読み始めの方だが、「比喩」と「壁抜け」と「マジックタッチ」という重要なキーワードが出てくる。

僕らの時代はあまりヒロイックではない(とはいえ、世界的には、トランプやニューライトのように、強引にヒロイックなのだが)。
世界に偏在するモノと人間が、等価な時代なのだと思う。
おまけに、すべてのものは出そろってしまっていて、コロンブスの頃のような「未知の大陸」はもう地上には存在していない。
未知とは、ファンタジーなのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,051文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
後藤繁雄おすすめの写真集についての記事を月に2~3本ずつ投稿します。アーカイブも閲覧できるようになりますので、ご購読よろしくお願いいたします。

ヴィジュアルの旅は、大きな快楽を、与えてくれるし、時には長編小説以上に、人生についてのヒントを与えてくれます。 このマガジン「目は旅をす…

または、記事単体で購入する

マジックタッチについて/一日一微発見164

編集者・アートプロデューサー後藤繁雄の一日一微発見

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

応援よろしくね~

ありがとうございます!! GOTO.
浜松と京都、東京の3拠点で暮らしながらアートプロデュース、編集、大学教授などをやっています。新刊 「超写真論 篠山紀信写真力の秘密」(小学館)「現代写真アート原論」(フィルムアート社)など発売中です。「自己編集(リエディット)」のためのスーパースクールも開講中。

こちらでもピックアップされています

目は旅をする・後藤繁雄による写真集セレクション
目は旅をする・後藤繁雄による写真集セレクション
  • ¥300 / 月

ヴィジュアルの旅は、大きな快楽を、与えてくれるし、時には長編小説以上に、人生についてのヒントを与えてくれます。 このマガジン「目は旅をする」は、長く写真家たちと仕事をして、写真を愛してきた僕が、トータルで150冊を厳選して、ご紹介するとっておきの写真への旅ガイドです。 タイトルは、敬愛する編集者ダイアナ・ブリーランドの「 The eye has to travel」にインスパイアされつけました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。