大塚已愛

(いまごろですが)通販開始しました

以前よりnote上でサンプル公開しておりました「Nostalgia」ですが、BOOTHにて通販を行っております。 Twitterなどでは宣伝していたのですが、noteでは失念しておりました、...

11/24の東京文学フリマに参加します。

というわけで、11/24の文フリのサークルスペースが出ましたのでご報告です。 サークル名:みなそこ スペースナンバー:ケ-52 新刊1種、商業2冊を持って行きますので、お...

Nostalgia 第二章 2&3

二  六時の鐘が鳴った辺りか。  ミューディーズ本店の前は、野次馬でごった返していた。店の中に突っ込んだ乗合馬車は既に除けられ、大きく空いた玄関からは、内部の惨...

Nostalgia 第二章・1.5

メアリは結局、あの老人に譲られた本の他には、イザベラ・バード女史の記した日本旅行記と、ルイ・ジャコリオが記した『印度(インド)騎行』の二冊を借りることにした。 ...

Nostalgia 第二章・1

第二章 一  新しい服と靴が出来上がったのは、採寸から丁度一週間後のことだった。靴を待つ間、メアリは家から一歩も出ないままに十二月を迎える。  一週間家に籠も...

Nostalgia 第一章・3+4

三  ヴィクトリア駅の通りの前で馬車を降りると、教授は馭者に、三時間後に迎えに来るように命じた。馭者が馬に鞭をくれ、去って行くのを眺めてから、教授はW・H・スミ...