新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

さいたま国際芸術祭2020『I can speak展』開催のお知らせ!!

I can speak展

「さいたま国際芸術祭2020」のアートプロジェクトの一貫として、さいたま国際芸術祭基本構想に掲げる「さいたま文化の創造・発信を担う人材の育成」という趣旨に照らし公募によって選出されたキュレーター戸塚愛美による企画展を開催します。

本展覧会では、さいたまの土地の持つ歴史や文化的背景に迫りながら、生活都市さいたまにおける「世の中で暮らしていくこと」という基本的な営みを機軸に、若手を中心とした5人のアーティストの作品を発表します。_____________________________________________________________________________

さいたま国際芸術祭2020 公募キュレーター企画展
I can speak -想像の窓辺から、岬に立つことへ
会期:2020年10月17日(土)- 11月15日(日)
   12:00-18:00
   ※月曜休館
会場:旧大宮図書館(さいたま国際芸術祭2020アネックスサイト)
入場:無料・事前予約制(ご予約はこちら:https://art-sightama.jp/jp/news/uFoQi15g/)


出展作家:灰原千晶、カニエ・ナハ、北條知子、小嶋宏維、久保寛子
企画:戸塚愛美(さいたま国際芸術祭2020公募キュレーター)

_____________________________________________________________________________

当初、「さいたま国際芸術祭2020」は、2020年3月上旬の開催を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により延期され、本展は春から秋へとタイムリープする稀有な経験を携えました。

おあずけのような延期を味わい、改めて展示をお披露目できる翻った嬉しさと、時間の捉え方が変わった不思議な今、秋の大宮氷川参道の木漏れ日を浴びながら、ぜひ会場まで足を運んでください。



#さいたま国際芸術祭2020

#さいたま #アート #生活 #詩 #絵 #芸術祭 #トリエンナーレ #インスタレーション #現代美術 #大宮 #氷川参道  


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
I can speak展
さいたま国際芸術祭2020 会場:旧大宮図書館:アネックスサイト (さいたま市〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-1-1) 日時:10月17日〜11月15日(月曜休館)事前予約要(https://art-sightama.jp/jp/news/uFoQi15g/