林くんは静かに暮らしたい

恥多めの生涯

太宰治『十五年間』

「魚服記」を発表し、井伏さんは、「何かの間違いかもわからない」と言って心配してくれている...

高田侑『うなぎ鬼』

「社長、ひとつ教えてもらえますか」 「なんだ」 「あの、マルヨシにいた秀さんの顔なんですが...

夏目漱石『草枕』

山路を登りながら、こう考えた。  智ちに働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せ...

『孫子』(書き下し文)

計 (計 一)  孫子曰わく、兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり。察せざるべから...

中村文則『悪意の手記』

その講義では実存主義と呼ばれる哲学者達を取り上げ、キルケゴール、ハイデガーときて、その日...

町田康+THE GLORY『やめろ』

ただひとつのことがあきらかなんだ ただひとつのことがあきらかなんだ ただひとつのことがあき...