ホシノ メグミ

踊るひと。日々の生活と踊ることは境界線なく繋がっている。その日々を記録していきます。一瞬一瞬どうなるか分からないということに身体と一緒に出会い続けています。

残る気配へ

観たかった玉蔵院の桜は間に合わず、門を挟んで眺めていた。 細川麻実子さんによる「気配」の一部になり、無事に楽しく戸惑い、スリリングを味わえたひと時になりました。…

気配のひと

3月に誕生日を迎えて、誕生日というものを考える。 生まれてきて良かったとか、産んでくれてありがとうという想いから外れてしまっている身としては、誕生日は憂鬱な気持…

心をつくる

踊りは、踊り手の身体と観ている人のあいだに生まれる。そのあいだにつくられていく。 しばらく舞台から離れ、ひょっこり現れたり、映像や写真のなかで踊っている。日々の…

2022年2月1日

1日過ぎてしまいましたが、 旧暦の謹賀新年。 昨年から旧暦を生活に取り入れてみると、身体の感覚に合う流れだったので続けてみることに。 始める前は年々季節が乱れてい…

うつくしい始まり

ふっと表情を変えたような冬の冷たさに身をくるませてしまう。 ふと、原宿に足をのばし、10分ほどのダンスをいくつか観る。 しばらくダンスを観たい意欲がなくなり、予約…

秋、白露

日々頭のなかで誰かに手紙をつづる。 最近はしばらく文字に残すまで至らずに消える、忘れることにもどかしく。 コロナ期に入ってから読んだ本も紹介したいなと思いつつも…