藤崎剛人

ドイツ思想史/公法学 連載コラム『現代ニホンの精神史的状況』 https://www…

藤崎剛人

ドイツ思想史/公法学 連載コラム『現代ニホンの精神史的状況』 https://www.newsweekjapan.jp/fujisaki/

マガジン

  • お笑いについての話

    お笑い界や芸人について素人があれこれ論評するという芸人から最も嫌われるタイプのやつ。 今のところ不定期連載です。

最近の記事

立憲民主党の「消費税還付法案」を支持する

最近の野党は、文字通り右も左も消費税減税を主張しています。これは考えてみれば不思議なことです。なぜなら、世論調査の結果から分かるのは、世論は消費税は上がるときは反対運動が広がるが、いざ上がってみると減税運動にはそこまで積極的にならない、というものだからです。2021年の衆議院選挙でも、消費税については特に大きな争点になっていたとは言い難いでしょう。もちろん消費税には逆進性があり、庶民の家計を圧迫する要因のひとつです。しかしながら、ほぼ全ての野党が減税にベットするような税制かと

    • 松本人志はお笑い界を支配しているか

       先日、オリエンタルラジオの中田敦彦が、お笑い界における松本人志の影響力を問題視する動画を出した。これに対して動画内で名前を出された粗品の相方のせいやが反応するなど、多くの芸人や著名人が言及する事態となっている。  中田の主張は、現在のお笑いジャンルのほとんどが松本人志によって牛耳られており、その枠内でしか芸人は評価されないため、お笑い界のイノベーションが起こらなくなっている、というものである。松本は漫才、コント、大喜利、トークといった様々な大会を「主催」している。面白いとは

      • ウエストランドM-1優勝に寄せて

         2022年、ウエストランドが第十八回M-1グランプリ王者になった。このことは一般的には、「人を傷つけないお笑い」あるいは「コンプライアンスへの配慮」というトレンドの終焉であると捉えられている。しかし少なくとも5年以上前から「ソルジャー」(『ウエストランドのぶちラジ!』リスナー)である自分からみれば、そのような評価にはかなり違和感がある。   優勝以来、ウエストランドは様々なメディアでインタビューを受けているが、自分たちを反コンプラ時代の寵児として扱われることを井口はかなり警

        • 革命と救世主

          宇宙小戦争  3月に公開された『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』は、1985年の旧作ストーリーを全体的には踏襲しつつ、幾つかの点で改変が見られた。「女の子を危険な目に合わせるわけにはいかない」から「君ひとりを危険な~」への台詞変更などジェンダー的視点からの改変もみられたが、根本的な作品テーマに関わる変更としては、巨大化が果たす役割の違いがある。  旧作では、巨大化はドラえもんたち及びピリカ星を救うための決定的な役割を持つ。今作でも、巨大化はドラえもんたちの生命

        立憲民主党の「消費税還付法案」を支持する

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • お笑いについての話
          藤崎剛人

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          文藝春秋digitalに論考を寄稿しました

          文藝春秋の方にお声がけいただき、論考を寄稿しております。主題は、今様々なメディアでブレイク中のひろゆき氏についてです。ぜひ読んでください。

          文藝春秋digitalに論考を寄稿しました

          『正論』8月号の三浦小太郎氏のコラムについての反論

           今年5月に『ニューズウィーク日本版』に書いたコラム「入管法「改正」案、成立すれば日本は極右の理想郷になる?」が、雑誌『正論』8月号に掲載された評論家の三浦小太郎氏の記事「ウイグル人救えた入管法改正案」で批判されていたので、簡単にだが応答してみよう。  まず、満州国の「多民族国家」性を肯定してみせたり、フランスの国民連合を極右として認めなかったりしているのは、いかにも偏向した「保守」的世界観であり、ご愛敬といった感じだが、ここでは特に触れない。  このノートで問題にしたいのは

          『正論』8月号の三浦小太郎氏のコラムについての反論

          7/3講演会情報

          7/3講演会情報

          プロフィール

          ・専門はドイツ思想史/公法学研究。 ・ブログ『過ぎ去ろうとしない過去』から、映画評や書評等を抜粋して載せております。 ・主なお仕事 「ノモスとアジール――尾高朝雄の法哲学についての試論」 「「正しい政治」を求めて――映画『バーフバリ』が描く国家・法・民衆 」

          プロフィール

          映画『デトロイト』あるいは人種妄想をめぐるグレートゲーム

          (この文章は、2018年2月12日に書かれたものです)  見る前に知人から胸糞映画だと言われて覚悟していたのだが、実際、胸がスッとするようなカタルシスは最後まで訪れず(史実に沿っているのだから仕方がないが)、見た後も頭痛がしてしばらく落ち込んだままだった。  この映画は黒人差別を扱ったものだが、その描き方については様々な観点から批判がなされている。たとえば古谷有希子は、この映画は公民権運動の一部としてのデトロイト暴動の背景や意味について触れることなく、ただその暴力性にスポッ

          映画『デトロイト』あるいは人種妄想をめぐるグレートゲーム

          円環と双極性――暁美ほむらの「叛逆」についての試論

          女は聖母になる。そして同時に魔女にも。                       ――カール・シュミット  魔法少女の運命、すなわち罪と罰のエコノミーに対して、純粋なる暴力がふるわれた。罪はまどかによって引き受けられた(annehmen)。それによってあらゆる罪は贖われた。つまり、あらゆる時間の魔法少女は、常にすでに救済されることになったのである――しかし、ほむらは自身のソウル・ジェムを自ら砕き、魔女となる。彼女は救済を拒む。「円環の理」の救済を。  なぜ?我々は今や新た

          円環と双極性――暁美ほむらの「叛逆」についての試論

          まどかの救済――あるいは背中のまがったこびとの話

           (この文章は、2011年4月25日に書かれたものです。)  2月のエントリ「約束された救済――『魔法少女まどか☆マギカ』奪還論」は、本編があのような結末をむかえたこともあって、大きな反響を呼んだ。もちろん、あのエントリは予測でも願望でもなく、魔法少女の理念をただ著しただけにすぎない。しかし、内心の予想以上にあのエントリとぴったりくる結末だったのをみて、本人が一番驚いているとともに、ベンヤミンと『まどか☆マギカ』の相性はよいということを、ますます確信するに至った。  ところ

          まどかの救済――あるいは背中のまがったこびとの話

          約束された救済――『魔法少女まどか☆マギカ』奪還論

           (この文章は、2011年2月23日に書かれたものです)  今、魔法少女―変身ヒロインとしての―概念は危機に晒されている。『魔法少女まどか☆マギカ』に群がるキモヲタとサブカル評論家たちは、魔法少女概念を蹂躙し、ずたずたに引き裂こうとしているのだ。それが最終回を迎える4月ごろには既に、この王国には荒れ果てた大地しか残されていないだろう。われわれは簒奪者たちの手から魔法少女概念を救出しなければならない。それも、正しい魔法少女概念を、である。そのためには、『まどか☆マギカ』の正し

          約束された救済――『魔法少女まどか☆マギカ』奪還論

          国家/内戦/シン・ゴジラ

          敵は形態としての我々自身の問題である。そして敵は我々を、我々は敵を同じ終末へと駆り立てるだろう。                      ――テオドール・ドイブラー  近代国家を聖書に出てくる大怪獣リヴァイアサンに喩えたのはホッブズであった。ホッブズによれば、人間の自然態は万人の万人に対する闘争であり、そこに安息は無い。従って人間たちは自らの権利を国家へと委譲する契約を結び、国家の保護を得る。保護と服従の関係が、国家と国民の関係を規定する。国家はその領域において唯一の主権

          国家/内戦/シン・ゴジラ

          書評:綿野恵太『「差別はいけない」とみんないうけれど。』(平凡社、二〇一九年)

           この本の結論、すなわち、我々は「経済と差別というふたつの領域で平等を求める」「ポリティカル・コレクトネスを大義とした、古臭い左翼であり、新しい左翼でもある」と宣言すべきだという結論*1には異論はない。  だが、私が思うのは、この本の内容に代表されるように、なぜ人は、差別の問題とその解消をひたすら訴えかけるような現在の反差別運動にひとつの行き詰まりを感じてしまうのか、ということである。小説でもテレビドラマでもよい。10年前、20年前、30年前のコンテンツを見てみるがいい。いか

          書評:綿野恵太『「差別はいけない」とみんないうけれど。』(平凡社、二〇一九年)