Hitomi Nishiyama 西山瞳

ジャズ・ピアニスト https://hitominishiyama.net/

Hitomi Nishiyama 西山瞳

ジャズ・ピアニスト https://hitominishiyama.net/

マガジン

ストア

  • 商品の画像

    CD「Dot / Hitomi Nishiyama」

    ※サインご希望の方は、詳細欄にご記入下さい。サインは表ジャケットではなく、中面にします。宛名が必要な方は、ご希望のお名前もご記入下さい。2023年11月22日発売「Dot / Hitomi Nishiyama」「Dot / Hitomi Nishiyama」ドット / 西山瞳税込定価: 3,190円 紙ジャケット仕様品番: MT-12レーベル: Meantone RecordsJANコード: 4988044843240発売日: 2023年11月22日全国発売西山 瞳 ピアノ Hitomi Nishiyama piano西嶋 徹 ベース Toru Nishijima bass則武 諒 ドラムス Ryo Noritake drums鈴木孝紀 クラリネット Takanori Suzuki clarinet (on 2, 3, 5, 6, 9)橋爪 亮督 テナーサックス、フルート Ryosuke Hashizume tenor sax,flute (on 2, 3, 5, 6, 9)maiko ヴァイオリン maiko violin (on 2, 3, 5, 6, 9)[収録曲]1 Turtledove タートルダブ (4:02)2 Dot ドット (10:16)3 The Rider ザ・ライダー (7:33)4 To Return トゥ・リターン (5:48)5 Tidal タイダル (9:06)6 Red and Yellow レッド・アンド・イエロー (5:31)7 Pigeons ピジョンズ (3:40)8 Baroness バロネス (5:53)9 Lighthouse ライトハウス (6:12)録音日 2023年7月12-14日 群馬県高崎市 TAGO STUDIO TAKASAKI録音、ミックス、マスタリング エンジニア 松下真也(Piccolo Audio Works)FAZIOLI F278 使用  ピアノ技術 越智晃(Fazioli Japan Co., Ltd.)アートディレクション 平岡直樹(yuu)[内容紹介]陰影を深め点描のように描き出す、ピアノトリオの新境地。西山瞳待望の最新ピアノトリオ作品は、これまでのキャリアが結実した充実の渾身作。新たに編成した西嶋徹(ベース)、 則武諒(ドラムス)とのトリオにより、新曲オリジナル 9 曲を収録。ヨーロッパジャズへの傾倒でキャリアをスタートし、 メロディとハーモニーの美しさ、類稀なる作曲センスからジャズファンの支持を集めてきた西山瞳。NHORHM の活動を 経て、ヘヴィメタル楽曲の構造と力に真摯に向き合った経験をメインのピアノトリオ活動に結びつけたという今作の楽曲 は、これまでにない濁りや揺らぎを包摂した緊張感の高いサウンドを生み、芸術性の高い風格のある作品となった。9 曲 中 5 曲は、ピアノトリオのバックグラウンドに鈴木孝紀(クラリネット)、maiko(バイオリン)、橋爪亮督(テナーサック ス、フルート)が加わり、ピアノトリオをより立体的に、陰影を深め、時には点描のように、時には潮の満ち引きのよう に、情景を描き出す。ピアノはファツィオリを使用し、滋味深く体温を持った音色を堪能できる。
    ¥3,190
    hitominishiyama's STORE
  • 商品の画像

    【メーカー廃盤/残り1枚】限定盤アナログレコード「Shift」(送料込み)

    シフト / 西山瞳トリオ・パララックス[限定盤LP] MTLP-02 2015年02月14日発売定価 ¥4,400 +送料 ¥900【A面】1.ロック・アウト2.シフト3.ライト・フライヤー4.アクアスケープ【B面】1.ティー・シー・ティー 副題:トゥエルヴ・コード・チューン2.ムーヴ3.トゥー・ザ・ホワイト・フォレスト4.シー・ジャム・ブルースMeantone / diskunion坂崎拓也 Takuya Sakazaki [b]清水勇博 Takehiro Shimizu [ds]馬場孝喜 Takayoshi Baba [gt]〈稀代のピアニスト/コンポーザー〉西山瞳が率いるピアノ・トリオ・ユニット〈パララックス〉による2014年作品『シフト』がDSDダイレクト・カッティングで待望のLP化!イタリアのピアノの名器〈FAZIOLI〉の日本総代理店代表アレック氏をも唸らせたスタジオミミズクの名エンジニア赤川新一氏によるDSD(Direct Stream Digital)レコーディングを最大限に生かすべく、DSDマスターを持ち込みマザーへのダイレクト・カッティングを採用。アナログ特有のぬくもりと広がり、マスタをも越える雑味のないクリアなサウンドを実現。業界が絶賛した名作が最高峰の音質で待望のLP化!西山瞳と若手屈指のベーシスト坂崎拓也とインディゴ・ジャム・ユニットのドラマーとしても活躍する清水勇博による3者が6年の時をへて邂逅を果たした〈パララックス〉待望のセカンド・アルバム。佐藤"ハチ"恭彦&池長一美とのトリオをアンサンブルを重視した「静」のトリオとするならば、このパララックスはアグレッシヴな仕掛けを随所に散りばめた「動」のトリオ、スリリングなプレイとギミックが織りなすテクスチュアに引き込まれる衝撃のサウンドを聴かせてくれる。西山瞳のオリジナルを中心に、ギタリスト馬場孝喜を迎えた3曲とパララックスならではの解釈で蘇るスタンダード・ナンバー"C Jam Blues"を加えた全8曲を収録した会心作!発売・販売元 提供資料 (2015/01/08)
    ¥5,300
    hitominishiyama's STORE
  • 商品の画像

    CD「Dot / Hitomi Nishiyama」

    ※サインご希望の方は、詳細欄にご記入下さい。サインは表ジャケットではなく、中面にします。宛名が必要な方は、ご希望のお名前もご記入下さい。2023年11月22日発売「Dot / Hitomi Nishiyama」「Dot / Hitomi Nishiyama」ドット / 西山瞳税込定価: 3,190円 紙ジャケット仕様品番: MT-12レーベル: Meantone RecordsJANコード: 4988044843240発売日: 2023年11月22日全国発売西山 瞳 ピアノ Hitomi Nishiyama piano西嶋 徹 ベース Toru Nishijima bass則武 諒 ドラムス Ryo Noritake drums鈴木孝紀 クラリネット Takanori Suzuki clarinet (on 2, 3, 5, 6, 9)橋爪 亮督 テナーサックス、フルート Ryosuke Hashizume tenor sax,flute (on 2, 3, 5, 6, 9)maiko ヴァイオリン maiko violin (on 2, 3, 5, 6, 9)[収録曲]1 Turtledove タートルダブ (4:02)2 Dot ドット (10:16)3 The Rider ザ・ライダー (7:33)4 To Return トゥ・リターン (5:48)5 Tidal タイダル (9:06)6 Red and Yellow レッド・アンド・イエロー (5:31)7 Pigeons ピジョンズ (3:40)8 Baroness バロネス (5:53)9 Lighthouse ライトハウス (6:12)録音日 2023年7月12-14日 群馬県高崎市 TAGO STUDIO TAKASAKI録音、ミックス、マスタリング エンジニア 松下真也(Piccolo Audio Works)FAZIOLI F278 使用  ピアノ技術 越智晃(Fazioli Japan Co., Ltd.)アートディレクション 平岡直樹(yuu)[内容紹介]陰影を深め点描のように描き出す、ピアノトリオの新境地。西山瞳待望の最新ピアノトリオ作品は、これまでのキャリアが結実した充実の渾身作。新たに編成した西嶋徹(ベース)、 則武諒(ドラムス)とのトリオにより、新曲オリジナル 9 曲を収録。ヨーロッパジャズへの傾倒でキャリアをスタートし、 メロディとハーモニーの美しさ、類稀なる作曲センスからジャズファンの支持を集めてきた西山瞳。NHORHM の活動を 経て、ヘヴィメタル楽曲の構造と力に真摯に向き合った経験をメインのピアノトリオ活動に結びつけたという今作の楽曲 は、これまでにない濁りや揺らぎを包摂した緊張感の高いサウンドを生み、芸術性の高い風格のある作品となった。9 曲 中 5 曲は、ピアノトリオのバックグラウンドに鈴木孝紀(クラリネット)、maiko(バイオリン)、橋爪亮督(テナーサック ス、フルート)が加わり、ピアノトリオをより立体的に、陰影を深め、時には点描のように、時には潮の満ち引きのよう に、情景を描き出す。ピアノはファツィオリを使用し、滋味深く体温を持った音色を堪能できる。
    ¥3,190
    hitominishiyama's STORE
  • 商品の画像

    【メーカー廃盤/残り1枚】限定盤アナログレコード「Shift」(送料込み)

    シフト / 西山瞳トリオ・パララックス[限定盤LP] MTLP-02 2015年02月14日発売定価 ¥4,400 +送料 ¥900【A面】1.ロック・アウト2.シフト3.ライト・フライヤー4.アクアスケープ【B面】1.ティー・シー・ティー 副題:トゥエルヴ・コード・チューン2.ムーヴ3.トゥー・ザ・ホワイト・フォレスト4.シー・ジャム・ブルースMeantone / diskunion坂崎拓也 Takuya Sakazaki [b]清水勇博 Takehiro Shimizu [ds]馬場孝喜 Takayoshi Baba [gt]〈稀代のピアニスト/コンポーザー〉西山瞳が率いるピアノ・トリオ・ユニット〈パララックス〉による2014年作品『シフト』がDSDダイレクト・カッティングで待望のLP化!イタリアのピアノの名器〈FAZIOLI〉の日本総代理店代表アレック氏をも唸らせたスタジオミミズクの名エンジニア赤川新一氏によるDSD(Direct Stream Digital)レコーディングを最大限に生かすべく、DSDマスターを持ち込みマザーへのダイレクト・カッティングを採用。アナログ特有のぬくもりと広がり、マスタをも越える雑味のないクリアなサウンドを実現。業界が絶賛した名作が最高峰の音質で待望のLP化!西山瞳と若手屈指のベーシスト坂崎拓也とインディゴ・ジャム・ユニットのドラマーとしても活躍する清水勇博による3者が6年の時をへて邂逅を果たした〈パララックス〉待望のセカンド・アルバム。佐藤"ハチ"恭彦&池長一美とのトリオをアンサンブルを重視した「静」のトリオとするならば、このパララックスはアグレッシヴな仕掛けを随所に散りばめた「動」のトリオ、スリリングなプレイとギミックが織りなすテクスチュアに引き込まれる衝撃のサウンドを聴かせてくれる。西山瞳のオリジナルを中心に、ギタリスト馬場孝喜を迎えた3曲とパララックスならではの解釈で蘇るスタンダード・ナンバー"C Jam Blues"を加えた全8曲を収録した会心作!発売・販売元 提供資料 (2015/01/08)
    ¥5,300
    hitominishiyama's STORE
  • 商品の画像

    【残り1枚】アナログレコード「New Heritage Of Real Heavy MetalⅢ」(送料込み)

    ※サインご希望の方はその旨お知らせ下さい。New Heritage Of Real Heavy Metal III / NHORHMニュー・ヘリテージ・オブ・リアル・ヘヴィ・メタル 3 / NHORHM(西山瞳、織原良次、橋本学)[アナログレコード盤]NHORHMLP1002定価¥3,850 +送料 ¥9002019年04月27日発売Apollo Sounds/diskunion織原 良次 Ryoji Orihara [Fretless bass]橋本 学 Manabu Hashimoto [Drums]guestSAKI(guitar)Maya Hatch(vocal)[LPレコード]【A面】1.Madhouse2.What Do You Do For Money Honey3.Sarah4.The Sails Of Charon【B面】1.Welcome home2.Holy Diver3.Top of the Babylon4.EL.DORADO
    ¥4,750
    hitominishiyama's STORE
  • もっとみる

最近の記事

6月のいろいろ(2024年)

お仕事 6/8に八幡市文化センターで演奏しました。 地元枚方市の隣、2012年にトリオでコンサートして以来、沢山お集まり頂きありがとうございました! 地元で演奏できる機会は本当に嬉しいです。 高校の担任の先生、中学のブラバンの顧問の先生も来て下さっており、時の流れも感じました。 鈴木孝紀氏は、なにわジャズ大賞を受賞したばかり。光岡尚紀氏も2年前のなにわジャズ大賞受賞。挟まれる私。ひらぱー姉さんを目指します。 6/15の上町63は、お久しぶりのハーモニカ奏者田中光栄さん

    • エンリコ・ピエラヌンツィENRICO PIERANUNZI「ハインドサイト - ライヴ・アット・ラ・セーヌ・ミュジカル」

      2024年6月19日発売、エンリコ・ピエラヌンツィENRICO PIERANUNZI「ハインドサイト - ライヴ・アット・ラ・セーヌ・ミュジカル」を、一足先に聴かせて頂きました。 レビューというより、私のミュージシャンとしての個人的な感想と思い出も含めて書きます。 まず最初に、今作の録音は2019年、現在に近い2024年近辺の演奏ではありません。 世界はコロナ禍を挟み、我々もそうですが、秀でた芸術家は特にコロナ前の自分には戻れない、ある程度違う人間になっている可能性があり

      • 伊藤政則「政則十番勝負2024」に出ます

        ついにこの時がやってきました。 政則十番勝負 2024に出ます。 オファーがきたときは、自宅でガッツポーズをしました。 家族が何事かと驚くので、「ついに伊藤政則にたどり着いたよ!」と言っても、何のことがよくわかっていませんでした。 しばらく休止しているNHORHM(メタル曲をジャズピアノトリオで演奏するプロジェクト)で、マーティ・フリードマンさん、高崎晃さん、そしてデーモン閣下に拝謁し、残る頂点は伊藤政則ただ一人と思っていたのですが、コロナ禍、メンバーの長野移住もあって、

        • 『マッドマックス:フュリオサ』ネタバレあり

          ずっと、フュリオサのことを考えてしまっています。 公開初日の初回で観て、まだ2回目は行けてないのですが、続けて家で『怒りのデスロード』を見返して、ずっとフュリオサの人生と心情に思いを馳せています。 そして、思い出すたびに少し辛くなるというか、じわっと泣けてくる感じがあって、心の整理もうまくつかない。 この心の整理がつかない状況、映画体験としてはとても豊かな体験であることには違いないので、こちらに置いておこうかなと思いました。 ネタバレありで書きますので、見たくない方は映

        6月のいろいろ(2024年)

        マガジン

        • 月次まとめ
          36本
        • ディスクレビュー
          9本
        • コラム by 西山瞳
          75本
        • ライナーノート
          6本
        • 資料館
          5本
        • ガンダムはじめました
          5本

        記事

          5月のいろいろ(2024年)

          お仕事 5/1は、名古屋Mr.Kenny'sに初出演ソロ。 良い環境で演奏させてもらい、沢山お集まり頂き、充実した初出演でした。また行きたいです。名古屋へは、今年はあと一回、11/13にラブリーでトリオで伺います。 5/4は、大阪の高槻ジャズストリートへ出演でした。恒例のお祭り。今年も暑かったですね。 11時にFM COCOLOステージで枚方トリオ。 15時に太陽ファルマテックホールでソロ。 楽しかったなー。高槻は、本当良い空気なんですよ。誰でも来やすいから、メタ

          5月のいろいろ(2024年)

          ピアノを購入しました

          5月21日、自宅のグランドピアノを入れ替えました。 この楽器が、おそらく最後のピアノ購入になると思います。 ここに至る道のりを、記録として書いておきます。 検討 2024年1月、自宅のピアノの調律をお願いした時に、調律師さんとお話をしていました。 もう弦が古くなった音をしているのはわかっており、そろそろ弦の交換かなと思いつつ、ハンマーの動きも良くないので、アクション入れ替え+弦張り替えのオーバーホールになるなと。 しかし、弦を張り替えた後のピアノは本当に耳にしんどいんです

          ピアノを購入しました

          4月のいろいろ(2024年)

          お仕事 4月前半は比較的ゆっくりしていました。 4/24には、ピットインで『Dot』のフルメンバーでのCD発売ライブがありました。 とても充実した時間でした。お越し下さった皆様、ありがとうございました。 この編成でのライブは3回目でしたが、初めて来られた方が口々に「CDと別物」とおっしゃって下さって、体感して頂けて嬉しいです。 CDも相当良い音で録音できていますが、この+3編成はドローン、間、音色による「感じ合う」アンサンブルを大事にしているので、ライブハウスという楽

          4月のいろいろ(2024年)

          Spotifyについて

          Spotifyのルール改正(改悪)について沢山ニュースが流れていますが、私の契約している配信ディストリビューターからも、通知がきました。 元々、昨年秋頃にはこの話はあって、仕事で関わる人は結構知っていた内容ですが、この度、正式に発表になったようです。 Spotifyで私のアルバムを楽しんで下さっている方も多いと思いますが、残念ながらSpotifyで聴いて頂いても、大半の曲が私のところまで印税も再生回数データも届かなくなります。 ですので、Spotifyがこのままの条件でした

          3月のいろいろ(2024年)

          お仕事 3/22は、『Dot』トリオのレコ発@ドルフィー。 『Dot』を制作しリリースしたところで燃え尽きて、ライブをブッキングするのが遅くなったので、CD発売ライブも遅くなりました。 次は、いよいよ4/24水曜 新宿ピットインにて6人編成でのライブです。 ぜひ生で聴いて頂きたく思います。 そして、翌日3/23は、長らく憧れのピアニスト橋本一子さんとの2台ピアノライブ。もう3回目ですが、今回「Dot」を一緒に演奏させてもらって、自由に羽ばたく一子さんに感激しました。O

          3月のいろいろ(2024年)

          2月のいろいろ(2024年)

          毎年2月は、大雪やインフルエンザでツアー企画はキャンセルになるのが怖いし、そもそも寒いからイベントも少ないし、比較的暇な時期なんですが、今年はなぜか、色々と仕事が重なりました。 気づけば、映画館に一度も行っていない。 それどころか、毎月一回は必ず、息抜きに行っているお店が4カ所あるのですが(高円寺メタルめし、ブールマンを含む)、そのどこにも行きませんでした。その代わり、違う用事であちこち行っていたのもあるのですが、後述します。 お仕事 2/16は、栃木県総合文化センター

          2月のいろいろ(2024年)

          1月のいろいろ(2024年)

          お仕事 2024年もよろしくお願いいたします。 演奏は、初出演が六本木サテンドールと、大阪のサブ。 サテンドールは、50周年ということでソロ公演でお声掛け頂きました。 神戸は出演したことはありましたが、六本木は初めてです。 大きな編成でのライブが多いライブハウスですが、よく調整された楽器で、とても良い環境で演奏させてもらいました。 大阪のサブは、昨年夏にふらっと遊びに行って、店主の長谷川朗さん(サックス奏者)と久々に再会して、ライブをする運びとなりました。 朗さん

          1月のいろいろ(2024年)

          偏愛・『エクスペンダブルズ』シリーズ

          お正月三が日は、ゆっくりお休みしました。 能登半島地震で被災された方、避難されている方のご苦労や、そのご家族のご心労を思うと、本当に心が痛いです。心からお見舞い申し上げます。募金は微力ながらさせてもらいましたが、早く支援の手が隅々に届くことを祈っています。 さて、 映画=ゴジラ 映画=スタローン の私が、今年一番楽しみにしている『エクスペンダブルズ』最新作が、ついに公開になりました。 年末に『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』を観に行った時に、ムビチケを買いました。 店員「絵

          偏愛・『エクスペンダブルズ』シリーズ

          12月のいろいろ(2023年)/今年のまとめ

          お仕事 演奏は、ライブの他に、クリスマスのパーティーなどもありました。コロナが終わったわけではないですが、久々に年末に人が沢山動いている雰囲気がありましたね。 トリオのライブも一度ありました。その直後にトリオ+3のライブを決めまして、4/24水曜に新宿ピットインで行います。11月22日にリリースして、やっとレコ発ができます。ぜひご予定下さい。 CD『Dot』発売1ヶ月経ちました。 ありがたいことに、今回、ミュージシャン仲間から沢山のご感想を頂いており、トライした甲斐を

          12月のいろいろ(2023年)/今年のまとめ

          今年聴いたもの2023年

          毎年恒例、今年聴いたものです。 ベストと書いてもいいのですが、順位をつけることが難しいので、よく聴いて好きだったものを挙げていきます。 過去年のものは、下部に貼っておきますね。 人間椅子『色即是空』 作品の完成度、メッセージ、時代に向き合った精神、全てにおいて、今年一番心が熱くなりました。いろんなところで書きましたので、Mikiki https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/35305 など、ぜひご覧下さい。 BRIAN BLADE & T

          今年聴いたもの2023年

          11月のいろいろ(2023年)

          お仕事 今月前半に、新宿ピットインで先行レコ発ライブ、神戸と名古屋でトリオのライブをしました。各地で沢山お越し下さいまして、ありがとうございました。 そして、11/22に『Dot』を発売しました。 2月に録音を決めて、11月の発売まで、計画的に進めることができました。 いろいろ書いているので、ご覧頂けたらと思います。 久々に、CDショップ回りをしました。 山野楽器銀座本店 ディスクユニオン jazz TOKYO タワーレコード新宿 ディスクユニオン新宿ジャズ館 タ

          11月のいろいろ(2023年)

          『Dot』プロダクションノート

          ピアノトリオ+3の作品『Dot』が、11月22日に発売となりました。 沢山の方に聴いて頂ければ幸いです。 ライナーノートを付けていませんので、取材用に用意したプロダクションノートに加筆して、掲載いたします。 ※記事下部に、アルバム販売リンク、配信サービスへのリンクがあります プロジェクトを始めるにあたっての背景 ・2021年アルバム『Calling』の制作を終えて、活動のある種の区切りがついたと実感した。 ・ここ10年ほど、機能和声やピアノという楽器自体にもどこか息苦

          『Dot』プロダクションノート