Hitomi Nishiyama 西山瞳

ジャズ・ピアニスト。2006年デビュー以降23作のアルバムをリリースし、全国でライブ・コンサート活動を行う。ヘドバンやタワーレコードMikikiで執筆中。http://hitominishiyama.net/

Hitomi Nishiyama 西山瞳

ジャズ・ピアニスト。2006年デビュー以降23作のアルバムをリリースし、全国でライブ・コンサート活動を行う。ヘドバンやタワーレコードMikikiで執筆中。http://hitominishiyama.net/

マガジン

ストア

  • 商品の画像

    CD「New Hope」 / The Tree Of Life 安ヵ川大樹(b) 、西山瞳(p)、maiko(vln) ※予約商品/10月3日以降の発送となります

    ※10月3日以降の発送となります。※サイン、サインの宛名もご希望の方は、その旨備考欄にご記入下さい。「New Hope」 / The Tree Of Life 安ヵ川大樹(b) 、西山瞳(p)、maiko(vln)定価: 2,500円+税(販売価格 2,750円)品番: DNCD-27レーベル: D-neo発売日: 2022年10月12日member安ヵ川大樹   Daiki Yasukagawa - bass 西山 瞳   Hitomi Nishiyama - pianomaiko - violin[収録曲]1.Winter Crow (Hitomi Nishiyama)2.The Dream Passes by the Windows (Ukrainian folk song)3.New Hope (Daiki Yasukagawa)4.Crescent (Daiki Yasukagawa)5.Out of the Blue (maiko)6.Asian Mood (Daiki Yasukagawa)7.The Three Roses (Daiki Yasukagawa)8.Whisper of the Moon(Hitomi Nishiyama)9.Taw(Hitomi Nishiyama)10.Once in a blue moon (maiko)11.Mowe(Hitomi Nishiyama)Recorded on July.26th 2022 at Studio HappinessEngineer : Eiji HiranoProducer : Daiki YasukagawaArt Direction & Design by Tadashi Kitagawa
    ¥2,750
    hitominishiyama's STORE
  • 商品の画像

    CD「Hometown / Hitomi Nishiyama

    ※通販、ライブ会場販売限定商品。※サイン、サインの宛名もご希望の方は、その旨備考欄にご記入下さい。アルバムタイトル: Hometown ホームタウンアーティスト: ⻄山瞳 Hitomi Nishiyama 品番:MT-11レーベル:Meantone RecordsJAN コード:4988044853164税抜き価格(ライブ会場販売価格) 2,500 円発売日 2022 年 7 月 13 日  ※全国流通は後日[収録曲]1 Fairy Tale フェアリー・テイル (作曲:⻄山瞳)2 Take the “K” Train テイク・ザ・ケー・トレイン (作曲:⻄山瞳)3 Yawn ヨーン (作曲:⻄山瞳)4 Walking in the Park ウォーキング・イン・ザ・パーク (作曲:⻄山瞳)5 200km 200 キロメートル (作曲:⻄山瞳)6 HIRAKATA Park West ヒラカタ・パーク・ウェスト (作曲:⻄山瞳)7 Our Memorial Attractions アワ・メモリアル・アトラクションズ (作曲:⻄山瞳)8 Romance ロマンス (作曲:⻄山瞳)[メンバー]⻄山瞳 ピアノ Hitomi Nishiyama piano鈴木孝紀 クラリネット Takanori Suzuki clarinet光岡尚紀 ベース Naoki Mitsuoka bass録音日 2022年4月18日 奈良 NMGStudio[内容紹介]ピアノトリオ作品を中心に発表してきた西山瞳の、初めてのクラリネット、コントラバスによる変則トリオでの作品。西山の出身地である大阪府枚方市で開催されたコンサートのために書いた、枚方ゆかりのモチーフを使用した「Take The “K” Train」、「HIRAKATA Park West」を中心に、同じコンセプトで書かれた「Walking in the Park」、「Our Memorial Attractions」を収録。これまでのピアノトリオ作品とは違った、ライブでのリラックスした一面が見える内容となっている。中でも「Take The “K” Train」は西山のライブでのレパートリーとして特大の人気となり、CD化希望の声に応えこの録音に至った。長年デュオで共演する鈴木孝紀との定番レパートリーを収録。オンライン・会場販売特典として、ライナーノートが付属します。その他詳細はこちら。http://blog.livedoor.jp/hitomipf79/archives/52527316.html
    ¥2,750
    hitominishiyama's STORE
  • 商品の画像

    CD「New Hope」 / The Tree Of Life 安ヵ川大樹(b) 、西山瞳(p)、maiko(vln) ※予約商品/10月3日以降の発送となります

    ※10月3日以降の発送となります。※サイン、サインの宛名もご希望の方は、その旨備考欄にご記入下さい。「New Hope」 / The Tree Of Life 安ヵ川大樹(b) 、西山瞳(p)、maiko(vln)定価: 2,500円+税(販売価格 2,750円)品番: DNCD-27レーベル: D-neo発売日: 2022年10月12日member安ヵ川大樹   Daiki Yasukagawa - bass 西山 瞳   Hitomi Nishiyama - pianomaiko - violin[収録曲]1.Winter Crow (Hitomi Nishiyama)2.The Dream Passes by the Windows (Ukrainian folk song)3.New Hope (Daiki Yasukagawa)4.Crescent (Daiki Yasukagawa)5.Out of the Blue (maiko)6.Asian Mood (Daiki Yasukagawa)7.The Three Roses (Daiki Yasukagawa)8.Whisper of the Moon(Hitomi Nishiyama)9.Taw(Hitomi Nishiyama)10.Once in a blue moon (maiko)11.Mowe(Hitomi Nishiyama)Recorded on July.26th 2022 at Studio HappinessEngineer : Eiji HiranoProducer : Daiki YasukagawaArt Direction & Design by Tadashi Kitagawa
    ¥2,750
    hitominishiyama's STORE
  • 商品の画像

    CD「Hometown / Hitomi Nishiyama

    ※通販、ライブ会場販売限定商品。※サイン、サインの宛名もご希望の方は、その旨備考欄にご記入下さい。アルバムタイトル: Hometown ホームタウンアーティスト: ⻄山瞳 Hitomi Nishiyama 品番:MT-11レーベル:Meantone RecordsJAN コード:4988044853164税抜き価格(ライブ会場販売価格) 2,500 円発売日 2022 年 7 月 13 日  ※全国流通は後日[収録曲]1 Fairy Tale フェアリー・テイル (作曲:⻄山瞳)2 Take the “K” Train テイク・ザ・ケー・トレイン (作曲:⻄山瞳)3 Yawn ヨーン (作曲:⻄山瞳)4 Walking in the Park ウォーキング・イン・ザ・パーク (作曲:⻄山瞳)5 200km 200 キロメートル (作曲:⻄山瞳)6 HIRAKATA Park West ヒラカタ・パーク・ウェスト (作曲:⻄山瞳)7 Our Memorial Attractions アワ・メモリアル・アトラクションズ (作曲:⻄山瞳)8 Romance ロマンス (作曲:⻄山瞳)[メンバー]⻄山瞳 ピアノ Hitomi Nishiyama piano鈴木孝紀 クラリネット Takanori Suzuki clarinet光岡尚紀 ベース Naoki Mitsuoka bass録音日 2022年4月18日 奈良 NMGStudio[内容紹介]ピアノトリオ作品を中心に発表してきた西山瞳の、初めてのクラリネット、コントラバスによる変則トリオでの作品。西山の出身地である大阪府枚方市で開催されたコンサートのために書いた、枚方ゆかりのモチーフを使用した「Take The “K” Train」、「HIRAKATA Park West」を中心に、同じコンセプトで書かれた「Walking in the Park」、「Our Memorial Attractions」を収録。これまでのピアノトリオ作品とは違った、ライブでのリラックスした一面が見える内容となっている。中でも「Take The “K” Train」は西山のライブでのレパートリーとして特大の人気となり、CD化希望の声に応えこの録音に至った。長年デュオで共演する鈴木孝紀との定番レパートリーを収録。オンライン・会場販売特典として、ライナーノートが付属します。その他詳細はこちら。http://blog.livedoor.jp/hitomipf79/archives/52527316.html
    ¥2,750
    hitominishiyama's STORE
  • もっとみる

最近の記事

9月のいろいろ

お仕事 今月は、8月に引き続き、毎日とある案件のためにCDを聴き、書き、をしておりました。これが、終わらない夏休みの宿題みたいな感じでしたが、分析・明文化しながら聴くので、勉強になりました。元々聴いていた音源ばかりではありましたが、発見が多かったです。まだ残っているのですが、大半を終えたので一息ついています。 形になる際に、お知らせします。 演奏は少なめでしたが、『Hometown』レコ発in奈良が印象深いです。 静かな曲の演奏中に、虫の鳴き声が本当に美しくて、とても素敵

スキ
16
    • サブスクの話

      「ギターソロ、スキップ聴取問題」と同じく、度々SNSで話題になる「サブスク問題」。 ああ、また話題になっているのかと見ていますが、サブスク問題は「サブスク是か否か」ではなくて、「サブスクでアーティストに還元される金額が小さすぎる問題」の一点なのだと思っています。 今回の発端となった川本真琴さんも、二発目のツイートにちゃんと書いていらっしゃいます。 ということで、生々しくない範囲で、現状置いておきます。 2020年にフィジカルのリリースで、2021年9月にサブスク配信開

      スキ
      42
      • 『NOPE』を観て思った、撮影をめぐるあれこれ

        8月末に『NOPE』を観てから、映画と撮影することについて、結構長く考えてしまっています。 8月のいろいろに、こんなことを書きました。 映画『NOPE』は、私の周りでは、普段から沢山映画を観ている人の反応は凄い、良かった、というかなり絶賛の反応なのですが、そうでない人はわからなかった、つまらなかった、あれって何なの、という反応に、バキっと分かれています。 私がとても良いと思う部分は、肌触りや質感が残るけど、説明されない余白もかなり沢山あって、何でもかんでも伏線回収できる

        スキ
        35
        • 8月のいろいろ

          お仕事 8月は、またライブハウスへ来る方が、急激に減った実感があります。 第七波の今回は、国や自治体の制限や「お願い」はないので、自分のため、職場や家族のために、本当に感染を防止するために外出を控えている感じがしますね。 お店も補償がないので、今が一番大変かもしれません。 個人的には悲観しているわけではないのですが、初期にライブハウスが槍玉に上げられてから、折に触れてジャズのライブハウスの状況は書いているので、今回も記録として書いておきます。 8/26 ピアノトリオ@Ap

          スキ
          39

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 月次まとめ
          Hitomi Nishiyama 西山瞳
        • コラム by 西山瞳
          Hitomi Nishiyama 西山瞳
        • ディスクレビュー
          Hitomi Nishiyama 西山瞳
        • 資料館
          Hitomi Nishiyama 西山瞳
        • ガンダムはじめました
          Hitomi Nishiyama 西山瞳
        • 過去のブログ記事
          Hitomi Nishiyama 西山瞳

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          7月のいろいろ

          わりと忙しい1ヶ月でした。 SNSを見ていると、毎日バタバタとコロナで現場を離脱する人の報告が。 これだけ多いと、自分がまだ一度も罹患していないのが、奇跡的です。 元々私は、自分が生徒にレッスンする際に「手を洗え」としつこく言っていまして、冬になると、よくこんなものを書いていました。 コロナ前に撮ってFacebookに置いていたものです。 私は子供のレッスンはしていませんが、大人でもピアノを弾きながら無意識に顔を触る癖のある人が意外と多い。それ以前に、冬でなくても楽器を

          スキ
          62

          ウサギの欺瞞

          この本を買いました。 著者である武田砂鉄さんのことは、ずっとフォローしていました。 『紋切型社会』は評判になった時に読んでいたし、『コンプレックス文化論』は、たまに読み返したくなるのでKindleに入れています。 『コンプレックス文化論』の天然パーマ、略して天パについての項は、生まれてこの方、超のつくほどの直毛の私は、逆に直毛コンプレックスについて投げ返したいと思いました。 高校時代、女友達に頭をぺちぺち叩かれ、「瞳ちゃん、すぐ頭やな!」(髪が細くボリュームがないので、

          スキ
          84

          CD『Hometown』が完成しました

          CD『Hometown』が完成しました。 制作の経緯は、話せば長いので、フライヤーの文章を転載します。 はじめまして。ジャズ・ピアニストの西山瞳と申します。 私は枚方で育ちました。デビューして16年経ちますが、今年自主制作したこのCD『Hometown』は、枚方にちなんだ作品となっています。どこが?と思われると思いますが、2曲目「Take The “K” Train」をぜひ聴いてみて下さい。皆さんご存知の”あの”フレーズをモチーフに作曲し、演奏しています。 事の発端は20

          スキ
          101

          6月のいろいろ

          6月下旬にきて、異常すぎる暑さが続いています。 スマホにアメダスをブックマークをしており、毎日見ているのですが、まだ6月で梅雨も明けていないのに36.6度。意味がわからない。 子供の頃は8月に32度ぐらいで大事件だった記憶ですが、6月に36度って、信じられませんね。 お仕事 今月はたまたま仕事は少なめ。 それでよかったです。先月末に頭を打ってしまった件があり、月の前半は安静に過ごしていました。 この件、3週間過ぎたところで上記の記事を書きましたが、この後、歯にダメージを受

          スキ
          94

          更年期と生理の貧困

          昨年から、この薬を飲んでいます。 女性はおわかりになる方も多いですね。 命の母Aです。 命の母ホワイトじゃないですよ、命の母Aですよ。効いてるのかわからないんですけど。 実は40歳から調子がおかしいなと思っていたのですが、昨年ちゃんと自分で認めました。私は更年期であると。 その前は、プレ更年期とか言ってたんですけど、本気の更年期ですわ。 っていうと、42歳でしょ、早くない?と言われますが、この不規則な職業を22年続けており、出産もしていないので、早めに更年期の症状が出て

          スキ
          114

          ジェダイかもしれない

          ここ最近、お世話になっていた音楽関係者の退職が続いています。 それが、適度な情熱を持って良い仕事をしていた方、情熱レベル10の人じゃなくて、情熱レベル6-8ぐらいの人です。 情熱レベル10(MAX)の人は、それ自体は素晴らしいことなのですが、仕事相手と情熱を共有できるかどうかで、随分結果が変わってくる。 情熱が合致しなければ、こちらの話は聞いてくれなくなることもあります。まあ、相性ですよね。また、細かいことを情熱レベル10で乗り切ってきているところもあるので経理や人付き合

          スキ
          112

          5月のいろいろ

          お仕事今月はえらく忙しく、それ自体はありがたいのですが、この2年間のスケジュールが大きく狂ってしまったもので、以前は日常的にやっていたツアー、フェス、コンサートなどは、意外とハードなことをやっていたのだなと実感しました。 演奏自体は全然変わらず、むしろ以前より元気なぐらいですが、演奏以外の面、移動や人と一度に沢山会うということは、気力も体力も案外沢山使っているものですね。 5/4に参加した高槻ジャズストリートは快晴。あまりに快晴なので、目を守るためにサングラスのまま演奏しま

          スキ
          112

          4月のいろいろ

          【お仕事】4月18日に、奈良のNMG studioにてレコーディングしました。 関西でレコーディングをするのは2008年以来、NMGは2005年以来の再訪でした。 関西でライブに来て頂いている方でしたら、この3人(鈴木孝紀cl、光岡尚紀b)で何を録音したか一目瞭然ですが、楽しいレコーディングでした。詳細は追ってご案内します。 書き物は連載だけ。 この本を読みながら昔聴いていたアルバムを聴くと、思い出が沢山蓋開いてしまいました。主にMR.BIGとBON JOVIなんですけど

          スキ
          116

          ARABIC JAZZ

          先日書いた「PIANO TRIO FROM RUSSIA」の記事は、地味に読まれているようです。地味に読まれるぐらいで良い記事だと思います。 そのCDをサブスクで探して一通り聴いた後、〈アラビック・ジャズの人たちは今どうしてるんだろう?〉と思い、検索してみたら、サブスクにありました。 近年CDが売れないと言いますけど、サブスクでこのあたりの音楽、辺境で育った音楽にすぐアクセスができるって、素晴らしい時代だと思いますよ。 このアルバムは、ピアノの生徒がエジプト土産に買って

          スキ
          109
          有料
          100

          PIANO TRIO FROM RUSSIA

          なんとなく思い出して、こちらを聴いていました。 NIKOLAY SIZOV TRIO / PIANO TRIO FROM RUSSIA - Vol.1 ウクライナ、ロシアのニュースを見るたびに心を痛める毎日ですが、ロシアのジャズ・ミュージシャンはどうしているのだろうと思って、このロシアのピアニストのアルバムを思い出したんです。 ウクライナやウクライナの音楽家にはこれから国際的な支援があるでしょうが、おそらくロシアの、しかも商業規模の小さいジャズ・ミュージシャンは、今後の

          スキ
          125
          有料
          100

          3月のいろいろ

          <お仕事> 今月は、なんといっても橋本一子さんとのデュオがありました。 前日からソワソワソワソワしており、遠足に行く前の小学生状態でしたが、憧れのピアニストとご一緒させて頂き、そのワールドに混ぜて頂き、本当に貴重な体験となりました。 アワデライト マスター撮影の終演後写真。 事前にリハをしたのですが、自覚していた以上に大きく影響を受けていたことを実感しました。 一回で終わるのが勿体ないので、2台ピアノのコンサートの企画、お待ちしております! たまにしか機会がないんですよね

          スキ
          120

          3/19は橋本一子さんとツインピアノ

          noteではあまりライブの宣伝はしないのですが、今週末、とても楽しみなライブの機会があります。 尊敬するピアニスト橋本一子さんとのピアノデュオです。 もう満席になっているので予約は終了しましたが、有料配信があります。 一子さんとの出会いは、1999年『Miles Away』が発売された頃、タワーレコード梅田マルビル店で大きく展開されていて、ジャケットがとても格好良くて試聴したら音楽がウルトラ格好良かったので買ったのがきっかけです。 その後、購入できるCDは集め、古い作品も

          スキ
          119